タイトル上

PEANUTSの教え ウッドストックのおじいちゃん

PEANUTSで、ウッドストックのおじいちゃん(WOODSTOCK’S GRANDFATHER) は、1994年1月6日に、登場します。

同年1月4日から1月8日にかけて、おじいちゃんが生活していた鳥かご、その鳥かごのそばに居るスヌーピーとウッドストック、おじいちゃんが毎日つけていた日記が描かれています。

おじいちゃんは、無事、鳥かごから脱出し、そこにはもういませんが、残された日記から、鳥かごにいた時の、おじいちゃんの様子がわかります。

記事中

① PEANUTSの教え ウッドストックのおじいちゃん 鳥かごの中で

ウッドストックのおじいちゃんは、人間に捕まり鳥かごの中で生活していました。

おじいちゃんは、鳥かごの中が、よっぽど嫌だった様子で、怒ったような不機嫌な顔つきです。

なぜ人間に捕まってしまったのか、後悔といっても、きっと一瞬のできごとで、運が悪かったとしか思えません。

おじいちゃんは、鳥かごの中では、何もできず、じっとしているしかなく、毎日、不満な気持ちを日記に書いて、鳥かごから脱出する時のことを、考えていたのです。

ウッドストックには、自分専用ののタイプライターがあって、スヌーピーの秘書をしています。

その、ウッドストックのおじいちゃんであるところから、日記を書くというのは、ウッドストックがタイプライターの文字を打つのとは、方法は違いますが、文字を残すという点では、おじいちゃんと孫で、似ていると思います。

ウッドストックのおじいちゃんは、鳥かごの中にいて、不愉快でたまらず、それが顔に出るのも無理はありません。

② PEANUTSの教え ウッドストックのおじいちゃん 日記

ウッドストックのおじいちゃんの日記から、おじいちゃんは、6週間も鳥かごの中にいたことがわかります。

おじいちゃんの日記には、「ここはいやだ!」と、3日間毎日書かれ、「なぜわしはここにいるんだ?悪いことは何もしてない…ここはいやだ!わしも他の鳥のように空をとびまわれたい!」と、書かれています。

これが、おじいちゃんの、鳥かごの中での全ての思いだと思います。

人間に捕まったのが一瞬の出来事なら、鳥かごから脱出して空へ戻るのも一瞬の出来事です。

おじいちゃんの日記には、「週に一度、この鳥かごは外のお日様の下に出される、いずれこの小さな扉は開け放しにされるだろう…」と、書かれていることから、おじいちゃんは鳥かごから出られるチャンスをうかがっていたことが分かります。

空を飛んでいる時は、あれこれいろいろ考えられるのに、鳥かごの中では、とにかく脱出することで、おじいちゃんの頭の中はいっぱいだったと思います。

そのあと、おじいちゃんは、鳥かごから脱出できた様子で、日記は悲観的な内容になる寸前で終わっています。

おじいちゃんの日記は、ウッドストックへの、奇跡的なメッセージのように思えます。

③ PEANUTSの教え ウッドストックのおじいちゃん 鳥かごは捨てられていた

鳥かごは、ウッドストックのおじいちゃんが生活していた時は、しっかりした鳥かごの形でしたが、今は、鳥かごの形はゆがみ、鳥かごの中心が片方に傾き、劣化した状態です。

おじいちゃんが脱出してから、月日は経っているようです。

他のいろいろな日用品が、ゴミとなって捨てられ、そのまま放置されている場所に、おじいちゃんの鳥かごは置かれていました。

鳥かごの下部の扉は開いたままの状態で、おじいちゃんが脱出した時のままになっています。

日記が鳥かごの底に落ちているのを、スヌーピーが見つけました。

ウッドストックのおじいちゃんは、今はどこにいるのでしょうね。

④ PEANUTSの教え ウッドストックのおじいちゃん スヌーピーとウッドストック 

スヌーピーは、日記が鳥かごの底に落ちているのを見つけた時、ウッドストックに日記を読んで聞かせ、ウッドストックのおじいちゃんのことを、いろいろ思い巡らします。

スヌーピーは、ウッドストックのために、一生懸命です。

ウッドストックは、スヌーピーが居ることで、心強いですね。

いざという時、頼りになるスヌーピーです。

⑤ PEANUTSの教え ウッドストックのおじいちゃん ウッドストック 

1996年2月6日、 ウッドストックは、スヌーピーと犬小屋の上で、王様の話をしていて、その話の中で、おじいちゃんのことをいいます。

ウッドストックは、ふとした時に、おじいちゃんのことを思い出すのですね。

ウッドストックのおじいちゃんの鳥かごが見つかった時より、ずっと前の1975年6月8日、犬小屋の上で、スヌーピーとウッドストックがうとうとしている時、ウッドストックは自分が鳥かごに入った夢を見ました。

その時、ウッドストックは、夢の中で冷や汗を飛び散らし、目を覚ましてからも、冷や汗を飛び散らします。

そして、ウッドストックは、スヌーピーに、もたれかかります。

ウッドストックにとって、鳥かごは恐怖なのです。

また、その後しばらくして、スヌーピーは、ウッドストックに歌を歌わせている時、スヌーピーは冗談で「上手すぎると鳥かごに、放り込まれるよ!」「どこかにつるされた鳥かごの中で、一生くらすなんてどう?」といい、ウッドストックをからかいました。

すると、ウッドストックは、スヌーピーの胸に抱きつきました。

ウッドストックにとって、鳥かごという言葉は、冗談でも身に応えるため禁句ですね。

⑥ PEANUTSの教え ウッドストックのおじいちゃん まとめ

PEANUTSで、ウッドストックのおじいちゃんの登場は、貴重な場面です。

ウッドストックのおじいちゃんの日記は、ウッドストックが持ち帰ったのでしょうか。

ウッドストックの宝物になりますね。

鳥かご生活には自由がなく、ウッドストックのおじいちゃんや、ウッドストック達、野生の小鳥にとっては、鳥かごは何よりも嫌なものだということが、よくわかります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました