タイトル上

PEANUTSから学んだこと ライナスの雪遊び・海水浴

PEANUTSで、ライナスは外で雪・砂・泥土等があれば、お城などを作り一人遊びをします。

ライナスは、想像力と器用さで物作りに向いているのです。

ライナスは一人遊びを楽しみます。

どんな様子か見てみます。

記事中

① PEANUTSから学んだこと ライナスの雪遊び・海水浴 雪玉投げ

ライナスはスヌーピーの横で、雪玉投げをしています。

ライナスが雪玉を投げようとして、野球のピッチャーのように後ろに手を回した後、投げようとした時、雪玉がなくなっていました。

それは、ライナスが投げる手を後ろに回した時、ちょうどスヌーピーの顔の前に来ています。

それを、スヌ -ピーが口でくわえて、ライナスの手から雪玉を引き抜くためです。

ライナスは不思議がり、スヌーピーの勝ちです。

ライナスは考える子で、家でその時のことをルーシーに話し、その時もまだ不思議がっています。

やはり、スヌーピーの勝ちです。

ライナスは、スヌーピーのいたずらにはかないませんね。

② PEANUTSから学んだこと ライナスの雪遊び・海水浴 たくさんの雪だるま

ライナスは自分の首までの高さの雪だるまを、60個作りました。

一人で黙々と次々と作ったのです。

一人での物作りは、ライナスの特技です。

しかも、上手で手早いのです。

ライナスは教壇まで作り、雪だるま達の前で演説を始めました。

雪だるま達は、まるで生きているみたいです。

材料さえあれば、ライナスは物作りを始めるのです。

③ PEANUTSから学んだこと ライナスの雪遊び・海水浴 ソリ遊び

ライナスは仲間達とのソリ遊びもしますが、一人で遊ぶのが好きなライナスです。

ライナスはそれまでのダンボールのソリに代わって、新しい本物のソリが来て嬉しさでいっぱいです。

「世界一速いソリだ。」と喜びます。

しかし、後から来たスヌーピーのごはん皿ソリに、追い越されてしまったのです。

ライナスとスヌーピーは、二人でキョトンとしました。

ライナスのソリは、ライナスの帽子が吹っ飛ぶくらい速かったのですが・・・。

スヌーピーのごはん皿ソリは、とても速いのですね。

ライナスは、びっくりですね。

④ PEANUTSから学んだこと ライナスの雪遊び・海水浴 雪の恐竜

ルーシーが雪でウサギを作っている時、ライナスは手伝いたかったのですが、ルーシーに追い払われてしまいました。

怒ったライナスが作ったものは大きな雪の恐竜で、本物の恐竜くらいの大きさのものです。

よくできていて、とても恐そうです。

上手にあっという間に作り、雪の恐竜の大きさと恐さにルーシーは顔が引きつりました。

ルーシーは内心、雪の恐竜を作り上げたライナスのすごさにも引きつったのかもしれません。

ライナスは怒った勢いで物を作ると、作る勢いが増すのですね。

⑤ PEANUTSから学んだこと ライナスの雪遊び・海水浴 砂のお城

ライナスは海水浴でも一人遊びをします。

よっぽど一人遊びでの物作りが好きなのですね。

ライナスの個性です。

ライナスは、家の近くで泥土のお城を作るのと同じように、砂のお城を作り嬉しそうです。

作る物を考えて、それを作れるのです。

⑥ PEANUTSから学んだこと ライナスの雪遊び・海水浴 まとめ

PEANUTSで、ライナスは物作りが好きで、よく一人で物を作り上げています。

雪遊びや海水浴でも、ライナスの物作りは続きます。

ライナスは、頭の中でイメージした物を実際に作れるのです。

ルーシーはそういうライナスを、ライナスが小さい頃から認めています。

何か作っている時のライナスは黙々と楽しそうで、安心毛布がなくてもいられるのです。

物作りは集中できて、ライナスにとって一番幸せな時間に違いないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました