タイトル上

PEANUTSの教え ハゲタカをまねたスヌーピー

PEANUTSで、スヌーピーは、ハゲタカのまねをすることがあります。スヌーピーは、鋭いようでうつろな目をして、背中を極端に丸め、木でじっとしています。

通りかかった仲間は、様々な反応をします。

スヌーピーは、なぜ、ハゲタカのまねをするのでしょうか。

記事中

① PEANUTSの教え ハゲタカをまねたスヌーピー 初期

1958年5月、ハゲタカをまねたスヌーピーは、自分は立派なハクトウワシになれただろう、と思っていました。

ライナスが、クロケットの杭(くい)の上に、ハゲタカがいると言い怖がるので、チャーリーブラウンが行ってみると、なんと、ハゲタカをまねたように見えるスヌーピーでした。

ハゲタカをまねたスヌーピーは、目を見開き、目つきは鋭かったり、トロンとしていたりします。 そして、背中を極端に丸くした分、おなかが引っ込み、首をうなだれ、いつものスヌーピーとは、全然違った雰囲気です。

チャーリーブラウンは、「やれやれ!」と言います。

その後は、スヌーピーは大きな石の上で、ハゲタカのまねをし、チャーリーブラウンに「あの犬は頭がどうにかなりつつあると思うよ!」と、言われてしまいました。

スヌーピーは、一体どうしてしまったのでしょうね。私は初めて見たときは、スヌーピーは誰かに叱られて反省して木の上で固まってしまい、しょんぼりしてうなだれているように見えました。

そうではなくて、ハゲタカの真似なのですね。

仲間からの受けの悪い、ハゲタカスヌーピーです。

その後、ハゲタカスヌーピーは、木の枝に止まっていたら、隣に本物のハゲタカが来て、大急ぎで逃げたりしていました。

本物のハゲタカが、ハゲタカスヌーピーを、仲間だと思ったのですね。

② PEANUTSの教え ハゲタカをまねたスヌーピー 仲間の反応

1958年11月、ハゲタカスヌーピーは、チャーリーブラウンが本を読んでいる木の上に止まっています。一生懸命ハゲタカスヌーピーになっているスヌーピーですが、チャーリーブラウンが行ってしまうと、低い木に移り、だんだん寂しそうな顔つきになっていきました。

チャーリーブラウンは、「本物のハゲタカは、寂しくなったりしないよ。」と言い、スヌーピーの顔を膝にのせ、スヌーピーの顔をなでました。

いざという時は、やはり優しいチャーリーブラウンです。

1967年8月、チャーリーブラウンは、ハゲタカスヌーピーが気に入らない様子です。

ハゲタカスヌーピーが、テレビの上で、じっとチャーリーブラウンをにらみつけていると、テレビを見ているチャーリーブラウンは、「どんなにイライラさせられるか、わからないのかい!」と言います。

これは、その通りですよ、スヌーピー。スヌーピーは、いたずら盛りですね。

1967年7月、フリーダは、ハゲタカスヌーピーに、「こんにちは、カワイコちゃん!」と言い、通り過ぎて行きました。それに対し、ハゲタカスヌーピーは、そう呼ばれるのは、大嫌いといいます。

ハゲタカスヌーピーは、目を見開いて、思いっきり目に力を入れています。

最初は、低い木の枝に止まっていたハゲタカスヌーピーは、慣れてくると、少し高い木に止まるようになります。

1967年9月、ハゲタカスヌーピーは、ライナスを獲物と想定して、木の上から思いっきりにらみつけていますが、ライナスは知らんふりして、通り過ぎました。

その直後、ハゲタカスヌーピーは、ライナスに木の上から飛びかかろうとしますが、失敗し、ライナスの後ろに頭から落ちてしまいました。スヌーピーは、すぐに起き上がりましたが、少し目を回しています。

この頃は、まだスヌーピーにとっては、いたずら盛りなのですね。

1979年10月、ハゲタカスヌーピーは、再度ライナスへの飛びかかりを試みましたが、失敗に終わっています。

時々、思い出したかのように、ハゲタカスヌーピーになる、スヌーピーです。

1967年9月、ハゲタカスヌーピーは、いつものように、にらみを効かせて、大きな石の上で獲物を待っていたところ、通りかかったのはルーシーです。

ハゲタカスヌーピーはルーシーに、「恐るべきピューマに見えると思っているんでしょう?」「でもね、そうは見えないから!」と言われ、「マヌケなビーグル」という言葉で始まり、ルーシーの言葉の攻撃は続きます。

ハゲタカスヌーピーは、ルーシーとにらみ合いましたが、ハゲタカスヌーピーの目はうつろでした。

どことなく寂しそうな、ハゲタカスヌーピーです。

その後、1968年1月、スヌーピーは、犬小屋の上で、ハゲタカスヌーピーの練習をしています。

いたずら盛りのスヌーピーとしか、言いようがありませんね。

1968年2月、雪の積もった日には、背の高い雪だるまの上で、ハゲタカスヌーピーになるスヌーピーですが、天気が良くて、雪だるまが溶けてしまうと、スヌーピーは格好悪そうに、ニッと笑いますが、ルーシーはスヌーピーをにらみつけます。

しかし、スヌーピーがハゲタカスヌーピーでなく、普段の普通のスヌーピーの時は、ルーシーはスヌーピーを可愛がって、抱きしめていました。

1974年10月、ハゲタカスヌーピーは、ルーシーにからかわれたあと、しばらくハゲタカスヌーピーの一人芝居をしていましたが、「突然、とてもばかばかしくなった!」といい、我に返ったように、急にハゲタカスヌーピーを、やめたことがあります。

ハゲタカスヌーピーは、目力を効かせなければならないので、だんだん目がキョトンとしてきます。

疲れてくるのですね。

1969年7月、バイオレットが通りかかった時のハゲタカスヌーピーは、あまり怖い表情をしませんでした。

そのためか、バイオレットはハゲタカスヌーピーのことを、「きれいな目をしているのね。」と言います。

バイオレットはスヌーピーのことが大好きなので、スヌーピーはそれを感じ取っていて、バイオレットには、怖い表情をしなかったのかもしれません。

③ PEANUTSの教え ハゲタカをまねたスヌーピー 1980年代以降

1983年8月、木の上にいるハゲタカスヌーピーは、仲間達がショーに行っていて、誰もいない午後4時に、自分のことを、「おい、まぬけ!」といいます。今待っていても、誰も来ないからです。

誰も通らないこともあり、ハゲタカスヌーピーの顔つきも、可愛くキョトンとしています。

細くて弱い木の枝は曲がり、ハゲタカスヌーピーの頭は地面についてしまいました。

ハゲタカスヌーピーは、その弱い木の枝と、今のハゲタカスヌーピーは、同じだと思うのです。

寂しくなってしまいますね。

1985年7月、スヌーピーは、ジャングルの野獣のまねをして、木の上で獲物を待っています。

そこへ通りかかったのは、ライナスです。

しかし、またしても木が細くて弱く、ライナスの前で曲がり、野獣のまねをしたスヌーピーの頭は、地面についてしまいました。

そればかりか、曲がった木の反動で、木は元に戻ろうとし、その跳ね返りで、スヌーピーは吹っ飛んでしまい、目を回しています。

これでは、木が折れ曲がった方がよかったかもしれません。

野獣をまねたスヌーピーにも、迫力はありません。

スヌーピーは、だんだん成長して、落ち着いてきたのですね。

1990年10月には、木の上のハゲタカスヌーピーは、ライナスから声をかけられ、皆が来るのと逆の方を向いていると、教えられています。

ライナスは、ハゲタカスヌーピーに慣れている様子です。

やはり、ハゲタカスヌーピーの目つきは鋭くなく、迫力はありません。

④ PEANUTSの教え ハゲタカをまねたスヌーピー まとめ

PEANUTSで、ハゲタカをまねたスヌーピーは、1950年代から1979年まで、勢いがありました。

スヌーピーは成長して落ち着いてくるとともに、ハゲタカのまねを、あまりしなくなりました。これは、自然なことですね。

スヌーピーは、ハゲタカのまねの時と同じ顔つきで、木の枝でニシキヘビのまねをしたり、草むらでガラガラヘビのまねをしたり、また、地面をはってジャングルでの猛獣のまねをして、怖い生き物の練習をしていました。

これは、やんちゃなオス犬の成長過程だったのですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました