タイトル上

PEANUTSから学んだこと スヌーピーとテニス 

PEANUTSで、スヌーピーはテニスに挑戦しています。

スヌーピーのダブルスのパートナーは、モリー・ボレー(女の子)で、スヌーピーは強気のモリー・ボレーにおどおどしてしまいます。

スヌーピーは、モリー・ボレーの言いなりになるしかない状態です。

どんな様子か見てみます。

記事中

① PEANUTSから学んだこと スヌーピーとテニス 練習

スヌーピーは、最初は一匹で練習を始めました。

指を切らずに、新しいボールの缶を自分で開けることもできました。

スヌーピーは、テニスの時は、ひさしのある帽子をかぶり、靴は履かないのです。

一人でサーブの練習をし、サーブは決まっています。

野球と同じように、テニスでも動きがいいのです。

ところが、スヌーピーは、ボールがラケットに当たらないと短気を起こし、ラケットを踏みつけたりネットの柱にたたきつけたりして、ラケットをこわしてしまったりします。

スヌーピーが、欠陥ラケットはいらないという手紙を書いたところ、新しいラケットが届きました。

練習の相手は、ウッドストックです。

ウッドストックからは、「作戦でサーブをいただいたり破ったりするのはいいとしても、ホームランはどうかと思う。」と忠告されます。

いい忠告です。

ついつい力が入ると、ホームランになってしまい、野球ではいいのですが、テニスではアウトです。

スヌーピーは、車のガレージでも、一人で打つ練習をするのです。

スヌーピーは自分から進んで練習するのですから、テニスが好きなのですね。

好きというところが、一番大事です。

楽しくないと、続きません。

スヌーピーは、スポーツ万能と言われますが、スヌーピーも練習して努力しているのです。

② PEANUTSから学んだこと スヌーピーとテニス ミックスダブルス

ミックスダブルスのチームが掲示され、パートナーはモリー・ボレーだと、チャーリーブラウンがスヌーピーに教えました。

モリー・ボレーはスヌーピーをパートナーと知り、「こりゃあんまりだわ。」と言いますがOKします。

モリー・ボレーは負けるのが嫌いで、「ラインコール(線審)する のはいつも私、オーバーヘッドとるのもいつも私、スヌーピーの受け持ちはアレー(ダブルスサイドラインとシングルスサイドラインの間の細長いエリア)だけ。」と言います。

モリー・ボレーに仕切られて、スヌーピーはたいへんです。

スヌーピーは自由に動けず、モリー・ボレーに言われた通りに動くことしかできません。

私は、スヌーピーが気の毒になります。

スヌーピーはモリー・ボレーに、ダブルフォールト(サーブを続けて二度失敗すること)を一度でもしたら頭をぶんなぐる、と言われてビクビクします。

スヌーピーは、ボレー(相手の打ったボールをノーバウンドで打ち返すこと)をバシッと決められず、ボソっとじゃだめだと、モリー・ボレーに言われてしまいます。

スヌーピーはモリー・ボレーの命令でラインコールして、インにして、負けてしまいました。

これはスヌーピーは、偉かったです。

負けてしまいましたが、正直で立派です。

こういう時に、性格がわかりますね。

その後チャーリーブラウンからスヌーピーは、インにしたことは、公平だったと褒められました。

③ PEANUTSから学んだこと スヌーピーとテニス モリー・ボレーの言葉

モリー・ボレーはチャーリーブラウンに、「チャンピオンは、ウィンブルドンやフォレスト・ヒルズでつくられるのではなく、自分の汚れた練習場でつくられる。」と言います。

いい言葉ですね。

私の生活のモットーになりそうです。

また、「欲しいものは自分でつかむんだ。」とも言います。

これもまた、いい言葉です。

これも、私の生活の、モットーになりそうです。

④ PEANUTSから学んだこと スヌーピーとテニス 泣き虫ブービー

泣き虫ブービーは泣き虫で、いつも大きく口を開けて泣いています。

弟ボビーブービーは無口だそうです。

ダブルスのパートナーは、いんちきコールベニイです。

泣き虫ブービーは、ネットが高い・低い、ボールが弾まない・弾みすぎる、ボールが軽すぎる、日の光がまぶしい、肩が痛い、と文句を言い絶えず泣いています。

泣き虫ブービーは泣きすぎて、普段の顔が泣き顔です。

それも、元気いっぱいの泣き顔です。

泣き虫ブービーのおかあさんは、車から泣き虫ブービーを見ていて、泣き虫ブービーがいいショットを打つたびホーンを鳴らすのです。

そのため、モリー・ボレーはうるさいと怒り、泣き虫ブービーと口喧嘩になります。

このホーンは、確かにうるさいですね。

そして、スヌーピーが試合中に、兄スパイクからの手紙を読んでいたせいで、スヌーピーとモリー・ボレー組は試合に負けてしまいました。

泣き虫ブービーは大喜びです。

スヌーピーは兄スパイクからの手紙を、急用と思ったのでしょうか。

タイミングが悪かったですね。

⑤ PEANUTSから学んだこと スヌーピーとテニス 考えた事

スヌーピーは女子トーナメントの時、耳の付け根をゴムで縛って女の子に変身しました。

考えるものです。

また、サーブの時は、ベースライン(テニスコートの一番奥のライン) の気を悪くしたくないと言い、ベースラインに絶対足をのせません。

そして、スヌーピーは「きたないけちなドロップに生きるものは、きたないけちなドロップに死す。」と心の中で思うのでした。

ドロップとは、ボールの勢いをラケットで吸収することで、ネット近くに落とすショットのことです。

スヌーピーは、テニスをやりながら、いい言葉を思いつくのです。

教訓になりますね。

⑥ PEANUTSから学んだこと スヌーピーとテニス チョコチップクッキー 

ある日、スヌーピーは試合前に、モリー・ボレーが持ってきたチョコチップクッキーを全部勝手に食べてしまいました。

普段めったに食べれないので、目についたら、一気に食べてしまうのでしょうね。

モリー・ボレーはカンカンに怒りました。

そして、スヌーピーはモリー・ボレーから、スヌーピーとはもう二度と混合ダブルスはしない、最低のパートナーだ、と言われてしまいました。

スヌーピーは、ショックな様子ではなかったです。

テニスができないわけではありません。

⑦ PEANUTSから学んだこと スヌーピーとテニス まとめ

PEANUTSで、スヌーピーは、食べ物に目がありません。

好物のチョコチップクッキーを試合前に全部食べつくして、モリー・ボレーを怒らせ、混合ダブルスの試合のチャンスがなくなったのはもったいないことです。

モリー・ボレーは気が強いから、スヌーピーはビクビクしながら試合をやるよりは、ましなのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました