タイトル上

PEANUTSの探究 【郵便受けは知っている】 

PEANUTSの探究

PEANUTSで、チャーリーブラウンの家の外には、郵便受けが立っています。

チャーリーブラウンは、バレンタインやクリスマスの度に、カードが届いていないかと、かすかな期待をして、郵便受けを確認することを欠かしません。

普段の日のチャーリーブラウンは、ラブレターを密かに待っています。

スヌーピーにとっては、二番目の寝場所になっています。

そして、チャーリーブラウンは気付いていませんが、郵便受けは、感情表現をします。

記事中

① 郵便受けは知っている スヌーピーのもう一つの寝場所 

スヌーピーは、基本は犬小屋の上で寝ますが、もう一つ、お気に入りの寝場所があります。そこは、チャーリーブラウンの家の、郵便受けの上です。

郵便受けの上は、平らで、大きさも、スヌーピーが寝るのに、ちょうどいい大きさです。

チャーリーブラウンも、この田舎っぽさのある、外に立っている郵便受けが、お気に入りです。

チャーリーブラウンは、外に立っている郵便受けの、ほのぼのしているところに惹かれるのでしょうね。

渡り鳥達が、スヌーピーの犬小屋の上に、巣ごと住み着いた時、巣の中に卵まであるので、スヌーピーは居場所に困り、寝る時は郵便受けの上に行くのです。

郵便受けは、スヌーピーに居場所を提供してくれます

まだタイプライターでタイピングを始める前のスヌーピーは、兄弟姉妹との連絡を取りたいため、チャーリーブラウンに頼んで、自分が生まれたデイジーヒル子犬園に、手紙を書いてもらいます。

スヌーピーは、返事の手紙が来るのが待ち遠しくて、郵便受けに入って、顔だけ出して待っています。

郵便受けは、スヌーピーの体が入るのに、ちょうどいい大きさで、郵便受けのふたを開けると、ふたは斜め下に下がり、郵便受けから出たスヌーピーの顔を、うまい具合に支えてくれます。

郵便受けの中に居て、ディジーヒル子犬園からの返事の手紙が来た時は、跳び上がって喜ぶスヌーピーです。

返事の手紙には、スヌーピーの兄弟達の居場所が書かれています。

② 郵便受けは知っている バレンタインカード

沢山のバレンタインカードで、チャーリーブラウンの家の郵便受けの中がいっぱいです。

チャーリーブラウンは、それらがバレンタインカードだと分かり、大喜びです。

とても多くの枚数で、チャーリーブラウンが郵便受けのふたを開けると、一気に沢山のバレンタインカードが、溢れ出て来ました。

ところが、どのバレンタインカードも、スヌーピー宛です。一枚一枚、チャーリーブラウンが宛名を確認しますが、とうとう全部、スヌーピー宛でした。

バレンタインカードは、積み重ねたら、スヌーピーが二本足で立った時の背丈の、二倍程になります。

チャーリーブラウンには、バレンタインカードは一枚も届きませんでした。これでは、チャーリーブラウンは、つまらないですね。

スヌーピーには、スヌーピーを知るメスのビーグル犬仲間や、めったに会えない人間の女の子達から、バレンタインカードが沢山届きます。

チャーリーブラウンは、好意を持っている赤毛の女の子に、バレンタインカードを書きますが、手渡す練習をしても手渡すことができず、結局、匿名で郵送します。

そのため、チャーリーブラウン宛に、赤毛の女の子から返事が来るはずはありません。

その後、またしても郵便受けに届いた、沢山のバレンタインカードは、全てスヌーピーへのものです。

スヌーピーが、一枚ずつ差出人の女の子の名前を読み上げるので、チャーリーブラウンはイライラし、ついに落ち込んで、うなだれてしまいます。

チャーリーブラウンは、赤毛の女の子からのバレンタインカードに期待して、郵便配達のない日曜日でも郵便受けの下で待っていたり、普段の日は、気になると郵便受けに行って、郵便受けの中の確認をします。

何故、チャーリーブラウンには、毎年バレンタインカードが来ないのでしょうか。私には分かりません。 可哀そうなチャーリーブラウンです。

私なら毎年、真っ先に、チャーリーブラウンに、バレンタインカードを書くと思いますが。私は、チャーリーブラウンの大大大ファンだからです。

もしかしたら、郵便の神様がいるとして、絶対本命の相手からのカードしか、チャーリーブラウンには送らないようにしているのかもしれませんね。

チャーリーブラウンは、自分にはバレンタインカードは来ないと思いつつも、もし来た時はその場に居たいという気持ちから、郵便受けの下に小さなテントを張り、そこで待つこともあります。

郵便受けは、チャーリーブラウンを見ています。

そして、チャーリーブラウンにバレンタインカードは来ることはなく、確認の為、チャーリーブラウンは郵便受けの奥まで頭を入れ過ぎて、頭が抜けなくなって困ったこともあります。

③ 郵便受けは知っている 出版社からの返事

スヌーピーは、タイプライターで小説を書くようになってから、自分を世界的に有名な作家と想定し、小説の原稿を出しに、いそいそとポストへ行きます。

そしてスヌーピーは、今度は、郵便受けの中に入り、顔を外へ出さずにふたを閉めて、郵便受けの中で出版社からの返事を待ちます

スヌーピーは、その方が落ち着くのですね。

郵便受けの中を確認に来たチャーリーブラウンは、中にスヌーピーが居ると、思わず驚きます。

小説の編集社から、スヌーピーの原稿は必要とされないという返事が来た時、とうとう、スヌーピーはかんしゃくを起こして、郵便受けを蹴ったり突進したり踏み潰して壊してしまいました。

スヌーピーは、短気なところがあり、怒るとブレーキが効かなくなることがあるので、困ったものです。

そのうちに、スヌーピーは、編集社から小説の原稿が返されることに、慣れてきてしまいます。

出版社から投稿の返事で、スヌーピーの小説の出版が決定したという通知が来ます。

スヌーピーは、両耳をピンと立て、ニコニコします。

しかし、初版の印刷部数は一部ということで、後日、売れなかったため絶版になったという通知が来ます。

それでも、スヌーピーは、くよくよしないで、執筆を続けます。

④ 郵便受けは知っている クリスマスカード

ウッドストックは、郵便受けにずっと座ってさえいれば、クリスマスカードがもらえると思っています。

スヌーピーは、そんなウッドストックを、「純真だなあ」と言って眺めています。

すると、本当に、郵便受けで座って待っていたウッドストックに、沢山のクリスマスカードが届いたのです。

それを見たスヌーピーは、すかさず、ウッドストックを真似て、郵便受けの中に座るのです。

プーチーという女の子で、デイジーヒル子犬園で、スヌーピーが小さい時に、一緒に遊んだ子がいますが、そのプーチーから、スヌーピーにクリスマスカードが届いてしまいます。

スヌーピーは、プーチーから昔、スヌーピーが嫌がることをされ、プーチーのことを嫌っています。

チャーリーブラウンから、クリスマスカードがプーチーから来ていると聞かせれ、また、近日中にプーチーがスヌーピーの所に立ち寄ると聞かされ、スヌーピーは嬉しくなさそうです。

仲間達は、クリスマスが近づくと、サンタクロースに欲しい物のお願いの手紙を書きます。

しかし、それらの手紙は、サンタクロース宛なので、住所はありません。

そのため、仲間達がサンタクロース宛で書いて、ポストに投函した手紙は、未開封のまま、全部、自分の家の郵便受けに返送されてくるのです。それは仕方ないですね。

⑤ 郵便受けは知っている ラブレター

スヌーピーは、郵便受けの奥まで顔を入れて、中を確認しても、ラブレターが入っていないと、不機嫌になる時があります。

不機嫌になったスヌーピーが、郵便受けに「もし今日、そんなかに僕宛のラブレターがなかったら、おまえを隣の郡まで蹴っとばしてやるぞ!!」と言うと、何と、郵便受けは、スヌーピーに一通のラブレターを吹き出します

びっくりしますね。郵便受けには、感情があるのですね。郵便受けは、スヌーピーを怒らせたら、また壊されると思うのだと思います。

機嫌が悪くない時のスヌーピーは、郵便受けの下で座って、ラブレターが来るのを待ちます。

しかしチャーリーブラウンから、そんなことしたってラブレターは来ないと言われます。チャーリーブラウンは、その道の専門家だと、自分のことを言います。

また、スヌーピーは、ラブレターが来た時は、郵便受けを触ると、郵便受けが温かいので、ラブレターが来たことが分かるのだそうです。

まるで、郵便受けが、スヌーピーへのラブレターを、温めているようですね。

⑥ 郵便受けは知っている 言葉に反応する

ラブレターを待ち焦がれるチャーリーブラウンは、毎日のように、ラブレターが来ていないかと、郵便受けに確認に行きます。

チャーリーブラウンは、ペパーミントパティとマーシーの一人一人から、好きです、という内容の手紙が届きますが、二人に対しては、友達から来た手紙という意識で受け止め、恋人からのラブレターという意識を持ってはいません。

チャーリーブラウンは、いくら待ってもラブレターが来ないため、郵便受けに向かって「もう、なんでさ!」と聞き、郵便受けに「郵便受けってのは大きな口してるくせに、ひとこともしゃべらないんだな…」と言います。

すると、郵便受けは、チャーリーブラウンが家の中に戻ろうとして、後ろ向きになった時に、チャーリーブラウンに「べえ!」と言うのです。

やはり、郵便受けには、感情があるのです。

郵便受けは、気に入らないことを言われたら、仕返しの言葉を言うのです。チャーリーブラウンは、そのことに気付いていません。

また、チャーリーブラウンは、自分宛のラブレターを受け取るの為の郵便受けとして、自分の家の郵便受けが、その役目をしていないとして、「でもこれは違う…マヌケな郵便受けめが!」と、腹いせに言います。

すると、郵便受けは、やはりチャーリーブラウンが家の中に戻ろうとして、チャーリーブラウンが背を向けてから、「マヌケなガキめが!」と思うのです。

言われたことに対しては、目には目を、で言い返す郵便受けです。

郵便受けをあなどれません。

⑦ 郵便受けは知っている まとめ

PEANUTSで、チャーリーブラウンは、郵便受けの中をせっせと奇麗にしています。

チャーリーブラウンは、郵便受けの中は、ラブレターが来た時のために、いつも奇麗にしておくのだと言います

チャーリーブラウンは、自分にラブレターをくれる人の気持ちを大切にして、奇麗な郵便受けで迎えたいと思うのでしょうね。

どこまでも優しい、チャーリーブラウンです。

チャーリーブラウンの人格は、思いやりの固まりですね。

そして、チャーリーブラウンは、(ラブレターを)「もし一通でももらったら、どうすればいいか分からないよ…」とサリーに言います。

郵便受けは、郵便受けの内部を奇麗にする、チャーリーブラウンのことを見ていますから、いつかきっと、望みが叶って、チャーリーブラウンに、素敵なラブレターが届くと思います。

チャーリーブラウンは、人を愛して、愛されるということに、夢を託しているのですね。ラブレターとは、愛の手紙、チャーリーブラウンの人生は、これからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました