タイトル上

PEANUTSの探求 【バイオレットの泥パイ】

PEANUTSの探究

PEANUTSで、初期の幼い頃のバイオレットは、おままごとで泥パイを作って遊びます。泥パイとは、その名の通り、泥で作られたパイのことです。

おままごとには相手が必要で、バイオレットのおままごとの相手をするのは、主にチャーリーブラウンです。

バイオレットは、仲良しのパティと一緒に、泥パイを作ることもあります。

泥パイのおままごとの世界には、幼い、バイオレットと仲間達の、ミニ社会があります。

記事中

① バイオレットの泥パイ おままごとが大好き 

PEANUTSの連載は、1950年10月2日に始まり、バイオレットは、1951年2月7日に初登場します。

極初期のバイオレットの髪型は、三つ編みのお下げ髪で、しばらくしてショートポニーテールで定着します。

バイオレットは、1950年代、1960年代に主に活躍し、特にPEANUTSの初期での活躍はめざましいものです。

バイオレットは、まだ子犬の頃の可愛いスヌーピーをとても可愛がり、お人形や、おままごと遊び等、典型的な女の子の遊びが大好きな女の子です。

一人でおままごとをして、バイオレットはご機嫌です。バイオレットは、自分で泥パイを作り、ココナッツを散らしたように見せた泥パイを、チャーリーブラウンに御馳走しようと差し出します。

チャーリーブラウンは、バイオレットのおままごとに付き合い、泥パイを口にしますが、もちろん食べれるはずがありません

チャーリーブラウンは、バイオレットに謝りながら、泥パイを吐き出し、泥パイは地面に落ちてしまいました。

おままごとが大好きなバイオレットは、チャーリーブラウンを、おままごとに誘います。お互いに、パパ、ママになることをバイオレットが提案しますが、チャーリーブラウンは、あまり乗り気ではないようです。

バイオレットは、いくつか作った泥パイが、泥パイを載せてあった台が倒れたために、地面に落ちて汚れたと言い悲しみます。

泥パイは元々泥でできていても、バイオレットにとっては、自分で作った大切な泥パイなのです

バイオレットは、泥パイ作りのレシピがなくなったと言い探しています。本物のパイを作る時のレシピのことでしょうね。

② バイオレットの泥パイ 相手はチャーリーブラウン

泥パイを作って遊ぶバイオレットは、楽しそうで生き生きしています

バターとミルクと黒砂糖が入っているという、デラックス泥パイをバイオレットは作り、チャーリーブラウンに差し出します。

チャーリーブラウンは、仕方なく、バイオレットのおままごとに付き合います。

バイオレットにおいしいかと聞かれ、風邪ひいてて味が分からないと答えるチャーリーブラウンです。

きっと、チャーリーブラウンは、おままごとに付き合わないと、バイオレットがかわいそうと思ったのだと思います。

また、チャーリーブラウンは、バイオレットのおままごとの相手をしなかった場合、バイオレットが機嫌悪くなったら大変だと思ったのかもしれません。

バイオレットは、泥パイを作っても、チャーリーブラウンが食べた試しがないので、少し不機嫌です。

チャーリーブラウンのために、バイオレットはせっせと泥パイを作り、チャーリーブラウンのための特別製の泥パイと言い、チャーリーブラウンに差し出します。

チャーリーブラウンは、思わず立ち去ろうとしますが、バイオレットに呼び止められます。

そして、チャーリーブラウンは、食べる前に手を洗った方がいいと思ったと言うのです。

チャーリーブラウンは、バイオレットの機嫌を損ねないように、言い回しを考えて答えています。チャーリーブラウンは、大変です。

バイオレットは、泥パイを作る時、本物のパイを作る時の材料を、塩、バニラ、クリーム等と、口ずさみながら泥パイを作るのです。

バイオレットは、おままごとの世界の中で、大人になってお料理している時の自分になったつもりで、楽しんでいるのだと思います。

③ バイオレットの泥パイ 泥パイ屋さん 

バイオレットは、テーブル用の台を地面に置き、泥パイを置く台にして、その前に立て看板を置き、泥パイ屋さんを思いつきます。

お客さんは泥パイの注文をした後、台をテーブル代わりにし、座って泥パイを食べれる、泥パイのレストランです。

泥パイ作りは、バイオレットにとって、ますます楽しくなっていきます

バイオレットは、ニコニコ顔です。バイオレットは、可愛い胸当てエプロンをして、頭にウェイトレス用の帽子を被り、可愛い泥パイ屋さんになっています。

お客さんのチャーリーブラウンがパイのメニューを聞くと、バイオレットは、「レモン、カボチャ、リンゴにピーチ!」「もちろん、どうでもいいんですけど…みんな泥でできていますから!!」と言い、バイオレットの顔は笑っています。

チャーリーブラウンは、バイオレットには逆らわず、おとなしくしているのです。

チャーリーブラウンにとっては、それが一番、無難ですね。

バイオレットは、泥パイ屋さんで、おままごと用のお料理を作り、お客さんのチャーリーブラウンに差し出します。

チャーリーブラウンが、バイオレットに、自分は食べないのか聞いた時、バイオレットは、(泥でできているから)「そんなもの口にできないわ!」と言います。

バイオレットは、チャーリーブラウンには、「残さず食べなかったら、わたし傷つくわ」と言っているのですから、バイオレットは、ちゃっかりしています。

おままごと用のお料理を作ったバイオレットは、チャーリーブラウンには、おいしいということを装って、食べる芝居をして欲しいのです。

しかし、バイオレットは、自分まで、食べる役をやるのは御免なのです。

おままごと遊びの中にも、ルールができてしまいますね。でも、何か、可愛い気がします。

泥パイ屋さんの店員にパティが加わり、バイオレットとパティは二人揃って、可愛いエプロン姿です。二人共、可愛い帽子も被っています。

お客さん役は、もちろん、チャーリーブラウンです。

チャーリーブラウンは、ホット泥サンドを注文しますが、その時にハプニングが起きます。

バイオレットが、庭の日当たりのいい所の土を、ホット泥サンド用に掘っていたら、シャベルの持つところが折れて、シャベルが使えなくなってしまったのです。

日当たりのいい所の地面は固かったのでしょうか。バイオレットにとっては、一大事でした。

④ バイオレットの泥パイ 泥パイの繁栄 

バイオレットパティととても仲良しで、二人で泥まみれになり、まずは泥んこ作りから始めます。

二人は、ホースで土に水を流し、念入りに泥をぐちゃぐちゃにし、かき混ぜます。

きめが細かい泥ができたと言い、喜ぶ二人です。

バイオレットは仲のいいパティとの、大好きな泥パイ作りは、何より楽しい時間だと思います。

そして、出来上がった最高の泥んこで、二人はせっせと泥パイを作ります

二人共エプロンをしたまま泥んこ作りをしましたが、エプロンどころか、顔にまで泥がたくさん付いてしまい、全身泥だらけになりました。

二人は楽しくて、そんなことにはおかまいなしです。

バイオレットは、泥パイを一つ一つ箱に入れ、成分配合済みの泥パイだと、チャーリーブラウンに説明します。

また、バイオレットは、これまでで最高の泥パイができたと言い、こんがりキツネ色の泥パイをたくさん作り上げ、いい泥パイは芸術品と言っています。

バイオレットは、泥パイの表面に砂をまぶし、お砂糖の代わりなのだそうです

バイオレットはご機嫌で、さっそくチャーリーブラウンに、一つ持って行きます。

しかし、チャーリーブラウンが泥パイを食べないのは、当たり前で、毎度のことです。

バイオレットは、それに対して不機嫌になりますが、バイオレットは、チャーリーブラウンが泥パイを食べないことは、分かり切っていて、わざと不機嫌になるのでしょうね。

バイオレットは、あれこれ泥パイについて考え出します。

バイオレットは、自分の手を泥に触れずに、スプーンやカップ等、道具だけで泥パイを作り、「衛生泥パイ」と言い、チャーリーブラウンに説明します。

そして、バイオレットは、泥パイを袋に入れて持ち運ぶと、袋の中で泥パイの形がなくなり、ただの土になることが分かったと、パティに話しています。

次に、バイオレットは、大きめのボールに泥を入れ、さらに水を加えてよくかき混ぜ、パティに「深皿焼きの泥パイ」と言い、見せています。

バイオレットは、泥パイ作りの名人のようです。

⑤ バイオレットの泥パイ まとめ

PEANUTSで、バイオレットは初期に大活躍し、泥パイ作りが大好きで、周りに明るさを振りまきます。

バイオレットにはパティが居て、一緒に泥パイを作って遊び、お客さんとして、泥パイを食べさせられ役のチャーリーブラウンが居て、お友達に恵まれています。

バイオレットにとっては、たかが泥パイされど泥パイ、という感じで、遊びだけど本気で作っていた泥パイだと思います。

当時のバイオレットは、泥パイ作りが、一番楽しい遊びだったと思います。

成長して大人になった時のバイオレットの、お料理上手な姿が目に浮かびます。

女の子らしいバイオレットは、泥パイ作りを工夫したのと同じように、大きくなったら、いろいろ工夫して、おいしいお料理を作るのでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました