タイトル上

PEANUTSの探究 【スヌーピー達の農作業】

PEANUTSの探究

PEANUTSで、スヌーピー達は、自分達で土地を耕して、畑づくりをします。楽しいというよりも、仲間達は汗をかき、大変な思いをして働きます。

ウッドストックは、トラクターに乗り頑張ります。

ルーシーは、農作物の勉強に熱心です。

記事中

① スヌーピー達の農作業 ウッドストックがトラクターを運転する 

1979年6月、ウッドストックは日の出と共に、麦わら帽子を被り、鍬(くわ)を担いで、農場に農作業に行きます。

私は最初、軽い畑仕事かと思いましたが、ウッドストックはトラクター(牽引するための原動機付の車両)に乗るのです。私は驚いてしまいました。

(耕運機とトラクターの違いは、歩行型が耕運機で、乗用型がトラクターです。

農場面積が狭いところは耕運機、広い所ところはトラクターを使います。

トラクターは後部の作業機を付け替えることにより、様々な作業に対応します。農地を耕すために使います。)

ウッドストックが使うのは、乗用型のトラクターです。

あくまでも、ウッドストックが使うのは、ウッドストック用の、ウッドストックサイズのトラクターです。

ウッドストックは体が小さいので、トラクターを使わないと、狭い土地でも相当な労力と時間がかかってしまいます。

ウッドストックはトラクターに乗ったあと、せっせと鍬で藁をまとめ、まとめた藁を一輪車ネコで運びます。

ウッドストックは一羽で作業しています。

ウッドストックは小さい体で、一度にたくさんの仕事はできず、何回も同じ作業を繰り返さなければ、作業がはかどらないのです。

普通の人よりもずっと大変な仕事量になります。

ウッドストックは飛ぶことが苦手なため、マヌケ鳥と言われていましたが、マヌケどころか賢い小鳥だと、私は思います。。

誰も見ていない所でもウッドストックは、一羽で黙々と農作業をします。ウッドストックは、真面目なのです。

ウッドストックは、たくさんの重たい石を、一か所にせっせとまとめました。働き者のウッドストックです。

ウッドストックは、汗を飛び散らせて働き、作業は進みます。

疲れ切ったウッドストックは、スヌーピーの所へ帰って来て、スヌーピーに仕事を手伝うようにお願いします。

何と、ウッドストックからのスヌーピーへのお願いは、スヌーピーが案山子(かかし)になることでした。

スヌーピーは、引き受けて案山子になりますが、嬉しくないと言います。当然ですね。ウッドストックは、その後も朝早起きして、トラクターに乗り農場に行きます。

② スヌーピー達の農作業 ルーシーとライナス

1979年6月、麦わら帽子を被ったルーシーが、家の庭中に種を蒔くと言い、シャベルスコップで地面を耕しています。

ライナスがそばに立って見守っています。ルーシーは、今日は芽キャベツの種を蒔くと言います。

ライナスが蒔き時シーズンかと聞いたところ、ルーシーは「関係ないでしょ?芽キャベツは何されてんだか気づいちゃいないもん!」と言います。

ルーシーらしい言葉ですね。そんなルーシーは園芸のための輪作の勉強をしていて、トマトが枯れた次の年には、ハツカ大根が枯れると、ルーシーは言っています。

ルーシーは、豆を育てるのは易しいと言います。しかもルーシーは、育てる間は特別な場所で待つと言います。

それは何処かとライナスが聞くと、何とルーシーは「ビーンバッグチェアの中よ!」と言います。ルーシーには、ユーモアがありますね。さすがルーシーです。

ビーンバッグチェアは日本語で、「豆袋椅子」のことです。

次の引用文は、ビーンバッグチェアの説明です。

ビーンバッグチェア。子供の頃から誰もが知っていて大好きな、古典的なふにゃふにゃの椅子です。

だからこそ、ここ数年で豆袋が復活したことで、多くの人が恍惚としています。何百万個ものビーズで埋め尽くされた超ソフトなソファに腰を下ろすと、子供の頃に戻ったような気分になるものです。

https://techeye.net

恍惚(こうこつ)とは、物事に心を奪われて、うっとりするさまのことです。ビーンバッグチェアは、それほどに居心地がいいのですね。

ルーシーは、パースニップ(シロニンジン)の種を蒔いた後、「今夜遅く気温が氷点になったらどう?」と言い心配し、ライナスの安心毛布を、庭の種を蒔いた所にかぶせてしまいます。

ライナスは、パースニップと大切な安心毛布と一緒に夜明かしするつもりになります。

世界的に有名な測量士に変装したスヌーピーが、郡から来た測量士だと言い、ルーシーの菜園と、隣の土地との境界を見つけるのだと言います。

ルーシーは、トマトも豆も自分が植えたと言い、カンカンに怒ります。

ライナスの説明から、そのスヌーピー測量士によれば、双方の土地の所有者が間違っているということで、ルーシーは更に怒ってしまいます。

そのため、スヌーピーは慌てて案山子に扮して、じっとしていました。

③ スヌーピー達の農作業 菜園作り

1982年2月、ルーシーは地面を耕して菜園を作るといい、張り切っています。

ルーシーは、ジャガイモや、豆や、ハツカ大根や、エンドウを植えると言います。

そして、地面を耕すのはライナスの仕事です。しかし、ライナスは地面を耕すのが苦手な様子で、しかも地面が固くて、スコップが入っていかないのです。

ライナスは疲れ切ってしまい、のびてしまいました。ライナスには、農作業は向いてないのですね。

ライナスはルーシーに、スコップに乗せられて、放り出されてしまいました。

そのため、ルーシーは、スヌーピーに地面を耕すことを頼みに行きます。スヌーピーは地面を耕すことを、引き受けました。

スヌーピーは、麦わら帽子を被り、自分のことを、世界的に有名な作男(さくおとこ:雇われて農耕をする男)だと言います。

ルーシーに裏庭を全部耕すように言われたスヌーピーは、汗を飛び散らせながら耕しますが、地面が固いのか、なかなか思うように耕せません。

悪戦苦闘のスヌーピーは、結局ライナスのように、ルーシーにスコップに乗せられてライナスの所に放られてしまいます。

ルーシーの家の裏庭の土は、耕しにくい地面なのですね。

その後、耕した所に、ルーシーに言われるまま、ライナスとスヌーピーが何かを植えています。

チャーリーブラウンが来て、何を植えているのか聞いたところ、ライナスがフライドポテトと答えます。確かにそれらしき物を、ライナスとスヌーピーは植えています。

一体どうなっているのでしょうか。

その後、今度はスヌーピーはルーシーに、種の入った入れ物を渡されます。ところが、ルーシーがちょうどその時かかってきた電話で話している間に、スヌーピーはウッドストック達小鳥の三羽に、その種を餌として食べさせてしまいました。

少し遅れて菜園に来たルーシーは、スヌーピーがもう種を菜園に蒔いたものだと思い、スヌーピーのことを、よく働くと言い、褒めています。

いくら待っても地面から芽が出ることはないので、その時にルーシーが怒り狂いそうで恐いですね。

スヌーピーはその種を見て、ウッドストック達にもってこいの餌だと思ってしまったのですね。

④ スヌーピー達の農作業 まとめ

PEANUTSで、仲間達が毎日食べている農作物を作ることに、自分達もいそしむことは、PEANUTSを通して社会にいい影響を与えると思います。

ルーシーが野菜の育て方に興味を持つように、世の中の人が、同じように野菜の育て方に興味を持つとしたら、とてもいい事だと思います。

実際、畑や土地またはプランターなどがなければ、野菜は作れませんが、野菜の作り方を知識として持っているだけでも、楽しいと思います。

以前1972年3月、フランクリンは4Hクラブ(農業青年クラブ)の集まりに行っていました。

4Hとは、農業のための、Hands、Head、Heart、Health、のことで、増進していく4つの信条の頭文字を総称したものです。

4つとも、全部大切ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました