タイトル上

PEANUTSの教え アメリカンフットボール

PEANUTSで、仲間達は幼い頃から、アメリカンフットボールに親しんでいます。

まずは、皆ボールを蹴る練習から行いますが、なかなか難しい様子です。

スヌーピーはウッドストックと練習に励みます。

ルーシーはチャーリーブラウンへのいたずらが繰り返されます。

記事中

① PEANUTSの教え アメリカンフットボール ルーシーのいたずら

1951年11月14日、まだ幼くて髪型がポニーテールになる前の、三つ編みのお下げ髪のバイオレットが、フットボールを地面に縦に置きフットボールの上を指で支えています。

そこへチャーリーブラウンが走ってきてボールを蹴るというものですが、バイオレットは自分の手の指が蹴られると思い怖がり、チャーリーブラウンが走ってきた時には、バイオレットはフットボールから手を放し後ろ向きでハイハイして後ずさりします。

これは、バイオレットはあくまでも怖くてボールから手を放したのであって、決してわざとチャーリーブラウンをひっくり返させたわけではありませんが、チャーリーブラウンはボールを蹴ることができず、ひっくり返り目を回してしまいました。

バイオレットは、いやいややっている様子でかわいそうです。

いたずらではありませんでしたが、チャーリーブラウンがボールを蹴ろうとして転倒した初めてのできごとです。

1952年11月16日、チャーリーブラウンはルーシーに「ボールを支えてくれればいいんだよ、ルーシー、ぼくが走ってきて蹴るから・・・。」と言い、フットボールを支えてくれるように頼みます。

その時ルーシーは、フットボールをどかすいたずらが思いつきました。ルーシーはボールをどかし、チャーリーブラウンは転倒します。

ルーシーは、自分の新しいボールが、チャーリーブラウンの汚れた靴で汚されたくなかったと言います。

再度、チャーリーブラウンはルーシーにボールを支えてもらいますが、ルーシーは今度もボールをどかします。

チャーリーブラウンは転倒して参っていますが、ルーシーは楽しそうです。

この時から、ルーシーがフットボールをどかすいたずらが、繰り返されていきます。その後いつもルーシーのいたずらは、成功していました。

1979年8月2日です。チャーリーブラウンは野球の試合中に体調不良になり病院に入院した後、元気になり退院し、フットボールを蹴る気満々です。

ルーシーは、チャーリーブラウンに退院してきたら、もうボールを引っ込めないと約束していたのです。

そして、ルーシーは考えた末、本当にボールを引っ込めませんでした。

しかし、チャーリーブラウンは、ボールではなくルーシーの手の指を間違えて蹴ってしまい、ルーシーは痛がっています。

ボールは飛びませんでした。

ルーシーは元気になったチャーリーブラウンに、せっかくボールを蹴らせようとしたのに、自分の手の指を蹴られて、痛い思いまでしてしまいました。

いざとなればルーシーは優しいのです。

フットボールはそれを教えてくれました。

その後は、ルーシーのボールをどかすいたずらは続いていきます。

② PEANUTSの教え アメリカンフットボール スヌーピーとウッドストック

1960年頃、スヌーピーは、チャーリーブラウンやライナスやシュローダーのフットボールを、家の外のもとあった所から素早く蹴って自分は姿を隠し、皆を不思議がらせて、いたずらを楽しんでいました。

いたずらとはいえ、スヌーピーはフットボールを蹴るのがとても上手です。

チャーリーブラウンには、スヌーピーのしわざということは、とうとう分かってしまいました。

1969年になると、スヌーピーはウッドストック相手にフットボールの練習に励みます。

アメフトは、からだが大きい方が有利なスポーツというので、ウッドストックにはかなり不利です。ボールの下敷きになってしまいます。それでもウッドストックは、夢中で走ります。

スヌーピーは自分を世界的に有名なクォーターバック(パスを投げたり、ランニングバックにボールを渡したり、攻撃の起点となるポジション)と称し、アメフト用語を使いながら練習に励みます。

(ランニングバックとは、クォーターバックの後方にセットし、主にボールを持って走る攻撃のポジションのことです。)

スヌーピーの投げたボールは、ウッドストックにほとんど全て命中し、ウッドストックはボールの下敷きになり、のびてしまいます。

走っている小さいウッドストックに命中するのですから、スヌーピーはコントロールがいいのです。

ウッドストックもボールを取ろうと夢中で走るので、2匹での息のあったプレーなのですね。

スヌーピーが蹴ったボールがウッドストックから外れてバウンドしても、その跳ね返りのボールがウッドストックの所にくるので、それがまた凄いところです。

スヌーピーのボールの扱いのうまさは、抜群です。

③ PEANUTSの教え アメリカンフットボール ペパーミントパティとマーシー

マーシーはフットボールのことを何も知りませんでしたが、フットボールのことを勉強したといいます。

マーシーは、ボールを蹴るのが可哀そうで、蹴る前にボールに長く話しかけるので、ペパーミントパティはイライラします。

マーシーはペパーミントパティにパスした後も、ボールを放さず、そのたびペパーミントパティに、ボールを放すようにと教えられます。

マーシーはペパーミントパティの髪の毛や鼻をつかんでタックル(手や腕を使ってボールキャリアーを地面に倒すこと)したり、ペパーミントパティにメガネは外した方がいいと言われて外すと、木にタックルしようとして木にしがみついたりします。

その後マーシーはフットボールは嫌いと言いますが、ペパーミントパティの練習には付き合います。

ペパーミントパティは生き生きした顔で、「フットボールって大好き!」「走るのも好きだし、パスも蹴るのも、タックルも好き・・・。」と言います。

マーシーもペパーミントパティと練習を続け、チャーリーブラウンとスヌーピーを相手に、2対2で試合をするようになりました。

マーシーのおとうさんは、マーシーに新しいフットボールを買ってくれました。

しばらくして、マーシーとペパーミントパティは、チャーリーブラウンとライナスを相手に試合をします。

マーシーは蹴られるボールが可哀そうと言うため、弱いのです・・・。

マーシーはボールの感覚をつかむのに苦労しています。

マーシーはペパーミントパティと練習して、2人ともボロボロになります。

それでもマーシーはペパーミントパティと練習をします。

マーシーは上手になってきました。

練習中、ペパーミントパティがマーシーを褒めるたびに、マーシーの頭をペパーミントパティがポカッとぶつので、マーシーはペパーミントパティに苦情を言います。

マーシーは走り方もボールのキャッチも上手になっています。そのため、ペパーミントパティは思わず マーシーの頭をポカッとぶって、褒めたのだと思います。

マーシーのフットボールは、最初の頃に比べたら、見るからに上達しています。

努力は必ず報われるとは、こういうことをいうのでしょうか。

④ PEANUTSの教え アメリカンフットボール まとめ

PEANUTSでは、キャラクター達は幼い頃から、フットボールに親しんでいます。

たくさんの専門用語がありますが、皆いつのまにか覚えて理解しているのです。

サリーのママが、フットボールは危険なスポーツと言っていたといいますが、私もそう思います。

ルールを守って、怪我をしないで楽しんでもらいたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました