タイトル上

PEANUTSの教え マーシー

PEANUTSで、マーシー(Marcie)は、1971年7月20日に初登場しました。マーシーは勉強が得意で、特に読書が好きですが、スポーツは苦手です。

そして、真面目で明るい性格です。

ペパーミントパティと、とても仲が良く大親友で、二人で一緒に行動していることが多いです。

記事中

① PEANUTSの教え マーシー 初登場

1971年7月20日、サマーキャンプ中、雨の日に、宿泊小屋から顔を出し外へ出たペパーミントパティに、マーシーが「先生、お昼ごはんは何時ですか?」と話しかけます。

これが、マーシーの初登場の場面です。

最初からマーシーは、ペパーミントパティのことを「先生」と呼んでいました。

ペパーミントパティからは「先生って呼ばないで!」と言われますが、マーシーは「先生」と呼び続けます。

アメリカでは、学校の先生に対しては名前で呼び、丁寧になるように、Miss、Ms、Mrs、Mr、をつけます。

マーシーの言う「先生(Sir)」は、敬う男性に対しての呼びかけに使うといいます。

そのため、マーシーの言う「先生(Sir)」という呼び方を嫌がったペパーミントパティが、「先生(Sir)って呼ばないで!」と何度も言ったのだと思います。

それでも、マーシーは、ペパーミントパティのことを「先生(Sir)」と、呼んでしまうのです。

マーシーはペパーミントパティのことを「先生(Sir)」と呼んで、ペパーミントパティが傷ついていると言っても、自分は悪いことをしているとは思わないのだそうです。

初めて会ったキャンプの時から、二人は一緒に行動しています。

② PEANUTSの教え マーシー ペパーミントパティと親しくなる

マーシーとペパーミントパティが、初めて出会ったのは7月で、その年の10月に、マーシーは、ペパーミントパティの家へ遊びに行きます。

ペパーミントパティがチャーリーブラウンに電話をし、マーシーが来ていることを「キャンプにいた例の妙な子よ・・・」と言い、チャーリーブラウンも家に来て一緒に、ハハハーマン(かくれんぼ)をして遊ぶように誘いました。

チャーリーブラウンは、スヌーピーを連れてやって来ました。

鬼になったチャーリーブラウンは、うまく隠れ、なかなか見つかりません。

チャーリーブラウンがそばに居るとは知らず、ペパーミントパティが「彼がどんなにネボケテて、優柔不断で、彼と恋に落ちる人間なんているはずがない」と言ったところ、チャーリーブラウンはそばに隠れていて聞いていました。

チャーリーブラウンは、ショックを受けて、スヌーピーを連れてすぐに帰っていきました。

チャーリーブラウンは、ショックで寝込んでしまい、ペパーミントパティも、チャーリーブラウンを傷つけたショックで、寝込んでしまいました。

この時、マーシーがペパーミントパティに、「真心からあやまれば、奇跡だっておこると思うわ」と言います。

そして、さらにマーシーは、「あなたが心の底では、ほんとはチャックを愛しているんだってことに、彼は気づいていないにすぎないのよ、そして・・・」と言います。

マーシーの言葉は、まるで大人のようです。

マーシーは、まだ出会って間もないペパーミントパティに、愛のあるアドバイスをしています。

さらに、マーシーは、ペパーミントパティがチャーリーブラウンのことを好きなことも、始めから見抜いています。

マーシーは、遊びに来て楽しく過ごせるはずの時間なのに、二人の関係を取り持つのですから、まだ子供なのに、人間ができていますね。

子供の場合、とかく、知ーらない、となりそうなところ、マーシーは、自分にできる精一杯のことをしているのです。

自分のした行ないは自分に返るといいますから、マーシーはきっと将来、幸せになると思います。

存在感のあるマーシーです。

その後、ペパーミントパティは、チャーリーブラウンに謝りました。

しかし、チャーリーブラウンが赤毛の女の子のことを話すため、ペパーミントパティは、今度はキレてしまいました。

③ PEANUTSの教え マーシー ペパーミントパティとさらに親しくなる

次の年も、マーシーとペパーミントパティは、サマーキャンプで会えて、一緒に過ごしました。

キャンプ中、二人で男の子達のところへ会いに行こうと言い、途中まで行きましたが、赤毛の女の子と話がしたいというペパーミントパティのために、引き返しました。

自然にペアになって行動する二人です。

二人は学校で同じクラスになり、席は、ペパーミントパティの後ろがマーシーです。

ペパーミントパティは、成績の平均点はオール2、しかも先生の一人がおべんとうまで批判したことに怒り、もう学校へ行かない、スヌーピーの犬小屋の上でスヌーピーと一緒に過ごすと言い、本当に犬小屋の上にいます。

その時、マーシーは本気でペパーミントパティのことを心配し、怒ります。

マーシーは、ペパーミントパティに「もし急げば、まだ2時間目にはまにあいます・・・・」「今すぐそこから降りて、学校に行くんです!!!」と言い、夢中で説得します。

いつもは一緒に登校していた二人です。

学校へ行く時は。ペパーミントパティが、マーシーを迎えに来ていました。

マーシーは、必死で、ペパーミントパティをスヌーピーの犬小屋からひきずりおろし、とうとう犬小屋はバラバラに壊れてしまいました。

チャーリーブラウンの客用離れをメチャメチャにしたという、ペパーミントパティに対し、マーシーは、それは犬小屋ということ、スヌーピーは大きな鼻の変な顔の子ではなくて、ビーグル犬ということを教えました。

マーシーは、「いつになったら現実に直面するつもりなんですか!?」と、ペパーミントパティを叱り、ペパーミントパティを家に連れて帰りました。

ペパーミントパティには、ママがいない分、彼女がピンチに立った時は、マーシーが彼女のママ代わりのようですね。

マーシーは自分だけ学校に行ってしまわないで、気が滅入っているペパーミントパティを、家に送りとどけたのですから、ペパーミントパティのことを、とても大切に思っていることがよくわかります。

④ PEANUTSの教え マーシー 勉強が得意・ペパーミントパティの世話をやく

マーシーは、ペパーミントパティが勉強で新しいことを覚えられないと言うと、知らないうちに覚えてしまうものと言い、励ましています。

宿題が読書という日があり、外でフィギュアスケートをしているペパーミントパティに、マーシーは、読書の宿題の世話をやきます。

マーシーは家に戻り、家についてきたペパーミントパティに、本の長い作者の名前をたくさん教えます。

それを聞いたペパーミントパティは、ますますやる気がなくなりました。

マーシーは、自分の家に帰ったペパーミントパティに、電話までして世話をやきました。

次の日、ペパーミントパティは、シリアス(簡便食)の箱を読んできたと得意がり、マーシーは、何と彼女の世話に力を尽くして、自分は読書の宿題を忘れてしまったのです。

こんなことって、あるのですね。

マーシーは、ペパーミントパティに読書をさせることが、自分の役目と思い、何とかなりそうと思い、ほっとしてしまったのですね。

また、ペパーミントパティが、「単語スペリング100題、マーシー、私みんなまちがえちゃったわ…」と言うと、マーシーは「ひどいですね、先生・・恥ずかしさのあまり、うなだれてしかるべきです!」と言います。

甘い言葉を返さない、友達思いのマーシーです。

ペパーミントパティは、D(ー)を恐れて、しばらく学校を休んだことがあります。

マーシーは、いびきが聞こえなくて寂しいと言い、彼女の家に何度も行きました。

彼女に、D(ー)から抜け出す方法を聞かれ、マーシーは、「教室で居眠りしないこと、一生懸命勉強すること、いつも宿題やること」と言いました。

お手本はマーシーですね。

マーシーの成績は、いつもAです。

マーシーは「ひとつの哲学ですけど」「存在しているものも、否定すれば存在しないんですって」と言います。

マーシーは、何かいやなことがあっても、自分にそう言い聞かせて、乗り越えているのですね。

⑤ PEANUTSの教え マーシー 信仰・勇気・勤勉

ペパーミントパティから「難しいテストだったわ、あなたどうやってAとったの」と聞かれ、マーシーは「私は昔ながらのやり方で、テストにパスするんです」「私は勉強するんです」と答えています。

マーシーが成績がいいというのは、努力の結果なのですね。

マーシーが、何もせずただ頭がいいわけではないことが、分かります。

また、マーシーは、この国を偉大にしたのは「信仰、勇気そして勤勉」と言いますが、まるで、マーシーそのものだと私は思いました。

いつもは授業中、ペパーミントパティがいびきをかいて寝ていて、マーシーが起こしていますが、マーシーも寝てしまったことがあります。

二人で居眠りして、とうとうお互いの頭がぶつかりました。

二人で声を合わせ「私達起きてます!」と大きな声で言いましたが、二人は校長室へ呼び出されてしまいました。

校長室から聞こえてきたのは、何といびきで、マーシーは「起こさないでおきましょうか。」と言い気遣いしました。

マーシーも、体調次第で居眠りしてしまうのは、仕方のないことです。

ある日、ペパーミントパティが「通ったわ、マーシー!試験全部パスしたのよ!」と喜んだ時、マーシーは「よかったですね、先生・・」と言い嬉しそうでした。

優しいマーシーです。

マーシーは、勉強が得意で、ますます勉強するので、さらに勉強ができるようになるのですね。

⑥ PEANUTSの教え マーシー スポーツが苦手

マーシーは、野球をしたことがなく、野球を知らないと言います。

ペパーミントパティのペリカン野球チームが、人不足ということで、マーシーは、ペパーミントパティに外野(ライト)を頼まれましたが、ボールをキャッチしたあと、どうしたらいいかわからなかったり、バッドをさかさまに持ってしまったりしました。

マーシーは、2塁手のチボーに、ただのマヌケな女の子、と言われて怒り、チボーを一発ぶんなぐり、ペパーミントパティに「私もうやめます、先生・・・野球はキライです」と言うのでした。

マーシーは、その後も野球に興味がなく、野球は大キライですが、ペパーミントパティの気持ちを傷つけたくないからやっているだけと言います。

マーシーは、悔しい時は地面に叩きつけられて、嬉しい時は空へ投げられる帽子が欲しいと言い、夜は自分で帽子作りをしましたが、なかなか思うようにはいきません。

ペパーミントパティが、スヌーピーとのトレードにマーシーを利用しようとしましたが、スヌーピーが足のくるぶしを骨折していたので、その話はなくなり、マーシーは無事のがれることができました。

1988年3月7日、マーシーはペパーミントパティによって、ルーシーとのトレードでチャーリーブラウンの野球チームにいっていますが、1週間で戻っています。ペパーミントパティがルーシーは使えないとのことで、トレードは白紙に戻ったのです。

スポーツでは、ペパーミントパティが優等生で、マーシーが劣等生のようになります。

マーシーは。ペパーミントパティとボーリングに行っても、スポーツは苦手と言い見ているだけです。

いやなら無理にやることないですね。

⑦ PEANUTSの教え マーシー アメフトとフィギュアを上手になった

マーシーは、フットボールやフィギュアスケートを、ペパーミントパティから教わっています。

マーシーは、一つ一つの動作の全てに問題があり、ペパーミントパティに手厚く教えられています。

マーシーは、フットボールの練習中、タックルでペパーミントパティの髪をつかんでしまい、髪はダメと言われると、次はペパーミントパティの鼻をつかんでしまいました。

そして、ペパーミントパティから、危ないからメガネははずすように言われると、木につかまるマーシーです。

フィギュアスケートの練習では、椅子を前に置き、マーシーは、椅子につかまって前に進みます。

ペパーミントパティがフィギュアスケートの練習をしていて、アイスホッケーチームの人達に取り囲まれていた時、マーシーはペパーミントパティを助けようとして、氷の上で転倒してしまいました。

家に帰ってママに言ったところ、ママは医者を呼びました。

ペパーミントパティが、電話で欲しいものがあるか聞いたところ、マーシーは「いいえ、ありがとうございます。先生。」と言い、本を読むつもりと答えるのです。

マーシーは、転倒したことをペパーミントパティのせいにすることなく、欲しい物はないと言い、ペパーミントパティに、何気なく気を遣っているのです。

そしてマーシーは、真面目にフットボールやフィギュアスケートに取り組み練習を重ね、上手になり、ペパーミントパティに褒められています。

⑧ PEANUTSの教え マーシー 本気で怒ると恐い

ペパーミントパティが、ゴルフのキャディを志望し、カントリークラブへマーシーも付いて行きます。

マーシーは、ゴルフとボーリングを混同してしまいます。

マーシーは、重たいゴルフクラブのバッグを地面を這って持ち運び、お客の所でドライバー(1打目のショット・ティーショットのための、ゴルフクラブ)を、やっとの思いで差し出しました。

婦人のお客二人が、喧嘩ばかりしているので、マーシーは怒り出し「いい加減にしてよ、二人とも、喧嘩はやめて!」「さあ!クラブは自分で運ぶのよ!私やめたわ!」と大声で言います。

マーシーは、決してすぐキレるわけではありませんが、本気で怒ると、はっきりズバッと思ったことを言います。

ペパーミントパティが、子供ゴルフトーナメントに出る時も、マーシーは、キャディとして付き添います。

ジョーリッチキッドのキャディの男の子に、「このトーナメントが終わったら、二人でどっか行かないか」と声を掛けられ、怒ったマーシーは、ジョーリッチキッドのクラブと一緒に、ペパーミントパティのクラブまで、池に投げ込んでしまいました。

マーシーは大胆なことをするのですね。

ペパーミントパティは、泣き叫びました。

ペパーミントパティに「クラブを池に投げ込まれなかったら、有名プロになれた」と言われ、マーシーは「時間はいくらでもありますよ。先生・・・女子ゴルフは上り坂です・・・」と答えました。

マーシーが本気で怒ると、本当に恐いですね。

ペパーミントパティが寛大に思えます。

⑨ PEANUTSの教え マーシー チャーリーブラウンのことが好き

マーシーは、サマーキャンプで寂しくなった時、チャーリーブラウンに手紙を書きました。

「チャールズさま、毎日あなたのこと、考えています」「私はあなたが好きだと思います。チャールズ、愛をこめて、マーシー」という、内容です。

チャーリーブラウンは、マーシーがどうして自分を好きなのか、不思議がっています。

ペパーミントパティもマーシーと一緒に、チャーリーブラウンに告白の手紙を書き、二人とも、チャーリーブラウンから、お返しの手紙をもらい嬉しそうでした。

二人に対して、チャーリーブラウンは、特別な感情はないようです。

また、大人の都合で野球場を取り上げられたことがあり、チャーリーブラウンが反撃しなかった時に、マーシーは、 チャーリーブラウンに「私ずっと、あなたをこのもしく思ってたわ。チャールズ、あなたみたいな優しいひと、しらないわ」 と言いました。

そして、マーシーは、「あなたがいつも苦しんでるのを、見るのはつらいわ」と言い、チャーリーブラウンのホッペにキスしました。

やはり、マーシーは、チャーリーブラウンの優しさにひかれていたのですね。

また、マーシーは、子供ではあっても、心の底からチャーリーブラウンのことが好きなのですね。

いいことです。

⑩ PEANUTSの教え マーシー フライングエースに登場

マーシーは、スヌーピーのフライングエースに、フランス人女性として登場します。

マーシーは、美しいフランス人娘として、パリの街角の小さなカフェで、 第一次世界大戦の撃墜王に晩ごはんに連れ出されました。

また、ある時は、第一次世界大戦の撃墜王が、小さなカフェに座っている時、マーシーは、「ルートビア、おまちどお、ムッシュー(だんなさま)」言い、美しいフランス人ウェイトレスになっています。

その時、マーシーは、スヌーピーが熱がありそうだ、インフルエンザではないかと心配し、スヌーピーの看病をしました。

そのあと、マーシーは自分も体調が悪くなり、学校を休んでいます。

スヌーピーが、孤独なビーグルの時も、マーシーは、到着を待っていたフランス人女性になります。

マーシーは、 自分もスヌーピーの変装の中にいる時は、真剣にやっているスヌーピーのことを思うと、いい加減にはできないのだと思います。

そのため、マーシーも、できるだけ真剣にやっているのだと思います。

スヌーピー思いのマーシーで、マーシーも楽しいのならいいと思います。

⑪ PEANUTSの教え マーシー まとめ

PEANUTSで、マーシーを一言で表現するとしたら、勤勉、という言葉が、浮かびました。

マーシーは、見た目も真面目そのもので、見た通りの、そのままの性格だと思います。

また、マーシーは、親友のペパーミントパティとは、正反対の個性をもっていますが、二人ともユーモアがあり、明るいところは共通です。

学校では二人でお弁当を食べ、ちびっこコンサートにも二人で何回も行き、楽しく過ごしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました