タイトル上

PEANUTSの教え フリーダとファーロン

PEANUTSで、フリーダ(Frieda)は、1961年3月6日に、初登場しました。(~1985年11月22日)

天然のカーリーヘアが自慢の女の子で、髪の色はブラウンです。

ファーロン(Faron)は、フリーダのオスの飼いネコで、ネコ嫌いのスヌーピーに嫌がらせするため、フリーダの意志で飼われました。

フリーダは、何かと騒動を起こす、やっかいな子です。

スヌーピーは、フリーダから、ウサギ狩りをするようにと、何度も言われます。

記事中

① PEANUTSの教え フリーダとファーロン フリーダ初登場

初登場は、ライナスが、フリーダを、チャーリーブラウンに紹介する場面です。

フリーダは、チャーリーブラウンの近所にきたそうです。

フリーダはチャーリーブラウンに、「こんちは、チャーリーブラウン・・・私の髪、天然カールよ!」と、自分を紹介します。

フリーダは、よっぽど天然カールの髪がお気に入りですね。

大げさに言えば、フリーダの話は、天然カールの髪に始まって、天然カールの髪に終わるという感じです。

フリーダは、「天然カール、ありがたい、ほんとに」と、誇張します。

フリーダは、学校の席は、ライナスの後ろです。

ライナスは、ルーシーにも、フリーダを紹介します。

フリーダはルーシーにも、「天然カールはありがたい。」と言いますが、ルーシーは気に入らない様子で、みるみる恐い顔つきになっていきました。

ライナスは、ルーシーの恐い雰囲気を感じ取り、「お願いだからなぐらないで・・・」と言いました。

先が思いやられますね。

そののち、ルーシーとフリーダは、シュローダーをめぐっての、恋のライバルになっていきます。

シュローダーは、二人に対して、特別な感情はありませんでした。

フリーダは、話し上手が自慢と言いますが、自分の髪の自慢し過ぎが、うるさがられてしまったようです。

② PEANUTSの教え フリーダとファーロン チャーリーブラウンがスヌーピーをかばう

フリーダは、スヌーピーの所によく来るようになります。

フリーダがいつ来ても、スヌーピーは犬小屋の上で寝ています。

フリーダは、スヌーピーに、「なまけもののこのマヌケ犬!何で一日中そこに寝てるの?!犬小屋から起き上がってウサギでも追っかけたらどうなの!」と言いました。

そばでそれを聞いたチャーリーブラウンは、「オイ、ちょっと待てよ!僕の犬に命令しようとしたりして、きみ一体自分を誰だと思ってるんだい?」と、フリーダに言い返しました。

フリーダは言い返さず、うなだれています。

チャーリーブラウンは、言い出したら止まりません。

チャーリーブラウンは、フリーダに「人に命令するなんて自分を誰だと思ってるの?何さまのつもり?!どうして人のことに口出しするの?!」「キミの忠告聞きたかったらこっちからたずねるよ!かえれよ?!」と言い、とうとうフリーダを追い返してしまいました。

チャーリーブラウンにとっては、自分の可愛い飼い犬のスヌーピーが、一方的に言われて、しかも叱りつけられて、頭にきたのだと思います。

フリーダは、しょんぼりして帰りましたが、チャーリーブラウンは、興奮が収まった後、スヌーピーに「ほんとにウサギを追いかけるべきかもしれないよ。」と言うのでした。

スヌーピーは、寝たまま黙って聞いています。

チャーリーブラウンが、フリーダに対して怒ったのは、フリーダがスヌーピーに命令した内容ではなく、命令したという行為に対してなのですね。

③ PEANUTSの教え フリーダとファーロン ファーロン初登場

フリーダの初登場から、2か月半過ぎた、1961年5月23日に、ファーロンが初登場します。

フリーダは、いつ来ても犬小屋の屋根の上で寝ているスヌーピーが、気に入りません。

フリーダは、スヌーピーに、「この辺で、ただ一匹の動物だから、自分は王様だって思ってるんでしょ?」「いいわ、わたしが何するかわかる?ネコを飼うのよ!」と言います。

スヌーピーは、身体を精一杯伸ばし、フリーダの顔に自分の顔を突き合わせ、「まさか!?」といいます。

スヌーピーは、うろたえて元気がありません。

フリーダは、「スヌーピーに身のほどを知らせるのよ。彼はそんな貴重人物じゃないって、みせてやるのよ!」と言います。

フリーダは、チャーリーブラウンから、なぜゴタゴタを起こすのか、と非難されました。

それでも、フリーダは、「そうすべきだからよ。スヌーピーは長い間、恵まれすぎてたわ!ストップさせなきゃ!」と言います。

まるで、フリーダは、スヌーピーを目のかたきにしているかのようですね。

フリーダのママが、フリーダのためにファーロンを買いました。

そして、とうとう、ファーロンの登場です。

フリーダは、ファーロンを抱っこして連れてきました。

フリーダは、スヌーピーに、ファーロンを紹介します。

スヌーピーは、人間やウッドストックや虫達の言葉はわかりますが、ネコ語はわからないので、困り顔です。

スヌーピーは、くにゃとしているファーロンを見て。「おどろいたな?!」「ついに骨抜きネコが発表されたよ。」と思うのでした。

結局、スヌーピーとファーロンは仲が悪くなっていくといいます。

ファーロンは、歩くのが嫌いなネコで、足が汚れるのがいやだから、歩かないのです。

そして、ファーロンは、いつもフリーダや、誰かに抱っこされています。

しかし、フリーダが図書館やお店へ行くから、その間ファーロンをみててといっても、仲間達は嫌がって立ち去り、ライナスやスヌーピーが、抱っこするはめになるのでした。

スヌーピーはファーロンを抱っこして、アップアップしていました。

ファーロンが居ても、スヌーピーはスヌーピーです。

スヌーピーの存在が薄れることは、ありません。

④ PEANUTSの教え フリーダとファーロン 野球チーム

フリーダは、チャーリーブラウンの野球チームに入ることを、自分からチャーリーブラウンに言いました。

ただし、帽子をかぶらなくていいのなら、という条件付きでした。

フリーダは、自慢の天然カールの髪の毛を、隠したくないのだと言います。

フリーダは、ルーシーと外野を守っていて、「チャーリーが打球が高く上がりすぎるように投げているんじゃないの…見上げてクラクラするわ」と言います。

また、ゴロを打たれても、チャーリーブラウンの投げ方が悪いせいだと言い、ルーシーとフリーダはかがむのがつらいのだそうです。

フリーダは外野で、すぐそばに球が落ちても取ろうとしないため、チャーリーブラウンから大声で注意されました。

まるで、ルーシーのようですね。

これでは、頼りになりませんね。

チャーリーブラウンは、4月~9月、長いシーズンになりそうだと思うのでした。

そんなフリーダですが、自分から野球チームに入ると言ったということは、いやいや無理やりやっていわけではないので、その点では安心ですね。

⑤ PEANUTSの教え フリーダとファーロン ウサギ達

元来、ビーグル犬は、狩猟犬です。

天気がいいと、フリーダはスヌーピーを、ウサギ狩りに誘います。

しかし、スヌーピーには、ウサギの匂いがわからないのです。

スヌーピーは、狩りで可愛いウサギ達と出会い、友達になりました。

ウサギ達は、BUNNIES、といいます。

BUNNIESは、スヌーピーが入院した時、お見舞いに来てくれて、優しい子たちです。

病院でベッドに寝ているスヌーピーに、二匹のウサギが寄り添っていました。

また、BUNNIESは、スヌーピーの犬小屋に遊びに来て、スヌーピーのおなかの上に、四匹全員で重なって乗ったり、BUNNIESは、スヌーピーのことが大好きです。

スヌーピーもBUNNIESが、大好きです。

スヌーピーにとっては、可愛いBUNNIESの狩りをするなんて、とんでもないことです。

1964年12月6日のことです。

スヌーピーは、フリーダと狩りに出かけ、フリーダが、別々に行動した方がいいかもね、と言うため、1時間後に戻るということになりました。

スヌーピーは、BUNNIESのところへ、すっ飛んでいきました。

そして、いつもより大勢のBUNNIESと、手をつないで輪になりダンスをして、楽しい時間を過ごしました。

「幸せは敵を愛すること。」が、スヌーピーのポリシーといいます。

スヌーピーは、時間が来たので、バイバイと手をかざし、フリーダとチャーリーブラウンの所へ帰りました。

チャーリーブラウンは、不思議そうな様子を見せました。

スヌーピーは、ウサギを探すふりをして、実はBUNNIESと一緒に遊んだことは、内緒にしました。

BUNNIESが可愛いところをみると、スヌーピーは、可愛いもの好みなのですね。

BUNNIESがスヌーピーの所へ遊びに来るとき、フリーダに見つからなければいいけど、と私は心配になりました。

ウサギ狩りして、ウサギを捕まえて、どうするのでしょうか?

フリーダの狩りのターゲットになるとは、かわいそうなBUNNIESです。

みんな、逃げるんだ、と私は思いました。

⑥ PEANUTSの教え フリーダとファーロン まとめ

PEANUTSで、フリーダは、1960年代の常連でした。

ファーロンも同様です。

何となく、あまりいい印象を持たれないようなフリーダですが、フリーダのいいところを、探してみました。

フリーダは、雪の日に喜び、「雪だわ!」「なんて美しい景色でしょう・・・」「すべての自然が雪の毛布の下で眠ってる。」と言っていました。

自然を愛するということは、心がきれいなのでしょうね。

また、フリーダはライナスの安心毛布に理解を示し、「いいことだと思うわ。つまり、それで安心感を得られるならそうすべき。」と言いました。

ライナスは嬉しがり、フリーダの手にキスをしました。

フリーダは、その人の身になって物事を考えられるのですね。

その次に続いたフリーダの言葉は、「私の髪、天然カールなの・・・」でした。

フリーダがこんなに天然カールを気に入って、フリーダの両親は、嬉しくて涙が出ちゃいますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました