タイトル上

PEANUTSから学んだこと 【不思議なピッグペン】

PEANUTSから学んだこと

PEANUTSで、ピッグペン(Pigpen)は、 1954年7月13日に初登場しました。 ピッグペンはいつも埃まみれです。

ピッグは豚で、ペンは(家畜)小屋で、ピッグペンは豚小屋という意味です。

また、ピッグペンは呼び名で、本名は不明です。

記事中

① 不思議なピッグペン 初登場の頃

1954年7月13日、ピッグペンは初登場しました。ピッグペンが一人で泥んこ遊びをしている時、パティが声を掛けて来て、ピッグペンに名前を聞きます。

ピッグペンは「笑わなければ教えるよ…」と言い、パティにピッグペンという名前を教えます。

皆に初めて会った時から、皆はピッグペンに泥まみれ、汚いということを言い続けます。

それでもピッグペンは明るく皆と関わります。

ピッグペンは自分のことを、考えることはきれいなもんだ、お風呂は好き、汚れる方がもっと好きと明るく言います。

ピッグペンは、汚れていないと落ち着かなくなるくらい、埃まみれに慣れてしまったのですね。

パティはピッグペンが汚れていることをいつも気にし、ピッグペンに汚れているということを繰り返し言います。

ピッグペンが動いて周りが埃まみれになると、皆、埃がおさまるまでじっとして待っているのです。

1954年9月、パティはピッグペンの体を洗うためのバケツ等道具を持ってピッグペンの所へいったところ、ピッグペンは自分で体を洗っている最中でした。

パティはピッグペンをきれいにしようとしたのです。ありがたいですね。

チャーリーブラウンもピッグペンが汚れていることをよく指摘します。

仲間達は汚れているピッグペンを、何とかきれいにしてあげたいと思うのでしょうね。

そんなピッグペンですが、お風呂に入ってきれいになると、見ちがえります。きれいになり、ピシッと決まっていて、別人のようになります。

しかしピッグペンはきれいでいるのも束の間で、またすぐに汚れてくるのです。

チャーリーブラウンはピッグペンのことを、かわいそうと思うのですが、ピッグペンがくれたキャンディは食べれず、食べなくてもいいように、わざと地面に落としたりしていました。

1955年1月、ピッグペンが作った雪だるまはピッグペンと同じように泥まみれですが、可愛い顔をしていて、ピッグペンと並んで嬉しそうです。チャーリーブラウンは「世界一汚い雪だるまでござーい」と笑顔で言いました。

ピッグペンは自然と泥だまりに惹かれるのだそうです。しかしピッグペンはあからさまにチャーリーブラウンから笑われると、とうとう怒るのでした。

1955年7月、ピッグペンは誕生パーティーの帰りにチャーリーブラウンに会います。とてもきれいでピシッと髪を整えて、ブレザーを着たピッグペンは、まるで別人です。

皆ピッグペンだと分からなかったとのことですが、本当に分からないのは無理もありません。

きれいな時のピッグペンは清潔感ばっちりなのです。

野球の時のピッグペンの周りの埃の立ち方は、半端ではありません。周りが見えない程です。

普段の道でも、ピッグペンが歩くと、何事が起きたのかと思うくらいの埃が立つので、これにはスヌーピーも参っていました。

ピッグペンの汚れに対する本人の意識が大切です。

ピッグペンは「手をきれいにするのはとても大切だと考えることにしたんだ…」とバイオレットに言ったところ、バイオレットからは「とてもいいことね、ピッグペン」と言われました。

ピッグペンは自分で思いついたのですから、手だけでもきれいにする見込みはありますね。

② 不思議なピッグペン 野球チーム

野球の試合中、ピックペンが走るとものすごい土埃が立って、視界を遮るので、試合がしづらく、チャーリーブラウンはイライラすることもあります。

ピックペンは野球のほかにも、フットボールやアイスホッケーも皆と一緒にやっていました。

1960年4月、ピックペンは野球チームで三塁を守ることになります。最初はチャーリーブラウンから二塁はどうかと声がかかりましたが、二塁はライナスになりました。

ピックペンはチャーリーブラウンに三塁をうまくこなすと評価されています。

③ 不思議なピッグペン 埃と共存 

ピッグペンは初登場した幼い頃から、服・髪・顔、つまり全身、泥まみれのような状態で、特に泥遊びをしている時は、泥とピッグペンの見分けがつきません。

ピッグペンはバイオレットやパティに指さされて、汚いと言われ続けています。それも二人から、ひどい言葉で言われるのです。

パティからは、「完全な落伍者よ!」「いったいどうやったらそんなに汚くなれるの?!」と言われ、 バイオレットからは、「ほんとのろくでなしね…」「道を歩いてるだけで汚れる人なんてあなただけよ!」 と言われます。

1956年1月、バイオレットが鏡を差し出し、よく自分の姿を見るように言うと「こんなにイカスとは思わなかったよ」と誇らしげなピッグペンだったりします。

その後もバイオレットとパティに全身が汚いと言われます。

するとピッグペンは「シミひとつない良心!」と言い返しました。

パティ、バイオレット、チャーリーブラウンは、ピッグペンがきれいになることに、望みをかけていたのだと思います。そのため、どうしてもピッグペンに、汚れていることを、しきりに言ったのだと思います。

1956年6月、ピッグペンは洗面所で、手を洗っても洗ってもきれいにならないと言いあせり、ママを呼びます。

その時のピッグペンは不安そうでした。

1956年8月、ピッグペンが歩いている時、雨が降ってきました。

すると、ピッグペンの汚れはすっかり落ちました。ピッグペンは誰かわからない程きれいです。

ピッグペンは「チェッ」「たった一分間の雨で、まる一日の成果が台なしだ!」と残念がるのです。

これは、埃依存症とはまた違って、ピッグペンの体の特異な性質によるものなのですね。

その時々で、ピッグペンは埃を寄せ付けるという特異な体質と、うまく共存しています。

ピッグペンは大変です。

④ 不思議なピッグペン 埃磁石と自分で言う

1959年11月、完全にきれいになったピッグペンは、誰かわからないほどで、まるで別人です。

でもチャーリーブラウンには、すぐにピッグペンとわかり声を掛けていました。

ピッグペンは「今はきれいだけどいつまでもつか・・・」「ボクの苦境わかるだろう!」と、できればきれいなままいたいのか、と思わせるようなことを言います。

ピッグペンは完全にきれいでいても、1分でも家から出ると、みるみる汚れてくるのです。

そのためピッグペンは自分のことを「埃磁石」と言っています。

ピッグペンはチャーリーブラウンと話しているうちに、じわじわと少しずつ汚れてきてしまいました。

⑤ 不思議なピッグペン 映画館

1976年4月、ピッグペンは映画館へ行きます。

ピッグペンは映画館へ行きながらも行ってからも、埃まみれです。

映画館ではマーシー、バイオレット、パティ、サリーがいます。サリーが家に帰ってチャーリーブラウンに言うには、ピッグペンが最前列に座ったら埃でスクリーンが見えなくなり、上映中止になったといいます。

私は、ピッグペンが気の毒で、言葉もありません。また、せっかく映画館に行った仲間達も同様に気の毒です。

⑥ 不思議なピッグペン ペパーミントパティ

1980年2月、ペパーミントパティは、バレンタインデーのディスコ・ダンスの相手を探してくれるようにと、電話でチャーリーブラウンに頼みます。

するとチャーリーブラウンはペパーミントパティに、ピッグペンを紹介したのです。初めはペパーミントパティはピッグペンを見て驚きましたが、埃は立ってもダンスが上手なピッグペンを、ペパーミントパティは気に入りました。

ペパーミントパティがピッグペンにお礼を言うと、ピックペンはペパーミントパティの頬にキスをしたのです。ペパーミントパティはピッグペンに恋してしまいました。

ピックペンはチャーリーブラウンに、ペパーミントパティのことを「ぼくの格好のこと、一度としてとやかく言わなかったんだよ」と言います。

ペパーミントパティは最高のバレンタインデーだったと言いましたが、ピッグペンにとっても嬉しいバレンタインデーで、お互いに楽しくて良かったですね。

⑦ 不思議なピッグペン 学校

ピッグペンはもちろん埃まみれのまま学校へ通います。

1984年11月、清掃員がピッグペンを埃と思い掃き出してしまうので、先生にピッグペンはいないと思われてしまうことがありました。

机も椅子も埃まみれです。

そして、ピッグペンは髪の毛に枯れ葉がたくさんくっついていて、髪に熊手を入れるのを忘れていた時がありました。

何と、髪に熊手を入れるのですね。

つまりは、埃以外に枯れ葉などゴミも吸い寄せるのですね。

1990年9月、ピッグペンは学校で生徒会長に立候補しました。チャーリーブラウンは「まず少しきれいにしたほうがいいんじゃないかな…」と助言します。選挙用写真はスヌーピーと並んで撮りました。

残念なことに、ピッグペンは落選してしまいましたが、堂々としていたピッグペンです。

ピッグペンが少し動いただけでも埃が立つことは、ピッグペンにもどうにもならないことで、どうしようもないことなのです。

⑧ 不思議なピッグペン まとめ

PEANUTSで、ピッグペンは外見は埃まみれでも、心はきれいです。そしてピッグペンは、持ち前の明るい性格で皆と一緒に過ごしています。

ピッグペンの埃を吸い寄せるという特異性に対しては、仲間達の理解と納得が必要です。仲間達はピッグペンを何とかきれいにしようと、きつい言葉ではあっても、働きかけています。

パティがピッグペンをきれいにしようと、バケツなど一式を持ってピッグペンの所へ来たことは、忘れられません。私は、パティのことを、なんて優しいんでしょう、と思いました。

ピッグペンは、自分の特異性を認めて生きているのですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました