タイトル上

PEANUTSから学んだこと【チャーリーブラウンとサリーの日常】

PEANUTSから学んだこと

PEANUTSで、サリーはチャーリーブラウンの妹です。

チャーリーブラウンは、不器用ですが優しくて、妹サリーを可愛がります。

サリーはチャーリーブラウンに見守られながら、成長していきます。

万能ではありませんが面倒見のいいチャーリーブラウンと、ちゃっかりしているサリーの日常を見ていきます。

記事中

① チャーリーブラウンとサリーの日常 サリーが生まれた時・サリーの初登場

1959年5月26日、サリーが生まれ、チャーリーブラウンはお兄ちゃんになりました。

サリーの誕生をチャーリーブラウンはとても喜び、あまりに喜んで勘違いし「ぼく父親だ!」と言ってしまう程でした。本当に嬉しそうなチャーリーブラウンです。

チャーリーブラウンは「ぼくは兄さんだ!妹がうまれた!!ぼく兄さんだ!」と言い、嬉しさいっぱいで走り回ります。サリーチャーリーブラウンお兄ちゃんで、生まれた時から幸せですね。

同年1959年8月23日、チャーリーブラウンが監督をしている野球チームで野球がある日に、チャーリーブラウンはサリーの子守をしなければならず、サリーを乳母車で野球場の皆のところへ連れて行きました。その時が、サリーの初登場のシーンです。

その日は、チャーリーブラウンはサリーを家に送り届けた後、野球に加わりました。あわただしく家に戻されたサリーは「人生がこんなに劇的なものだなんて思ってもみなかったわ…」と思います。

その時どのメンバーにも、チャーリーブラウンは必要な監督だと言われたことと、ルーシーが乳母車を押すチャーリーブラウンに、理解を示したことが印象的です。

その後チャーリーブラウンは、サリーを散歩に連れて行かなければならないことの不平をさんざん言ったことに対して落ち込み、サリーに謝っています。サリーはにこにこしました。

② チャーリーブラウンとサリーの日常 哺乳瓶

1959年10月、チャーリーブラウンはまだ赤ちゃんのサリーの前で、ボールで空きビンを倒して遊んでいます。

ボーリング遊びのようです。 サリーはご機嫌です。 チャーリーブラウンはサリーを楽しませているのです。

私は二人が可愛くて、しばらく見とれてしまいました。 そして、私は気付きました。

空きビンはサリーの哺乳ビンなのです。 私は思わず、えっ?!と思いました。

今度は私は、じーっと見てしまいました。 一見、ペットボトルのように見えますが、 よく見ると哺乳ビンなのです。

チャーリーブラウンはサリーをあやす為にしているのであって、悪ふざけではないということで私は納得しました。 たくさんの哺乳ビン・・・。

サリーを楽しませるために遊び相手をしているチャーリーブラウンと、可愛いサリーです。

③ チャーリーブラウンとサリーの日常 チャーリーブラウンがサリーの世話をする

チャーリーブラウンはPEANUTSの仲間達の中では、他の仲間よりも妹のサリーと過ごす時間が一番長いと思います。家の中で、寝る時は自分の部屋で寝ますが、それ以外の時間は、サリーと同じ場所に居ることが多いからです。

サリーはチャーリーブラウンのことを「お兄ちゃん」と呼びます。チャーリーブラウンはサリーのことを「キミ」と呼びます。

「キミ」という呼び方から、チャーリーブラウンがサリーを大切に思っていることが伺えます。

チャーリーブラウンはサリーに、数の数え方から始まり、幼稚園、学校、図書館、教会、へ行くこと、また、サンタクロース、読書感想文、生き物のこと等、いろいろなことを教えていきます。

また、 宿題や手紙など書き物をする時は、二人で机で隣り合わせに座り、いつもチャーリーブラウンがサリーを見守っています。

また学校へ行く時も、チャーリーブラウンがサリーと一緒に行き、サリーを見守っています。

サリーには次々と心配事がひらめく傾向があります。それに対して、チャーリーブラウンはその都度サリーの相手をして、対応しています。

チャーリーブラウンはサリーの世話をしながら、心配性のサリーに「人生の神秘ってもんさ…ひとつ心配事がなくなってもすぐに代わりが見つかる…」と言いますが、まさにその通りです。

サリーはチャーリーブラウンから九九を教わりますが、なかなかできず算数が赤点で、チャーリーブラウンに心配されています。そして、サリーの成績はいずれは良くなります。

サリーは今が何月何日かを把握するのが苦手で、いつも的外れなことをチャーリーブラウンに聞き、チャーリーブラウンのことをカレンダー代わりにしています。

チャーリーブラウンはその都度、サリーに日の間違いを教え、サリーの勘違いを指摘して、正しいことを教えています。

④ チャーリーブラウンとサリーの日常 サリーの眼科受診

1965年11月、チャーリーブラウンはサリーの物の見え方がおかしいことに気付き、視力検査の為に、サリーを眼科へ行かせます。

同年12月6日、サリーは眼科で怠け目と言われ、黒い眼帯を半年間付けていることになりました。

翌年1966年3月16日、眼科の先生によると怠け目よくなってきている、あと2か月で眼帯は外せるということで、5月27日眼科へ行き眼帯はとれ、弱っていた視力は1.0になりました。

サリーの視力の回復は、異常に気付いてくれたチャーリーブラウンのお陰ですね。チャーリーブラウンはサリーにとって、ありがたいお兄ちゃんですね。

サリーはいろいろなことをその都度、家でチャーリーブラウンに報告し、チャーリーブラウンはサリーにアドバイスしたり、心配したりします。チャーリーブラウンはサリーの面倒見がとてもいいのです。

⑤ チャーリーブラウンとサリーの日常 クリスマス

1966年12月24日、チャーリーブラウンはサリーに、おばあちゃんから聞いたクリスマスイブの話をします。

チャーリーブラウンが「おばあちゃんが言うには、小さい頃クリスマスイブに靴下をつるしたもんだってさ…そしてクリスマスの朝が来て、廊下へ駆け下りてみると、靴下はリンゴやオレンジでいっぱいになってるんだって…」と言うと、サリーはたくさんの靴下を暖炉につるします。

サリーは、そのサンタクロースの話を信じてにこにこしています。

1970年12月25日クリスマスの日、サリーを喜ばせようとサリーにプレゼントを運ぶチャーリーブラウンの姿は、妹思いのお兄ちゃんそのものです。

サリーはクリスマスを「もらう喜び」と言い張り、チャーリーブラウンは「与える喜び」と言い張ります。

サリーはまだ幼くプレゼントをもらえることを楽しみにしています。サリーより成長しているチャーリーブラウンには、すでに包容力があるのですね。

1976年12月、チャーリーブラウンはサリーに「ほんとはサンタクロースなんていないんだよ…」「神話は真理にとって代わられるべきだよ」と言いますが、サリーはまだまだサンタクロースを信じている年頃です。

1979年11月、サリーはサンタクロースへの手紙を「実在していない人に手紙書くなんてバカみたい」と言いながら書いています。

サリーもだんだん現実的になってきています。

⑥ チャーリーブラウンとサリーの日常 ちゃっかりしているサリー

サリーはチャーリーブラウンに「お兄ちゃんは兄として失格よ!」「全然尊敬できないわ」「アカンベエ!」と言うようになり、だんだん生意気になっていきます。

また、サリーは日にちが分からないと、その度チャーリーブラウンに向かって大騒ぎをします。

夏休みになったのに学校へ行ってしまった、お兄ちゃんが日にちを教えてくれなかったからだと、何かにつけチャーリーブラウンのせいにします。

サリーはスヌーピーのことを「お兄ちゃんの犬」または「お兄ちゃんのマヌケ犬」という呼び方をし、スヌーピーとは呼びません。それもサリーらしくて可愛く思えます。

サリーは、テレビを見ることは好きですが、宿題が大嫌いです。

そこでサリーはチャーリーブラウンに「ねえ、お兄ちゃん、わたしの宿題手伝ってくれないかなあ?」と言いますが、これは代わりにやってということなのです。

チャーリーブラウンはそのことをお見通しです。

宿題を手伝ってといっても、実は代わりにやってという意味のところが、サリーらしくちゃっかりしています。

チャーリーブラウンは、すぐには引き受けません。あっさり断ることもあります。

チャーリーブラウンは「ぼくがキミの宿題やってあげちゃったら、何にもおぼえないだろ?」とサリーに言います。その通りです。

宿題を手伝ってあげてしまうのは良くないことなので、サリーのためにならないと思い、チャーリーブラウンはサリーを心配するところです。

サリーとの交渉次第でサリーの宿題の手助けを、チャーリーブラウンはやったりやらなかったりします。

チャーリーブラウンは、サリーの言いなりになるわけではなく、状況に合わせています。

チャーリーブラウンはサリーに「きみの宿題をやってやるわけにはいかないよ」とはっきり言うこともあります。それが一番サリーのためになることだと、チャーリーブラウンは良く分っています。

⑦ チャーリーブラウンとサリーの日常 サリーがチャーリーブラウンを見守る

1965年1月、新学期の前サリーは、テレビを見ているチャーリーブラウンに、ガリバー旅行記を読むようにと世話をやきます。

チャーリーブラウンが読書感想文を書かなければならないので、サリーは心配して声をかけるのです。このように、サリーがチャーリーブラウンを心配することもあります。

1979年11月、机で二人で隣合わせに座り、チャーリーブラウンがコンパスを使って勉強しているのを、横でサリーが見ています。

サリーは初めてコンパスを見ます。

チャーリーブラウンは、コンパスをなかなか上手に使えません。 何回やっても、失敗してしまいます。

チャーリーブラウンは諦めませんが、サリーが笑うのでしゃくにさわります。

サリーは笑いながらも、内心では見守っているのです。

サリーは女の子で器用なのか、初めて見たコンパスを一回で上手に使えました。 上手、上手、本当に上手です。

チャーリーブラウンが苦手な事の時は、サリーがそばで助けています。

二人は助け合っているのです。

その後スヌーピーが、そのコンパスで円ではなく正四角形を書いたのですが、そんなことができるのかと不思議です。

⑧ チャーリーブラウンとサリーの日常 まとめ

PEANUTSには、日常の普通の生活の中で、チャーリーブラウンとサリーの二人の可愛い場面がたくさんあります。二人は多くの時間を一緒に過ごしています。

チャーリーブラウンとサリーの二人の日常は、お互いが頭を使い、サリーの方がすっ飛んでいてちゃっかりしています。

二人は顔は似ていますが、性格は反対だと思います。

それでかえって、二人がつり合いが取れているのだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました