PEANUTS【ビーンバッグチェア】すっぽり包んでくれる

PEANUTSキャラクター達

PEANUTS でビーンバッグチェアは、キャラクター達に愛用されています。

特にルーシーは不機嫌な時によく使います。

しかもルーシーは足だけを上に出し体は下にうずめるので、周囲にはルーシーがすねていることがすぐに分かります。

ビーンバッグチェアでルーシーはすぐに気を取り直すわけではありませんが、ストレスを受けたルーシーが行くお決まりの場所になっています。

ビーンバッグチェアは仲間達のいい日用品です。

①【PEANUTS ビーンバッグチェア すっぽり包んでくれる】日本語で「豆袋椅子」

ビーンバッグチェアとは日本語で「豆袋椅子」のことです。

英語で、bean(豆)、bag(袋)、chair(椅子)で、繋げて、beanbag chair となります。

ビーンバッグチェアは何百万個ものビーズで埋め尽くされた、古典的でとてもソフトなソファです。

ビーズはポリスチレンビーズ(ポリスチレン豆)と言い、発泡スチロールでできていて軽量である程度の強度があります。

日本ではビーズクッションが流行りました。

座り心地は抜群でうっとりする程だと言われています。

②【PEANUTS ビーンバッグチェア すっぽり包んでくれる】初のお目見え

1975年2月5日、ライナスはテレビの前のビーンバッグチェアの中で眠っていました。

そのうちビーンバッグチェアの中で無意識にライナスの体の向きが変わり、目が覚めた時ライナスの背中がテレビの方を向いています。

そのためライナスは誰かがテレビの向きを変えたものと勘違いします。

この時が、ビーンバッグチェアの初めてのお目見えの時です。

ビーンバッグチェアはテレビを見るのには、顔はちょうど出るし、背もたれはあるし、足も支えられて好都合のようです。

ライナスが自然と眠ってしまうのも無理はありませんね。

ライナスはビーンバッグチェアの中でテレビを見ながら眠ってしまうので、ルーシーはライナスをビーンバッグチェアから転がり出して自分が使ったりしました。

それでもライナスは目を覚ましませんでした。

1976年9月28日、ペパーミントパティの家にもビーンバッグチェアがあり、ペパーミントパティも愛用しています。

ペパーミントパティもビーンバッグチェアを気に入っているようです。

ペパーミントパティもその中でテレビを見たり電話をしたり、リラックスしてよく足を上に出し体をうずめています。

1978年7月21日、チャーリーブラウンの家にもビーンバッグチェアはお目見えしています。

ビーンバッグチェアでスヌーピーに会いに来た兄スパイクがくつろいでいます。

③【PEANUTS ビーンバッグチェア すっぽり包んでくれる】ルーシーとライナス

機嫌悪い時のルーシーは必ずビーンバッグチェアに行き着きます。

1979年1月、ルーシーは機嫌悪い時は誰かが使っていても追い出して、自分が使うのです。

ルーシーは「私のビーンバッグチェア」と言います。

ライナスはルーシーには逆らえません。

ルーシーが機嫌悪くなくても、ビーンバッグチェアを使う権利はライナスよりルーシーにあるようです。暗黙の了解のようです。

ルーシーは機嫌いい時はビーンバッグチェアにまっすぐ座るけど、怒っている時は沈むのだと言います。そして、どんどん深く沈むのだと言います。

ルーシーはビーンバッグチェアに来れば安心するのです。

まるでライナスの安心毛布のようです。

ルーシーはライナスが安心毛布を手放さないことが気に入りませんが、自分を安心させるために何か物に頼るという点ではライナスの安心毛布と似ています。

ルーシー「機嫌悪い自分をすっぽり包んでくれて、気の済むまでいさせてくれるビーンバッグチェアはありがたい」と言っています。

ルーシーがビーンバッグチェアの中に埋もれていると、ライナスはルーシーがすねているということがすぐわかり、それなりに声をかけるのです。

ライナスにはルーシーの寝そべり方でルーシーの機嫌がわかるのです。

ビーンバッグチェアは便利ですね。

ルーシーは機嫌悪くてビーンバッグチェアに埋もれていても、時々顔を出して誰かが気にしてくれていないか見ているのです。

ライナスが来てルーシーに話しかけます。

本当はルーシーは機嫌が悪い自分を気にして話しかけてもらいたいのですね。

ライナスもビーンバッグチェアをとても愛用しています。

ライナスはビーンバッグチェアに入ってテレビを見ながら興奮するとテレビに話しかけます。

ビーンバッグチェアはライナスの体をすっぽり包み、ライナスのためにも大活躍しています。

④【PEANUTS ビーンバッグチェア すっぽり包んでくれる】チャーリーブラウンとスヌーピー

チャーリーブラウンもビーンバッグチェアを愛用しています。

チャーリーブラウンはテレビを見る時、よくビーンバッグチェアを使っています。

ビーンバッグチェアはチャーリーブラウンの首の上まですっぽり包み、体に負担がかからなくて居心地がいいのですね。

ビーンバッグチェアはチャーリーブラウンとサリーとの会話の場にもなっています。

時々スヌーピーが来てチャーリーブラウンは場所を譲ることもあります。

またはスヌーピーとチャーリーブラウンはビーンバッグチェアを一緒に使います。

スヌーピーもビーンバッグチェアをお気に入りのようで、テレビを見る時に使っています。

チャーリーブラウンにとっては、考え事をするにも都合のいい場所になっています。

ビーンバッグチェアはキャラクター達によく似合っています。

ビーンバッグチェアはキャラクター達の可愛さを引き立てているようです。

⑤【PEANUTS ビーンバッグチェア すっぽり包んでくれる】サリーのビーンバッグ・キャンプ

1982年6月8日、サリーはあまりにビーンバッグチェアにはまり、夏はビーンバッグ・キャンプにまで行きました。変わったキャンプがあるものですね。

ビーンバッグ・キャンプとは、2週間ビーンバッグに寝そべる以外に何にもしない、というものです。

サリーはビーンバッグ・キャンプで「ここビーンバッグ・キャンプでの生活はすてきです」とチャーリーブラウンに手紙を書いています。

そしてサリーは一日中ビーンバッグチェアの中で寝そべって、テレビを見ながらジャンクフードを食べるだけの生活をして、丸々太ってしまったのです。

サリーは太って別人のようになって帰ってきました。

チャーリーブラウンはサリーに「ダメだよ!ビーンバッグに近づいちゃダメだ!」と言い体操を始めるように言います。

チャーリーブラウンはサリーのことを本当に心配したのです。

チャーリーブラウンはまさかサリーがここまで太ってしまうとは思わなかったと思います。

まるでサリーは一時期のビーンバッグチェア依存症みたいですね。

これではよくないですね。

ビーンバッグチェアが悲しがります。

サリーはその後すぐに元の体型に戻っています。

それからもサリーはビーンバッグチェアがお気に入りで読書した後はそこで眠り込みます。

普通の使い方をしていれば、ビーンバッグチェアはいい日用品で問題ないですね。

サリーはムカムカすると何かを蹴っ飛ばさないと気が済まなくなり、ビーンバッグチェアを蹴っ飛ばしひっくり返したりします。

ビーンバッグチェアにとってはたまったものではないですね。

サリーはビーンバッグチェアを蹴っ飛ばした後、ビーンバッグチェアがかわいそうと思ったらしく後悔しています。

⑥【PEANUTS ビーンバッグチェア すっぽり包んでくれる】まとめ

PEANUTSでライナスの安心毛布は対象がライナス一人で、物が毛布ということで目立っています。

ビーンバッグチェアは仲間達が当たり前のように使うので特に目立ちませんが、果たしている役割はライナスの安心毛布と同じだと思いました。

特にチャーリーブラウンはビーンバッグチェアをとても愛用し、サリーとライナスもよく愛用しています。

チャーリーブラウンがビーンバッグチェアにいると、サリーが来て宿題のことや世の中のことなどを話しかけてきます。

ビーンバッグチェアは、チャーリーブラウンとサリーの会話の場になっています。スヌーピーが加わることもあります。

チャーリーブラウンとスヌーピーが一緒にビーンバッグチェアに入っているシーンは、とても可愛く名シーンだと思います。

ビーンバッグチェアはPEANUTSの仲間達にとって、居心地がいい安心場所でいい日用品ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました