タイトル上

PEANUTSの教え スヌーピーのハッピーダンス

PEANUTSで、スヌーピーは、特に1950年代と1960年代に、ハッピーダンスを盛んに踊っています。

両後ろ足を弾ませ、上体をまっすぐ上に起こし、満面の笑顔で、耳まで回転させるダンスです。

スヌーピーは、自分のためだけでなく、仲間を喜ばせるために踊っているのです。

スヌーピーのハッピーダンスは、皆のための、幸せダンスです。

記事中

① PEANUTSの教え スヌーピーのハッピーダンス 子犬の頃 

1953年3月15日です。まだ幼い仲間達六人がそろい、チャーリーブラウンに「スヌーピーが踊るから。」と頼まれて、シュローダーがおもちゃのピアノを弾きます。曲は、ムソルグスキーの「ゴパーク」です。

パティが、ハイハイしているライナスに、スヌーピーのことを、「見ててね、ライナス…凄いから…。」と言います。

スヌーピーが曲に合わせて、ハッピーダンスを踊ると、全員大喜びで、ライナス以外の皆は、立って手拍子します。赤ちゃんのライナスも、手拍子しています。

踊っているスヌーピーは、もちろん楽しそうな笑顔です。

楽しい思い出ですね。

その後もスヌーピーは、縄跳びしているルーシーの縄跳びの中に入り、器用にハッピーダンスをしたり、外で会ったバイオレットとパティに頼まれて、ハッピーダンスをしました。

バイオレットもパティも、大喜びです。

この時からずっと時が経った1998年8月に、スヌーピーの兄弟のオラフとアンディが、旅の途中スヌーピーの所に立ち寄った時、チャーリーブラウンが三匹分の夕食を持ってきました。

スヌーピーは、二匹の前で、チャーリーブラウンに耳を立て、嬉しいの表現で、軽くハッピーダンスのポーズを見せました。

アンディが、「いまの一体何なの?」といったところ、スヌーピーは、「ごめんよ…彼はあれを楽しみにしているんだ…。」といいます。

この言葉からわかるように、スヌーピーは、自分が嬉しいということと同時に、相手を喜ばせるために、ハッピーダンスをしているということが分かります。

スヌーピーは、オラフとアンディは兄弟なので、思っていることをいったのでしょうね。

スヌーピーは、子犬の頃から、自分がハッピーダンスをすれば、皆が喜ぶと思って、皆を楽しませるために踊っていたのだと思います。

スヌーピーは、利口なワンちゃんですね。

② PEANUTSの教え スヌーピーのハッピーダンス いたずら盛りの頃

スヌーピーにっとては、1950年代、1960年代というのは、いたずら盛りで、いたずらが仕事のような時期です。

スヌーピーは、仲間がいると、カンガルーのまねといい、ハッピーダンスのポーズでピョンピョン跳ねて、ふざけてみたり、急に踊り出して、仲間をおもしろがらせようとします。

ライナスは、スヌーピーがハッピーダンスを踊ると、つられて踊り出します。

ルーシーは、スヌーピーがハッピーダンスを踊ると不機嫌になり、「やめて!今すぐやめて!問題だらけのこの世界で、あんたがそんなに幸せでいていい権利はないのよ!!」と言います。

スヌーピーは、「そのとおりだ…ボクももっと分別ある行動を始めなければ…。」と思うのです。

とはいっても、スヌーピーにとっては、いたずら盛りの動きたい盛りです。 仲間を見ては、ついついハッピーダンスをしてしまいます。

スヌーピーは、ハッピーダンスをしていると、ルーシーに怒られ続けました。

ライナスまで踊り出し、ライナスもすぐには踊るのをやめないことでも、ルーシーは怒っていました。

スヌーピーは、シュローダーのおもちゃのピアノの上でもハッピーダンスをし、とうとうシュローダーににらまれ、踊るのをやめたことがあります。

その後、外で、スヌーピーは、チャーリーブラウンとパティが話をしているそばでハッピーダンスを始めましたが、二人が気付かないので、「ばかばかしい。」といい、踊るのをやめています。

やはり、スヌーピーは、仲間にハッピーダンスを見せたいのですね。

そんな時、何と、ルーシーが、スヌーピーのハッピーダンスにつられて、踊り出したことがあります。

これには、驚いてしまいますね。

スヌーピーが一匹でハッピーダンスをしている時は、ダンスの練習をしているのであって、浮かれているのではないのですが、チャーリーブラウンからは、陽気にやってる、と思われてしまいました。

その後、スヌーピーはルーシーと、しっかりとお辞儀で始まって、お辞儀で終わるダンスを踊ったのです。

スヌーピーは、ルーシーはダンスが上手といい、感心しました。

③ PEANUTSの教え スヌーピーのハッピーダンス ダンスにはまる

スヌーピーは、ますますダンスに、はまっていきました。

雪が降れば、ルーシーやパティを誘って「みんな踊ろう!」といって、踊ります。

スヌーピーは、一匹での練習も重ねています。

フリーダとのウサギ狩りで仲良くなったウサギ達とも、ダンスをします。

ダンスのおかげで楽しく過ごせて、何よりです。

ルーシーがダンスをするスヌーピーを見ると、機嫌悪くなるのは続いていました。

スヌーピーはルーシーから、「何が起こるか心配じゃないの?」と言われ、「よく楽しそうにしていられるわね?」とも言われますが、スヌーピーは深刻には考えませんでした。

スヌーピーは、「踊ることは生きること!」といい、一匹でも踊っています。

チャーリーブラウンが晩ごはんを持ってくると、スヌーピーがハッピーダンスをし過ぎて、チャーリーブラウンが目を回してしまうこともありました。

イースターの時、スヌーピーは耳をまっすぐに立て、ハッピーダンスをしながら、ライナスの家の庭に卵を隠したら、ライナスはピョンピョン跳ねるスヌーピーを、ウサギと間違えます。

スヌーピーは、チャーリーブラウンが晩ごはんを持ってくると、ハッピーダンスをするのが恒例になりました。 スヌーピーは、チャーリーブラウンを喜ばせるためにやっているのです。

スヌーピーは、ハッピーダンスをしながらサリーをダンスに誘ったり、ルーシーに愛嬌をふるって周りに明るさを振りまきます。

スヌーピーは、蝶や落ち葉ともハッピーダンスをします。

また、スヌーピーは、雨の時はレインダンス、雪の時はスノーダンス、新年には新年ダンス、5月1日は5月1日ダンス、5月2日は5月2日ダンスなど、ダンスに名前を付けています。

そして、スヌーピーによると、ハッピーダンスは、いつも同じように見えるかもしれないけど、毎回ほんの少し違うということです。

④ PEANUTSの教え スヌーピーのハッピーダンス まとめ

PEANUTSで、スヌーピーは、子犬の頃から、皆のためにハッピーダンスを踊ってくれています。

もちろん、スヌーピー自身も、楽しんでいます。

スヌーピーは、明るさの固まりですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました