スヌーピーの変装フライングエース とりこになったよ

PEANUTS スヌーピーについて

PEANUTSで、スヌーピーは変装でフライングエースになりきります。 始まると延々と続くフライングエースです。

スヌーピーの頭に、次々といろいろな場面が浮かび、スヌーピーはフライングエースがあまりにも好きで夢中になるのです。

①【スヌーピーの変装フライングエース とりこになったよ】犬小屋の上

スヌーピーの犬小屋の上が、愛機ソッピーズキャメルの代わりの役目をしています。 フライングエースとは、第一次世界大戦の撃墜王で英雄です。

宿敵レッドバロンとは、第一次世界大戦下の、ドイツの有名なパイロットのニックネームです。 愛機ソッピーズ・キャメルとは、実際にレッドバロンと空中戦を繰り広げた、当時のイギリス軍の主力戦闘機です。

ウッドストックは整備士役です。 スヌーピーはフライングエースの変装を始めると、夜になり暗くなっても延々と続けるのです。

撃墜王フライングエースが司令官のもとに出頭するときに、ルートビアをごちそうされるといいます。 危険な作戦で飛ぶときに限って、司令官はルートビアをごちそうされるのだそうです。 そのため、スヌーピーもルートビアを好むのでしょうか。

ルートビアは、アメリカ発祥の飲む黒い湿布薬で、アルコールを含まない炭酸飲料です。 見た目がコーラに似ています。

スヌーピーは、自分を「空の勇士だ、急旋回。」と言い、からだをあっちこっちに向け、ついには気持ち悪くなってしまいました。 それほどに、のめり込むのです。

スヌーピーは現実にいるチャーリーブラウンやライナスを敵として空想の中に置き、二人はスヌーピーに巻き込まれ、とうとうまいってしまいました。

スヌーピーはフライングエースの変装を始めると、身の回りの仲間や物を空想の中のものに例えるので、スヌーピーのそばにいると、巻き込まれてしまいます。

スヌーピーに巻き込まれたくないならば、遠目で見ていたほうがよさそうです。

②【スヌーピーの変装フライングエース とりこになったよ】スパイクとベル

スヌーピーは空想したことを、タイプライターで打ち込んでいます。

ここからは、スヌーピーの空想です。 スヌーピーは、兄スパイクが歩兵になったという手紙を読み、スパイクを探しに西部戦線へ行き、スパイクを見つけました。

パリで、スパイクは一番初めに出会った女の子と街へ消えてしまいます。 スヌーピーは赤十字の女の子に話相手を求めたところ、何とフランスの赤十字に妹ベルがいたのです。 ベルが差し出したたくさんのドーナツを、スヌーピーはすぐに食べてしまいました。

そこへいなくなっていたスパイクが現れ、3人で記念写真を撮り、パパとママへ送ることになりました。 これが、3人がフランスで出会ったという、 スヌーピーのつくった物語です。 フライングエースの中に、スパイクとベルが出てくる場面です。

めったに会えないスパイク、特にベルに、空想の中で会えます。 タイピングで文字で打てて、ス ヌーピーの頭にその場面が刻まれていきます。 タイプライターの力は大きいです。

スパイクはともかくとして、ベルには簡単には会えないので、そのベルを思う気持ちが、物語にベルを登場させたのだと思います。

③【スヌーピーの変装フライングエース とりこになったよ】孤独なビーグル

1927年チャールズ・リンドバーグ(アメリカ合衆国の飛行家)が、単葉単発単座のプロペラ機で、ニューヨーク・パリ間を飛び、大西洋単独無着陸飛行に初めて成功しました。

当時彼は25才で、孤独なイーグル(わし)とも言われました。 スヌーピーはそれをまねて自分のことを、「孤独なビーグル」、と言います。 スヌーピーは「パリへ大西洋を飛行している」、と空想します。

チャーリーブラウンが空っぽの水皿を持っていったことを、「大西洋の暗い波が消え去った」ことに例えました。

そして、犬小屋の横にいて話しかけてきたマーシーを、パリに着陸した際に自分を取り囲んだフランス人女性に例えました。

マーシーはスヌーピーのフライングエースの変装中、フランス人女性役になりスヌーピーに協力してくれます。

孤独なビーグルは、歴史的パリ・ニューヨークの飛行を終えて祖国へ帰ってきました。

スヌーピーは、たった一本の紙テープを、無数の紙ふぶきに例えました。(チャールズ・リンドバーグは飛行成功時、盛大な紙ふぶきの出迎えを受けました。)

スヌーピーは、終始ご機嫌です。自分の好きなことに没頭している時は、一番楽しいからご機嫌なのですね。

スヌーピーは変装中は、変装ごっことして 遊んでいるのではなく、本気で空想の中に入り込んでいるのだと思います。 そのため、スヌーピーにとって は、一つの体験になるのです。

④【スヌーピーの変装フライングエース とりこになったよ】まとめ

PEANUTSで、スヌーピーのフライングエースは、正確な歴史的事実に基づいています。 スヌーピーは変装の中で、それを再現して楽しんでいます。

スヌーピーはフライングエースの変装姿で、孤独なビーグルもやるのですね。 空想が空想を呼んで、小説家を目指しているのですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました