タイトル上

PEANUTSから学んだこと それぞれのクリスマス

PEANUTSで、クリスマスはキャラクター達の大きな楽しみになっています。

それぞれのクリスマスでの様子に、キャラクターの個性が見えます。

みんなは、サンタクロースを信じているのです。

子供達の特権ですね。

記事中

① PEANUTSから学んだこと それぞれのクリスマス スヌーピーとウッドストック

1979年12月23日スヌーピーに、「クリスマスまでは開けるべからず」、というプレゼントの箱が

二つ届きました。

スヌーピーは二つともすぐに開けてしまいました。

中身は毛糸の帽子とネクタイでした。

両方ともスヌーピー用です。

送り主は誰だったのでしょうか。

スヌーピーの両親でしょうか。

それとも兄弟の誰かでしょうか。

1989年12月24日、スヌーピーとウッドストックは自分達は人間でないため、サンタクロースには縁がないと思い悲観していました。

そこへ、空からたくさんのプレゼントが降ってきて、カードまでありました。

新しい改造型のサンタクロースからのものでした。

きっと、かわいいスヌーピーやウッドストックを天が喜ばせたくて、プレゼントを降らせたのですね。

天は、人間のことだけでなく、動物達のことも平等に見ているのですね。

生き物は皆、平等ですね。

② PEANUTSから学んだこと それぞれのクリスマス チャーリーブラウン

1964年12月20日、チャーリーブラウンは「幸せは宿題なしのクリスマス。」とつぶやきました。

チャーリーブラウンらしいです。

他の年には、チャーリーブラウンはサリーに、おばあちゃんから聞いたサンタクロースの話をしました。

サリーに、靴下を置いておくと、「サンタクロースがそこにリンゴやオレンジを入れる。」という話を教えたのです。

また、スヌーピーのために犬小屋の横に、クリスマスツリーを用意しました。

そして、スヌーピーのごはん皿にスヌーピーの好物のチョコチップクッキーを山盛りにして、プレゼントしました。

このように、チャーリーブラウンはクリスマスの時も、自分のことより、スヌーピーやサリーの世話をしているのです。

それが自分の仕事だと思っていると思います。

チャーリーブラウンはサリーの兄、スヌーピーの飼い主という自覚がしっかりついていて、世話をすることが自然に、当たり前のことになっています。

③ PEANUTSから学んだこと それぞれのクリスマス サリーとルーシー

サリーはチャーリーブラウンから、「靴下を用意するとサンタクロースがその中にプレゼントを入れる」、という話を聞きました。

その後サリーは、暖炉のレンガにたくさんの靴下を貼り付けて、サンタクロースを待ちました。

たくさんの靴下は、サンタクロースを待っているという気持ちと、たくさんの物が欲しいという気持ちの表れですね。

サリーは、子供らしくサンタクロースに期待しています。

靴下がたくさんすぎると、両親はそのたくさんの靴下の全部にプレゼントを入れられないので、サリーはサンタクロースは見て通り過ぎたと思うのでしょうか。

ルーシーは、サンタクロースに「運転に気を付けて来てください。」と手紙を書きました。

これは、ルーシーの本心だと思います。

ルーシーは、サンタクロースが無事に来てくれることを祈っています。

欲しいものを真っ先に書かないところは、優しいルーシーです。

④ PEANUTSから学んだこと それぞれのクリスマス ライナス

1964年12月20日、ライナスはクリスマスの一週間前サンタクロースに、「何もいらない」、という手紙を書きました。

しかし、ライナスがもらったプレゼントは、自転車・玩具・キャンディ・ラジオ・ゲーム・洋服・ 野球道具です。

ライナスは喜ぶどころかチャーリーブラウンに、「やんなっちゃう!これまでで 最悪のクリスマスだ!」「これじゃ個性が伸ばせないだろ?」「欲しい物がみんな手に入っちゃう んだ。」と悲しそうに大声で言ったのです。

他の年のクリスマスにも、ライナスはおじいちゃんとおばあちゃんから、「自転車・レコードプレーヤー・模型の列車・お金を相当・手袋もいくつか・ナイフひとつ・スキージャケット・ミステリーゲーム・パズルをいくつか・スポーツシャツ4着・レーシングカー」をもらいました。

しかし、ライナスはチャーリーブラウンに「その他に何を手にいれたと思う?」と自分のことを問い 、「うしろめたさだよ!」と大声で嘆いたのです。

たくさんのプレゼントが、ライナスを悲しい気持ちにしたのです。

ライナスは、おじいちゃんとおばあちゃんにこんなに気を使わせたこと、自分を喜ばせようとこんなにまでさせてしまったことを、申し訳ないと思ったのでしょう。

ライナスに、おじいちゃんとおばあちゃんの優しい気持ちは、十分に伝わったと思います。

そして、ライナスはルーシーの横で、おじいちゃんとおばあちゃんに、お礼の手紙を書きました。

⑤ PEANUTSから学んだこと それぞれのクリスマス まとめ

PEANUTSで、クリスマスで、ライナスがおじいちゃんとおばあちゃんからもらった数々のプレゼントに、ライナスは得意になったり喜んだりという様子はありませんでした。

むしろライナスは、悲しみでいっぱいになってしまったのです。

ライナスの言う通り、後ろめたさが大きかったのだと思います。

ライナスは、おじいちゃんとおばあちゃんに、ありがたいけれど申し訳ないと強く思ったのですね。

ライナスも利口で、とても優しいのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました