PEANUTS【ハロルド・エンジェル】サリーに優しい天使

PEANUTUS サブキャラクター

PEANUTSで1983年12月24日、ハロルド・エンジェル(Harold Angel)はクリスマス劇で失敗したサリーを励ます為にサリーの家を訪れ初登場します。

ハロルド・エンジェルはサリーがクリスマス劇でセリフを間違え落ち込んでいることを気に掛けて、サリーを元気づける為にやって来てくれた優しい男の子です。

①【ハロルド・エンジェル サリーに優しい天使】落ち込んだサリーを気に掛けて、サリーを励ましにサリーの家に行く

1983年12月24日、ハロルド・エンジェル(Harold Angel)はサリーがクリスマス劇でセリフを間違えてしまい落ち込んでいる時、サリーを訪ねてサリーの家にやって来ます。

ハロルド・エンジェルは落ち込んでいるサリーのことを気に掛けてくれる優しい男の子です。

ハロルド・エンジェルの髪の色は黒で沢山の髪が程よくふわっと伸びている髪型で、ひさしのある帽子を被っていて、穏やかな顔立ちをしています。

1983年12月、サリーはクリスマスの劇に出ることになり天使の役だと言います。

サリーは羊が踊り終わったら登場し「耳をすませ!」という一言だけのセリフを言うのだと言います。

クリスマスキャロルの「天には栄え」の冒頭を直訳すると「耳をすませ!ヘラルド・エンジェルたちが歌う」となります。

「Hark! The Heraid Angels Sing」という冒頭です。

ヘラルド・エンジェルとは神の使いたる天使のことです。

しかしそのあと歌い出すのは台本にはヘラルド・エンジェルではなくハロルド・エンジェル「HAROLD ANGEL」と書かれているとサリーは言います。

サリーは「耳をすませ!」というセリフを覚えるのにも一苦労で、チャーリーブラウンにの前でセリフを言う練習をしてみます。

そしてサリーはチャーリーブラウンに「大丈夫だよ」と言われ、当日は家から背中に天使の羽を付け講堂へ出掛けて行きます。

客席で開演前、チャーリーブラウンはライナスにサリーが「耳をすませ!」と言うと次はハロルド・エンジェルが歌うということを教えると、ライナスが「ハロルド・エンジェル?」と聞き返します。

客席でチャーリーブラウンとライナスが見守る中サリーの出番が来てサリーにスポットライトが当たると、どういうことかサリーは「耳をすませ!」と言わずに「ホッケースティック!」と言ってしまったのです。

サリーには何処からホッケースティックという言葉が出てきたのでしょうね。

サリーはとても落ち込み、家でチャーリーブラウンに自分がクリスマス劇を台無しにしたことを言い、皆もモーゼやルカも使徒たちもサリーを憎むと言い50人の皆に憎まれると言い嘆いています。

その翌日の1983年12月24日、チャーリーブラウは電話で仲間に、クリスマス劇でサリーがセリフをホッケースティックと言ってみんなが大笑いしたため、自分は出てきたので劇の残りは見なかったことを話しています。

そしてチャーリーブラウンが「妹はなにもかもごっちゃにしててね…ハロルド・エンジェルなんてのが歌うって思いこんでたりもしたのさ!」と電話の相手に言った時、誰かが戸口に訪ねて来ました。

チャーリーブラウンの家を訪ねて来た子は「ハイ、サリーいる?ぼく、ハロルド・エンジェルって言います…」と言う男の子です。

ハロルド・エンジェルという名前を聞いたチャーリーブラウンの頭の中は混乱してしまいますね。

チャーリーブラウンは思わず言葉が出ません。

一体どういうこと?この子の名前一体何?とチャーリーブラウンはきっと思いましたね。

クリスマス劇でサリーの出番の後に歌ったのはこのハロルド・エンジェル君ということになりますね。

ハロルド・エンジェル君はセリフを間違えて落ち込んでいるサリーのことを気遣って来てくれたのですね。

ハロルド・エンジェル君は学校でサリーと一緒に勉強や遊びを一緒にしている仲間ですね。

ハロルド(Harold)は男子の人名で使われる単語です。

②【ハロルド・エンジェル サリーに優しい天使】春になりサリーの家を再度訪れる

春になり1984年5月20日日曜日です。

ハロルド・エンジェルはサリーの家を通りかかったということでサリーを映画に誘います。

この日のハロルド・エンジェルは帽子を被っていないので、一見クリスマスの時と感じが違って見えますが穏やかな顔つきに変わりはありません。

サリーはしきりに自分がハロルド・エンジェルと話したり映画に行くことをわたしのバブーちゃん(ライナス)がどう思うかと気にしますが、ライナスはいっこうにかまわないと強調して言います。

帰り際にハロルド・エンジェルがサリーの家の中に入って水を一杯もらいたいことをサリーに言うと、サリーはわたしのバブーちゃんがどう思うかと気にしライナスのことをヤキモチ焼きと言いますが、ライナスはいっこうにヤキモチを焼いてはいません。

ハロルド・エンジェルはサリーとライナスのやり取りを聞いていますが終始穏やかです。

③【ハロルド・エンジェル サリーに優しい天使】まとめ

PEANUTSでハロルド・エンジェルはクリスマス劇でサリーが「耳をすませ!」というセリフを言うところ「ホッケースティック!」と言ってしまい劇を台無しにしたと言い落ち込んでいる時、サリーのことを気に掛け家にサリーを訪ねて来ます。

ハロルド・エンジェルはサリーを元気づけようとしたのですね。

エンジェルというのはキリスト教で神の使いという意味の天使のことで、ハロルド・エンジェルはそのエンジェルという名の通り優しい天使のような男の子だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました