タイトル上

PEANUTSの教え ピアノのシュローダーとスヌーピー

PEANUTSで、スヌーピーは、おもちゃのピアノを弾いているシュローダーの所へ訪れて、メロディーに合わせて、様々な動きを見せます。

シュローダーは、スヌーピーのことが気になると、手を止めて、スヌーピーの様子を見ています。

スヌーピーは、シュローダーの所へ行くのが大好きのようです。

記事中

① PEANUTSの教え ピアノのシュローダーとスヌーピー 幼い頃

スヌーピーは、1950年10月4日に子犬で初登場します。(PEANUTSの連載開始は、1950年10月2日です。) その後、シュローダーは、翌年1951年5月30日に赤ちゃんで初登場します。

そして、シュローダーは同年9月24日に、チャーリーブラウンから初めておもちゃのピアノを教えられます。

最初少しだけチャーリーブラウンがお手本をしてみせたところ、シュローダーはにこにこして、何と両手でスラスラとおもちゃのピアノを弾きこなし、チャーリーブラウンを驚かせました。

そばで、パティが見守っています。

シュローダーの弾くおもちゃのピアノに合わせて、当時の仲間全員が集まって歌うようになりました。その中には、スヌーピーもいます。クリスマスの時も、皆でシュローダーのピアノのメロディーで、歌を歌います。皆、大喜びです。

仲間が揃った時、シュローダーのピアノに合わせて、スヌーピーは皆のためにハッピーダンスを踊ります。

この時のシュローダーとスヌーピーに共通していることは、2人とも仲間を楽しませるためにしているということです。

そして、スヌーピーはシュローダーの所へ、時々、一匹で行くようになります。

スヌーピーは自分がピアノの鍵盤に触ったり、ピアノをひっくり返していたずらするので、シュローダーは参ってしまいます。

スヌーピーは、シュローダーがピアノを弾いている時、よく眠ってしまうこともあります。

しばらくして、スヌーピーは、シュローダーの弾くメロディーがベートーベンの曲だとわかると、素晴らしいと繰り返しいい、感激するのでした。

② PEANUTSの教え ピアノのシュローダーとスヌーピー 慣れた場所

スヌーピーは、シュローダーの所へ一匹で行き始めた頃は、楽しく遊んでいる様子でした。

それに加え、だんだん慣れてくると、スヌーピーはリラックスして、ピアノに寝そべるようにもなりました。

シュローダーとスヌーピーとの間に会話がないことが多いですが、スヌーピーにとっては居心地がいいのでしょうね。

シュローダーも、スヌーピーとのやり取りに慣れているようです。

言葉の代わりをするのは、シュローダーの弾くメロディーで、言葉と同じ、またはそれ以上に威力があります。

スヌーピーが眠そうにしていると、シュローダーは、スヌーピーのからだをしびれさせるようなメロディーを弾きます。そして、目を覚ましたスヌーピーは、曲についていけず、ひっくり返ってしまいます。

そうかと思うと、シュローダーは、眠っているスヌーピーがが眠っていられないような、目を回すような曲を弾き、スヌーピーはとうとうフラフラになって帰るのです。

一見、いつもどちらかがやりこめられているように見えますが、これはこのかけ引きを、お互い楽しんでいるのではないかと、私は思います。

スヌーピーがシュローダーの所へ現れるのは楽しいからで、シュローダーが曲の工夫をしながらスヌーピーの相手をするのも、楽しいからだと思います。

それは、お互いが暗黙の了解で、言わなくてもよくわかっていることだと思います。

スヌーピーは、シュローダーのメロディーを取りこぼさないようにしたり、流れ去らないように封じ込めようとしたりしますが、音符の多さに、スヌーピーはかないません。

いろいろ試したスヌーピーですが、メロディーと一緒に歩くのが無難なようです。

スヌーピーは、気に入ったメロディーを持ち帰ることもあります。

シュローダーのメロディーをスヌーピーは自分のものにして、犬小屋で思い出して楽しむのでしょうね。スヌーピーはすました顔をして、メロディーをもらって帰りました。

スヌーピーの目には、シュローダーの弾くメロディーの音符がまるで見えているかのようでした。

スヌーピーは、何とかして、音符たちが消え去らないようにと、押し戻そうとしたり、拾い集めてはピアノのふたを開けてピアノに戻したりするのです。

③ PEANUTSの教え ピアノのシュローダーとスヌーピー まとめ

PEANUTSで、1999年9月4日、シュローダーはどうしたのでしょう。

シュローダーは、おもちゃのピアノの前に、いつものように座っているのですが、曲を弾かずにいます。

弾くはずの、シュローダーの頭の中の楽譜の中には、音符ではなく、スヌーピーの姿でいっぱいです。

シュローダーは、スヌーピーとのこれまでのことを、思い出しているのでしょうか。

シュローダーにとってスヌーピーと過ごした日々は、楽しかった、の一言に尽きると思います。

スリルがあって、どちらかがいじめられているようでも、実際は、いじめっこいじめられっこをして、楽しんでいたのです。

シュローダーの頭の中は、スヌーピーで一色になったのです。

この日がシュローダーが、PEANUTSでおもちゃのピアノを弾く、全ての場面での最後です。 (PEANUTSの連載は、2000年2月13日までです。)

私は、とても寂しい・・・です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました