PEANUTSから学んだこと

PEANUTSから学んだこと

PEANUTSから学んだこと【スヌーピーとウッドストック】

PEANUTSで、ウッドストックは、1967年4月4日に初登場し、1970年6月22日に、スヌーピーによって、ウッドストックと名付けられました。ウッドストックは、スヌーピーの大親友兼秘書として、スヌーピーの傍らに居続けます。ウッドストックは、スヌーピーを頼りにしていて、何かあるとすぐに、スヌーピーの所へすっ飛んでいきます。
PEANUTSから学んだこと

PEANUTSから学んだこと 【フランクリンの個性】

PEANUTSで、フランクリンは、1968年7月31日に初登場しました。PEANUTSで初の黒人キャラクターです。他の仲間達は白人であるため、黒人のフランクリンの登場は、アメリカ社会でとても喜ばれたといいます。また、PEANUTSの人気は高かったので、フランクリンの登場は、アメリカ社会に、良い影響を与えたそうです。穏やかで利口なフランクリンです。フランクリンの個性を見てみます。
PEANUTSから学んだこと

PEANUTSから学んだこと 【シャーミー】

PEANUTSで、シャーミーは、1950年10月2日、PEANUTS連載開始1コマ目から登場します。(~1969年6月15日)シャーミーは男の子で、髪型はクルーカット(丸刈りを少し長くしたようなヘアスタイル)で、髪の色は黒です。シャーミーは、チャーリーブラウン達がまだ幼くて、スヌーピーも子犬の頃からの、皆の幼なじみです。シャーミーの活躍は、パティやバイオレットの活躍と同じ頃です。シャーミーはチャーリーブラウンの大切な遊び相手話し相手です。
PEANUTSから学んだこと

PEANUTSから学んだこと 【スヌーピーとテニス】 

PEANUTSで、スヌーピーはテニスに挑戦しています。スヌーピーのダブルスのパートナーはモリー・ボレー(女の子)で、強気のモリー・ボレーにスヌーピーはおどおどしてしまいます。スヌーピーはモリー・ボレーの言いなりになるしかない状態です。どんな様子か見てみます。
PEANUTSから学んだこと

PEANUTSから学んだこと 【ライナスとカボチャ大王】

PEANUTSで、ライナスはカボチャ大王を信じています。ライナスはによると、カボチャ大王は10月31日ハローウィンの夜に、カボチャ畑から立ち現れて、世界中の子供達におもちゃを持っていくといいます。ライナスは、カボチャ大王は最も誠実と思われるカボチャ畑に現れると信じています。そのためライナスは一晩中カボチャ畑で、カボチャ大王を待っているのです。仲間達は、そんなライナスをからかいながらも見守っています。
PEANUTSから学んだこと

PEANUTSから学んだこと 【シュローダーの日常】

PEANUTSで、シュローダーは、ベートーベンに憧れ、ベートーベンと音楽に夢中になっています。シュローダーはおもちゃのピアノで、ベートーベンの音楽を弾きこなします。シュローダーは、天才音楽少年です。ルーシーとの日常には、意外なことがあります。
PEANUTSから学んだこと

PEANUTSから学んだこと【スヌーピーの変装フライングエース】

PEANUTSで、スヌーピーは変装でフライングエースになりきります。始まると延々と続くフライングエースです。スヌーピーの頭に、次々といろいろな場面が浮かび、スヌーピーはフライングエースがあまにも好きで夢中になるのです。
PEANUTSから学んだこと

PEANUTSから学んだこと 【それぞれのクリスマス】

PEANUTSで、クリスマスはキャラクター達の大きな楽しみになっています。一人一人のクリスマスでの様子に、キャラクターの個性が見えます。みんなは、サンタクロースを信じているのです。子供達の特権ですね。
PEANUTSから学んだこと

PEANUTSから学んだこと 【メガネのライナス】

PEANUTSで、ライナスは一時期メガネをかけていました。弟リランが生まれる(1972年)より、ずっと以前のことでした。しばらくかけていました。いたずら盛りのスヌーピーは、ライナスの安心毛布だけでなく、メガネも奪い取ろうと、何度もいたずらを繰り返しました。スヌーピーは、メガネを気に入り自分がかけてしまうので、ライナスはイライラしていました。
PEANUTSから学んだこと

PEANUTSから学んだこと 【ライナスの雪遊び・海水浴】

PEANUTSで、ライナスは雪・砂・泥土等があれば、お城などを作り一人遊びします。ライナスは、想像力と器用さで物作りに向いているのです。ライナスは、一人遊びを楽しみます。どんな様子か見てみます。
タイトルとURLをコピーしました