タイトル上

PEANUTSの教え スヌーピーの足人形劇場

PEANUTSで、スヌーピーは、1974年から、足人形劇場を開催しています。(毎回、日曜版に書かれています。)開催場所は、スヌーピーの犬小屋の上です。

スヌーピーは、両前足に足人形をはめ、また、後足のどちらかにも足人形をはめ、さらに、鼻にも足人形をはめることもあり、4本の足とからだを上手に動かします。

仲間からの評判も良く、皆を楽しませています。

記事中

① PEANUTSの教え スヌーピーの足人形劇場 「戦争と平和」

1974年3月17日です。スヌーピーの足人形ショーは、午後1時からの開催です。

しっかり、開催時間のポスターも貼られています。

お客さんは、チャーリーブラウンとルーシーです。

足人形ショーのこの日の題名は、「戦争と平和」です。

「戦争と平和」は、帝政ロシア末期の小説家レフ・トルストイが著した長編小説。トルストイが36歳のときに執筆を始め、1865年から1869年にかけて雑誌「ロシア報知」で発表した。サマセット・モームは、「世界の十大小説」で、「あらゆる小説の中でもっとも偉大な作品」と評している。

引用:Wikipedia

(サマセット・モームは、イギリスの小説家、劇作家です。)

スヌーピーは、鼻にも足人形をはめています。

これは、ダンスを踊っているのではなく、ストーリーを演じているのです。

足人形も、ストーリーに応じて、様々な足人形に、そのたび何回も付け変えるのですから、スヌーピーは本当に凄いのです。

ストーリーは、チャーリーブラウンも、しっかり把握しています。

スヌーピーは、全ての足人形が、足や鼻から、はずれないように、足人形をはめた足や鼻は、上に挙げています。

しかも、スヌーピーは、片足立ちです。

また、足人形を立たせた状態に見せるために、足人形の角度に気を付けています。

スヌーピーは、素晴らしいです。

ルーシーが、「6時間ここに立ってるってのは、長いわね・・・。」と言い、チャーリーブラウンは、「ほんとだね。」「だけど他のどこへ行けば、戦争と平和を、指人形で見られるっていうんだい?」と、言います。

演じているスヌーピーは、ずっと動いているのです。

6時間もやるのですか・・・??? もちろん、休みながらですよね。

演じているスヌーピーも、見ているチャーリーブラウンとルーシーも、この足人形ショーに、価値を感じているように思います。

② PEANUTSの教え スヌーピーの足人形劇場 仲間が楽しむ

1974年3月24日です。お客さんは、ウッドストック一羽です。

立て看板には、「息もつかせぬおもしろさ!!」と、書かれています。

この日の題名は「風と共に去りぬ」です。

スヌーピーは、「いつも、ウッドストックは、レット・バトラー(夫)が、スカーレット(妻)を捨てて、出ていくところが好きなんだ・・・。」といいます。

ウッドストックは、犬小屋の屋根に乗り、隅の方で楽しんで見ています。

スヌーピーは、この日も、鼻にも足人形をつけています。

鼻に足人形をつけるときは、顔を上向き加減にしないと、足人形が落ちてしまうので、相当たいへんですね。

1974年4月28日、お客さんは、チャーリーブラウンとバイオレットです。

チャーリーブラウンが、途中でバイオレットに感想を聞いたところ、バイオレットは「大したもんだと思うわ・・・。」と、答えます。

バイオレットがほめるくらいですから、スヌーピーの凄さは本物です。

二人とも、スヌーピーのショーを、しっかり見ています。

バイオレットが、「実をいうと、ここへ来た主な理由は、学校新聞にこの芝居の批評を書くためなの・・・。」と言うと、スヌーピーは、歯をむき出して嬉しそうに笑い、バイオレットの方を向き、盛んにアプローチします。

スヌーピーは、嬉しいですね。 チャーリーブラウンは、真顔です。

1974年6月30日、この日は、チャーリーブラウンとルーシーがお客さんです。

題名は「ボー・ジェスト」です。

「ボー・ジェスト」は、イギリスの作家P・C・レンによって1924年に発表された冒険小説である。

引用:Wikipedia

人が馬に乗った足人形が、スヌーピーの両前足にはめられていて、ストーリーは始まります。スヌーピーは、耳を立てて耳も動かして、名演技です。

スヌーピーは、途中、休憩と書かれた、横に長い札を出しました。

チャーリーブラウンは、「長い第一幕だったなぁ… ちょっと歩きまわるかい…足をのばそうか?」とルーシーに言い、ルーシーは、「水を一杯いただきたいわ。」と言います。

その長いストーリーを演じるスヌーピーは、本当に素晴らしいです。

③ PEANUTSの教え スヌーピーの足人形劇場 「創世記」

1974年8月11日です。お客さんはチャーリーブラウンとルーシーで、題名は「創世記」です。

「創世記」旧約聖書の最初の書であり、正典の一つである。写本が現存しておりモーゼが著述したとされている。

引用:Wikipedia

創世記は、「はじめに神は天と地とを創造された。」で始まります。

チャーリーブラウンがルーシーに、「旧約聖書全部を、人形芝居で見たことなんてあるかい?」と聞くと、ルーシーは、「いいえ、あるとは言えないわ・・・。」と答えます。

ストーリーを把握しているチャーリーブラウンが、ルーシーに、注意しなければいけない場面を教えようとした時、ルーシーは、犬小屋の上のスヌーピーから、バケツで水を頭に浴びせられました。

水の量は、バケツに一杯ですから、ルーシーは、ずぶ濡れです。

チャーリーブラウンが、「紅海の水が裂ける場面さ!」と言いますが、ルーシーは怒りません。

スヌーピーは、演技を続けます。

ルーシーは、びっくりしても、何とも言えなくて、かわいそうです。

スヌーピーがバケツを逆さにする時に、犬小屋の真横にいなければ、水をかけられなくてすみそうです。

チャーリーブラウンが、ルーシーに、そのことを教えるタイミングが遅いのです。

④ PEANUTSの教え スヌーピーの足人形劇場 大きなサメの足人形

1975年11月30日、この日は、ルーシーがお客さんです。

立て看板には、題名が、「歯(ティース)上演中 興奮 恐怖」と、書かれています。

スヌーピーは、可愛い足人形を足にはめ、演技に没頭しています。

ルーシーは、立て看板に書かれていた怖いシーンに期待しています。

ずっとスヌーピーの演技を見ていたルーシーが、とうとう「いつになったら、怖いところになるの?」と言った次の瞬間に、スヌーピーは、スヌーピーのからだの2倍程ある大きなサメの足人形を、前足にはめて登場させました。

ルーシーは、神妙な顔で、じっとサメの足人形を見ています。

スヌーピーの表情は、すましたままで変わりません。

よくできている、サメの足人形です。

スヌーピーは、お客さんが一人であっても、しっかり演技するところが、とても偉いです。

⑤ PEANUTSの教え スヌーピーの足人形劇場 感動の大作 

1977年9月4日、お客さんは、チャーリーブラウンとルーシーです。

入り口に、「EPIC」(感動の大作)という札が、かけられています。

立て看板に、[POWPET SYOW TODAY   CAST OF THOUSANDS] と書かれています。

日本語では、[足人形 本日上演 登場人物 数千人] という意味になります。

しかし、いつものショーの時より、登場する足人形が少ないのです。

しかも、いつもは凝った作りの足人形が使われるのに、この日の足人形は、テルテル坊主に似た足人形で、ちょっと変です。

ルーシーは、「何よ、これ?」「登場人物数千人ってのは、どこにいるの、入場料を払い戻すべきだわ!誇大広告よ!」と、チャーリーブラウンに言います。

次に、スヌーピーは、コックさんのような帽子をかぶった男の人の足人形を、1つだけ前足にはめ、その足人形を振る演技をします。

ルーシーが、その足人形を見て、チャーリーブラウンに「今度は誰なの、あれ?」と、聞いたところ、チャーリーブラウンは、「主人公さ・・・ジョー・サウザンズっていうんだ!」と、答えました。

私は、意味がさっぱり、わかりませんでした。しばらく、困ったな、どうしようと悩んでしまいました。

そして、ついにめでたく、意味がわかりました。

THOUSANDSというのは、数千という意味で、サウザンズと読みます。それに、男の呼び名のジョーを付けて、主人公ジョー・サウザンズとしたのですね。

つまり、登場人物数千人、ではなく、登場人物ジョー・サウザンズ、ということですね。

参りました。お手上げにならなくて、よかったです。本当、感動の大作です。

考えたのは、誰でしょうか? チャーリーブラウンでしょうか? そうだとしたら、チャーリーブラウンには、かないません。

また、スヌーピーは、1976年2月29日には「ベン・ハー」、1984年9月2日には「バラのビーグル」、1990年2月25日には「足人形アイスショー」、1995年10月1日には「空飛ぶ魔法の絨毯」、という題名で、足人形劇場を開催しています。

⑥ PEANUTSの教え スヌーピーの足人形劇場 まとめ  

PEANUTSで、スヌーピーの足人形劇場を見て、スヌーピーの凄さを、またまた知りました。

仲間達は、まだ子供なのに、難しい題名の人形劇を見るのですね。大人の私は、顔負けです。

スヌーピー、足人形劇、本当にお疲れさまでした。すばらしかったです。ゆっくり休んで、また楽しませてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました