タイトル上

PEANUTSの探究 【チェシャビーグル】

PEANUTSの探究

PEANUTSで、スヌーピーは、チェシャビーグルの芸をします。

仲間が、不思議の国のアリスの本を読み、チェシャ猫が笑った口だけを残して消える場面になると、スヌーピーは、その場で、笑った口だけを残して消える、チェシャビーグルになってみせるのです。

チェシャビーグルの芸は、スヌーピーが、パパから教わったトリックです。

記事中

① チェシャビーグル 有名なチェシャ猫

チェシャ猫は、児童小説「不思議の国のアリス」(1865年)に登場する、架空の猫です。チェシャ猫は見た目は猫でありながら、人間の言葉を話しニヤニヤ笑いを浮かべています。チェシャ猫は自由に姿を消す能力を持っています。

チェシャ猫の性別は、ラインゲームのツムツムでは、男の子のツムになっています。物語の上では、特に性別の設定は、されていないといわれています。

次の引用文は、ディズニーのアニメ映画の、チェシャ猫についてです。

「ふしぎの国のアリス」(1951)に登場する、いたずら好きのふしぎなネコ。原作者のルイス・キャロルが創り出した、ちゃめっ気のあるキャラクターです。体はピンクとすみれ色のしま模様で、いつもニヤニヤ笑いを浮かべています。顔の部分を分解させたり、しま模様を動かしたりできます。ふいに現れたり、ニヤニヤ笑いだけを残して消えたりを繰り返し、アリスの頭を混乱させます。

disney.co.jp

「チェシャ猫」という名前については、作者のルイス・キャロルが生まれたイギリス中部の「Daresbury」という村は「Cheshire(チェシャ)」州にあり、その州が猫の形をしていた、あるいは当時のポピュラーな表現に「grin like a Cheshire cat(チェシャ猫のように笑う)」というものがあった、ことによるといわれています。

「不思議の国のアリス」の物語で、道に迷ってしまったアリスが、悩んでいる時に、チェシャ猫が言った、次のセリフが、名言になっています。

「どの道にいっていいか分からないのであれば、どこかにたどり着くまで進めばいいさ!」という言葉です。

チェシャ猫は、左右の口角を上げて歯をしっかりと見せ、ニヤニヤした笑い顔に特徴があります。

スヌーピーは、大の猫嫌いではあっても、チェシャ猫は、架空の猫なので、大丈夫というところでしょうか。

犬や猫は普通は笑い顔を見せませんが、チェシャ猫もスヌーピーも笑い顔を見せるというところで、チェシャ猫とスヌーピーには、大きな共通点があります。

② チェシャビーグル スヌーピーの芸

スヌーピーの芸の、チェシャビーグルは、チェシャ猫が消える時の、ニヤニヤ笑いだけを残して消える、という特徴を、スヌーピーが芸として行うものです。

ライナス不思議の国のアリスの絵本を読み、「しっぽの先から消え始め、みんな消えたあとに、笑いがしばらく残っていた」と言うと、スヌーピーは、その通りの芸をします。

ライナスは、スヌーピーの笑った口だけが宙に残っているのを見て、髪の毛を逆立てて、ぎょっとしています。

スヌーピーは、すぐに元のように姿を見せ、「こんなこと、とっくの昔からできてたよ!」と言い、すましています。

そして、ライナスとパティとスヌーピーとで、一緒に歩いている時、ライナスとパティが、チェシャ猫の話をすると、スヌーピーは、また笑った口だけを残して、姿を消します。

パティは、その残ったスヌーピーの笑った口に気付かず、歩いて行きますが、ライナスは、残ったスヌーピーの笑った口を、眺めています。

ライナスは絵本を見て、「まあ!ニヤニヤ笑いのない猫は何度も見たことあるけど、とアリスは思った…」と読みます。

そして、ライナスは、「猫のないニヤニヤ笑いなんて変なものは見たことないわ!」と続けて読みます。

すると、スヌーピーは、再び、笑った口だけを残した、チェシャビーグルの芸をやります。

スヌーピーは、「実際には、一種の条件反射なんだ!」と言い、すでに元の姿に戻っています。

スヌーピーは、ルーシーにも、チェシャビーグルを見せたかったのですが、運悪く、ルーシーは通り過ぎてしまいました。スヌーピーは、残念がります。

スヌーピーは、チェシェビーグルを、皆に見てもらいたいのです。

チェシャ猫も不思議ですが、同じように不思議なスヌーピーです。

芸達者なスヌーピーです。スヌーピーには、私は、恐れ入りました。

③ チェシャビーグル 大変!元の姿に戻れなくなった

スヌーピーは、まだウッドストックに、チェシャビーグルを見せてないため、犬小屋の上で、まず体を消して顔だけ残し、次に笑った口だけ残し、チェシャビーグルの芸を見せます。

ウッドストックは、びっくりして、犬小屋の上から飛び降りてしまいます。

その後、ウッドストックは、もう一度、チェシャビーグルが見たいとスヌーピーに言うと、スヌーピーは、すんなりチェシャビーグルになります。

ところが、困ったことになりました。スヌーピーは、元の姿に戻れなくなってしまったのです。

スヌーピーは、ウッドストックに、ボクの飼い主、または、奇術師のフーディーニを呼ぶように頼んだところ、大量の水をかけられます。

駆けつけたチャーリーブラウンも困り、ルーシーに相談したところ、ルーシーは画面が出なくなったテレビを、ひっぱたく時のように、スヌーピーがいるはずの場所を、バシンとひっぱたきます。

すると、スヌーピーは、元の姿に戻ることができました。

スヌーピーは、すっかりのびています。一大事でしたね。

④ チェシャビーグル 教えてくれたのは、パパ

6月20日、父の日に、スヌーピーは、パパのことを思い出しています。

スヌーピーは、チェシャ猫のトリックは、パパに教わったのだと言います。

ということは、もう随分前のことですね。スヌーピーがライナスに、チェシャ猫のトリックは、とっくの昔からできてたと言ったのは、パパに教わったからなのですね。

ニヤニヤ笑いだけが残るように、徐々に消えてゆく、という芸を教えてくれたパパ本人が、ある日、本当に消えてしまった、とスヌーピーは言っています。

⑤ チェシャビーグル 鼻や耳だけを残す

チャーリーブラウンが、不思議の国のアリスの本を、スヌーピーに読んでくれます。

スヌーピーは、物語が、チェシャ猫が消える場面になると、チェシャ猫のトリックをやります。

スヌーピーは、笑った口だけ残すのは簡単だと言い、鼻や耳だけを残すトリックをやって見せます。

スヌーピーは、鼻や耳だけ残すのは、難しいと言います。

スヌーピーは、サリーが、不思議の国のアリスの本を読んでいる時も、チェシャ猫が消えていく場面で、「ぼくだってできるよ…」と言い、笑った口だけ残すトリックをやって見せます。

ところが、元に戻る時、スヌーピーは手こずってしまい、顔から戻ろうとしているのに、なかなか元に戻れず、手こずっています。

スヌーピーは、冷や汗をかき、やっと元の姿に戻りました。

⑥ チェシャビーグル まとめ

PEANUTSで、スヌーピーは、いろいろなことをやり、皆を楽しませてくれますが、チェシャビーグルになる芸は、本物のマジシャンの芸と同じだと、私は思います。

チェシャビーグルになるスヌーピーは、時によっては、元に戻る時、思うように元の姿に戻れないことがあるので、私は、ハラハラしてしまいます。

スヌーピーにとって、チェシャビーグルの芸は、スヌーピーのパパから教わった、とっておきの芸です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました