タイトル上

PEANUTSから学んだこと シュローダーの日常

PEANUTSで、シュローダーはベートーベンに憧れ、ベートーベンと音楽に夢中になっています。

シュローダーは、日常おもちゃのピアノで、ベートーベンの音楽を弾きこなすのです。

シュローダーは、天才音楽少年です。

ルーシーとの日常には、意外なことがあります。

記事中

① PEANUTSから学んだこと シュローダーの日常 あと何日

シュローダーの尊敬するベートーベンの誕生日は、1770年12月16日です。(1770~1827)

そのベートーベンの誕生日が、シュローダーはとても待ち遠しいのです。

シュローダーはベートーベンの誕生日を意識していて、あと何日、と書いた札を持って仲間達に知らせるのです。

これは、恒例になっています。

シュローダーのおもちゃのピアノに寄り添って、そばで寝そべるルーシーとのおしゃべりも、べートーベンの誕生日のことで持ち切りになります。

ルーシーは勘違いして、ベートーベンの誕生日には、自分がプレゼントをもらえるのかと思ってしまうほどになるのです。

毎日同じ話題だと、その話題のことは繰り返されるので、頭の中に自然に残っていきますね。

ルーシーは、シュローダーが好きなので、シュローダーに合わせているのです。

それでも、ルーシーは、シュローダーのそばにいたいのですね。

ルーシーは、シュローダーのそばにいることが、よっぽど幸せなのですね。

② PEANUTSから学んだこと シュローダーの日常 ベートーベンの誕生日を忘れた

しかし、そのベートーベンの誕生日を、シュローダーが忘れてしまったことがあります。

シュローダーは誕生日から数日過ぎて、ルーシーに言われて気付いたのです。

こういう事もあるのですね。

シュローダーはがっくりして、しょんぼりしてしまいました。

メロディーを弾くことに、あまりに夢中になっている間に、ベートーベンの誕生日が通り過ぎていったのですね。

ルーシーの方がベートーベンの誕生日を意識していて、しっかり覚えていたのです。

ルーシーは、知らずうちにシュローダーを助けているのです。

また、シュローダーは、ルーシーに助けられているのです。

③ PEANUTSから学んだこと シュローダーの日常 立ち去る 

シュローダーは、おもちゃのピアノを弾いている時、ルーシーが自分達二人が、将来結婚した時のことを話し出すと、大声で笑い、いなくなってしまいます。

シュローダーは、怒っていなくなることはありません。

しかし、笑いすぎると、シュローダーはピアノを弾けなくなってしまいます。

そういう時は、シュローダーは、ピアノから立ち去るのです。

ルーシーが冗談きつくて、シュローダーが笑い転げるというのも、シュローダーにとっては困るところです。

そういう時でも、あえて喧嘩はしないのです。

喧嘩は疲れますから、その場から離れる方が、無難ですね。

④ PEANUTSから学んだこと シュローダーの日常 幸せな時間

シュローダーにとっては、おもちゃのピアノを弾いている時が、一番幸せな時間です。

キャラクター達は皆、個性があって、楽しいことが一人一人違います。

シュローダーには、おもちゃのピアノが付き物になっているので、ピアノ少年ということが、すぐにわかります。

鍵盤の黒い部分は、塗ってある絵で本物の鍵盤ではなく、楽譜はなく頭に楽譜を記憶しているのです。

シュローダーは、音楽の才能が超人的で、努力家でもあると思います。

⑤ PEANUTSから学んだこと シュローダーの日常 ルーシーからのお祝い

1984年12月16日、ベートーベンの誕生日に、ルーシーがシュローダーに、お祝いにカップケーキをプレゼントしました。

シュローダーはピアノの手を止めて、本当に嬉しがり、思わずルーシーのほっぺに、チュっとキスをしました。

ルーシーは目をつぶっていたため、そばにいたスヌーピーがキスしたと思い、大騒ぎして叫んで行ってしまいました。

思ってもみないことって、本当に起こるものなのですね。

ルーシーが目を開けていれば、嬉しがったのに、残念です。

ルーシーは、しっかり見ていれば、喜ぶどころか、大喜びで舞い上がってしまったと思います。

シュローダーの方が、ルーシーの勘違いに、がっかりしたのではないでしょうか。

⑥ PEANUTSから学んだこと シュローダーの日常 まとめ 

PEANUTSで、シュローダーの奏でるいいメロディーのように、シュローダーの人生もいい人生だといいですね。

スポーツが人生に通じているのと同じように、音楽も人生に通じていると、私は思います。

これは、PEANUTSのキャラクター達から教えられた、人生をより良くするための物事の考え方です。

そして、今回気付いた大切なことは、ルーシーがシュローダーを助けたということです。

しかも、ルーシーはそのことを得意がったりしないのです。

優しいルーシーです。

シュローダーにとっては、ルーシーは普段うっとうしいように感じられています。

それは、ルーシーがあまりに身近すぎて、なかなかルーシーのよさがわかる出来事が起こらないためかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました