タイトル上

PEANUTSの教え 夜空での仲間達

PEANUTSで、星の夜空を眺めてキャラクター達が会話するシーンは、神秘的です。仲間達の会話は、自然と星や宇宙の話題になっていきます。また、仲間達の素朴な疑問もほほえましいです。そして、月が夜空を明るくしています。

記事中

① PEANUTSの教え 夜空での仲間達 チャーリーブラウン ルーシー ライナス

チャーリーブラウンは、幼い時から、夜空に広がる星空を見て、その奇麗さを知っていました。思わず両手を上げて、奇麗な夜空を喜んでいました。

そして、チャーリーブラウンは、ルーシーまたはシャーミーと星空を見ながら、よく会話しています。

ルーシーは、火星は近いとはいってもさわれない、月が落ちてきたらどうしよう、等と言い、あどけないです。

キャラクター達が夜空を見上げているシーンは、名シーンだと思います。

チャーリーブラウンは、パティとたくさんの星の夜空を眺めていて、急に元気がなくなり、自分の存在がむなしく思えてきた、と言います。

ライナスもチャーリーブラウンと同様で、たくさんの星を見ていると、自分がちっぽけな存在に思えてくると言います。

ライナスは、チャーリーブラウンに共感しています。夜空と自分を比べてしまうのですね。

また、チャーリーブラウンは、ライナスに、「宇宙の巨大さを考えたことある、ライナス?」「星々の彼方に何があるのか誰も知らない・・・。」と、夜空に両手を上げて話します。

私は、色々思うチャーリーブラウンこそ、夜空と同じように、巨大な人物だと思います。

そして、チャーリーブラウンは、星空を見ながら、サリーに星のことをいろいろ教えています。

ルーシーは、「星って平和ね、チャーリーブラウン?」「ずっと星を見つめてていると、悩みがみんなどうでもよくなって消えてしまうんだって・・・。」と、チャーリーブラウンに言います。

ルーシーは、星に願いを込めているのですね。ルーシーは、星が大好きです。

皆、流れ星や星座は大好きです。チャーリーブラウンとルーシー、ライナスは、外でよく星の話をしますが、特に夜空を見ながら話すルーシーは落ち着いています。

ルーシーは、昼間のようにガミガミ言う様子はありません。奇麗な星たちを見て、星に意識がいきます。ルーシーは星についての勉強もしたそうです。

ルーシーは、夜空を見ながらチャーリーブラウンに、真面目に流れ星の話をします。

ルーシーは、チャーリーブラウンに、「自分の幸運の星ってあると思う?」と聞き、さらに「あなたにはあると思うわ、チャーリーブラウン…。」「今流れた星よ!」と言います。

ルーシーは、チャーリーブラウンの幸運を願っているのです。ルーシーの感動的な言葉です。

ライナスは、ハローウィンの日の夜、待っても来なかったカボチャ大王に対し、夜空に向かい、「さよなら、また来年まで、カボチャ大王!」「さらば、さらば、さらば!何もかもありがとう!」と言っています。

ライナスは、カボチャ大王への期待が叶わなくても、誰もいないところで、夜空にお礼を言うのです。

夜空はしっかり聞いていると思います。

② PEANUTSの教え 夜空での仲間達 スヌーピー 

スヌーピーは、犬小屋の上で寝るので、夜空との付き合いは毎日のことです。

スヌーピーの夜空での相手は、主に月です。夜空の月を眺めて話をしたり、月に向かって吠えたりします。「月に犬はいるのかなあ?」と思い、月では犬が人間を仕切っているのかと考えたりします。

また、スヌーピーは、時には星を眺めて、星の普遍さに感心させられるといい、星について、見上げるたびに安心感を与えてくれるといっています。

スヌーピーは、星達を、いつもいてくれて、ありがたいと思っているのですね。スヌーピーは、犬小屋の屋根に座り、時々星をじっと見ています。

スヌーピーは、夜空を見ていて、静けさのあまり何かが足りないと思い、吠えてしまうのだそうです。

スヌーピーは、犬小屋の上で寝るのは、閉所恐怖症のためもあるけど、月のあかりがないと寝付けないんだともいっています。

スヌーピーは、月から安心をもらっているのです。

スヌーピーは、夜になると、おなかがすいたり、寝苦しかったりして落ち着かないことも多いですが、何とかなっています。

スヌーピーは、特にキャンプの時、夜空の美しい月や星に感激しています。「なんて美しい夜だ…」「満月だ・・・」「・・・そして空には数えきれぬほどの星・・・」といい、テントの上で寝ることもあります。

スヌーピーの夜には、よく月が一緒にいて、月がスヌーピーを守っているように見えます。いつもスヌーピーと一緒にいるのは満月です。

③ PEANUTSの教え 夜空での仲間達 まとめ

PEANUTSで、夜空の星や月を眺めている仲間達は、皆さまざまなことを思っています。

仲間達は、星も月も手が届くようで届かない、近くにあるようですごく遠いことを、一人一人が理解していきます。

満月が、いつもスヌーピーを守っているようで、とても印象的です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました