タイトル上

PEANUTSから学んだこと ライナスとカボチャ大王

PEANUTSで、ライナスはカボチャ大王を信じています。

ライナスは、カボチャ大王は10月31日ハローウィンの夜に、カボチャ畑から現れて、世界中の子供達へおもちゃを持っていく、といいます。

そして、ライナスは、カボチャ大王は最も誠実と思われるカボチャ畑に現れる、と信じています。

そのため、ライナスは一晩中カボチャ畑で、カボチャ大王を待っているのです。

記事中

① PEANUTSから学んだこと ライナスとカボチャ大王 プレゼントは選べない

サンタクロースの時は、仲間達は自分の欲しい物を手紙に書いてお願いしていますが、ライナスのカボチャ大王の場合は、プレゼントはカボチャ大王が決めるのです。

プレゼントは自分で選べません。

ライナスは、カボチャ大王に、来てくれることを楽しみにしているという手紙を書きます。

ライナスは、カボチャ大王を信じて、一年中いい子にしているのです。

カボチャ大王は、ライナスの想像上のもので、実際に姿を見せたことはありません。

ライナスはがどうして信じてしまったのかは、 ライナスに聞いてみなければわかりません。

② PEANUTSから学んだこと ライナスとカボチャ大王 カボチャ畑で眠る

ライナスは、チャーリーブラウンやルーシーと、いたずらかおごり(Trick or Treat お菓子をくれないと、いたずらしちゃうぞ!)に行くこともしないで、カボチャ大王を待ってカボチャ畑で眠り込みます。

カボチャ大王は、ライナスの待つカボチャ畑に来ることはありません。

ある年はチャーリーブラウンから、 カボチャ大王は他のカボチャ畑に行ったとラジオで言っていたということを聞き、がっかりしました。

チャーリーブラウンは、カボチャ大王はありえない、と思っていますが、ライナスが失望しないように、考えた末にそう言ったのですね。

優しいチャーリーブラウンです。

ライナスは、一晩中カボチャ畑で眠り、待っていても来なかったカボチャ大王に対して、 絶対にいると信じているのです。

③ PEANUTSから学んだこと ライナスとカボチャ大王 サンタクロース

ライナスはクリスマスの前に、サンタクロースに手紙を書きます。

ルーシーと一緒に、欲しい物を書きます。

ライナスは、サンタクロースを信じていないわけではないのです。

ある年は、ライナスはサンタクロースに、「何もプレゼントはいりません、素通りして下さい。」 と手紙に書いたことがあります。

ライナスはクリスマスには皆と一緒に楽しみますが、サンタクロースよりカボチャ大王の存在の方が大きいのです。

④ PEANUTSから学んだこと ライナスとカボチャ大王 勘違い

スパイクがスヌーピーに会いに来て、サボテンのジョー・カクタスとカボチャ畑に立っていたことがありました。

その時ライナスは、ジョー・カクタスを、カボチャ大王と思い勘違いしました。

暗くてはっきりとは見えず、ライナスの頭の中は、カボチャ大王のことでいっぱいだったので、カボチャ大王に見えたのですね。

ライナスは、カボチャ大王からのプレゼントはありませんでしたが、姿は見たと信じたのです。

またある年は、チャーリーブラウンのころがしたボーリングのボールが、カボチャ畑に行ってしまい、大きな音をたてました。

ライナスは、カボチャ大王が自分をかすめて飛んでいったと思ったのです。

ライナスは、カボチャ畑で起こること全てに、ハッ、とするのです。

ライナスは楽しいのならいいですが、神経使っていますね。

⑤ PEANUTSから学んだこと ライナスとカボチャ大王 皆が関わる

仲間達は、カボチャ大王を信じていませんが、ライナスを放っておかず、カボチャ大王は存在しないことをわからせようと、世話をやいています。

マーシー、ペパーミントパティ、スヌーピー、チャーリーブラウン、ルーシー等の誰かが、カボチャ畑にやって来ます。

ペパーミントパティは、ライナスと一緒にカボチャ大王を待ったこともありました。

サリーが来たこともあります。

スヌーピーはカボチャ畑で、「ここでコンタクトレンズをなくしたら、ひどいことになるぞ。」と思ったりしました。

仲間の皆を敵と思ってしまったライナスは、待っても来ないカボチャ大王に対して、「出て来やがれ、このマヌケ!!!」と叫んでしまいました。

仲間達は、ライナスをからかいながらも、皆で見守っているのですね。

仲間達の関心は、カボチャ大王よりライナスにあると思います。

ライナスのことが心配になるのだと思います。

⑥ PEANUTSから学んだこと ライナスとカボチャ大王 まとめ

PEANUTSで、カボチャ大王を信じているのは、ライナス一人だけです。

ライナスはしょんぼりしますが、カボチャ大王を信じる気持ちは変わりません。

ライナスは、自分という強い味方と一緒に、カボチャ大王を信じているのですね。

ライナスは、カボチャ大王に会うことを楽しみに、一年間いい子にしているくらいなので、カボチャ大王が神様のような存在なのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました