タイトル上

PEANUTSの探究 【エイプリルフール大賞】

PEANUTSの探究

PEANUTSで、4月1日のエイプリルフールの日、エイプリルフールと分かっていても、からかわれてしまい、びっくりすることはあるものです。

仲間達の中で、一番仲間をからかうのはルーシーで、一番からかわれるのは、チャーリーブラウンです。

スヌーピーは、可愛く、ピエロに扮します。

記事中

① エイプリルフール大賞 私が決めた1位はチャーリーブラウン 

1951年4月2日、チャーリーブラウンはパティを引っかけようと、ずっとパティを待っています。チャーリーブラウンは、ルンルンしています。

そして、チャーリーブラウンは、本を読んでいるパティに、「おい、パティ!背中にくもがいるよ!!!」と言い驚かせます。

パティがびっくりして、「とって!!早く!!」と言うと、チャーリーブラウンは、引っかかったパティを見て、ひっくり返って笑い転げます。

しかし、この日は4月2日で、「四月バカは昨日よ!!」と、チャーリーブラウンはパティに言われます。

チャーリーブラウンは、ガーンと来たようです。確かにこの日は、4月2日です。

私が決めた、エイプリルフール大賞第1位は、この時のチャーリーブラウンです。チャーリーブラウンは、たまたま勘違いしたのだと思いますが、ユーモアたっぷりです。

② エイプリルフール大賞 私が決めた2位もチャーリーブラウン 

1957年4月1日、チャーリーブラウンはルーシーに、4月バカも前みたいではなくなった、昔は背中にくもが居ると言えば、言われた方は飛び上がって叫んだもの、ということを話します。

チャーリーブラウンは、今はもう、そのネタも、すたれたということを、ルーシーに言うのです。

その時です。ルーシーに「背中にくもがいるわよ!」と言われたチャーリーブラウンは、びっくりして、宙を一回転します。

しかも、チャーリーブラウンは、「ギャアア!」という悲鳴を上げて、派手に反応します。

チャーリーブラウンて、楽しいですね。私が決めた、エイプリルフール大賞第2位もチャーリーブラウンです。チャーリーブラウン、最高!!

③ エイプリルフール大賞 第3位 やっぱり楽しいチャーリーブラウン 

1973年4月1日、ルーシーは、テレビを見ているチャーリーブラウンに、今日は4月バカということを教えます。

そして、ルーシーはチャーリーブラウンに、「ちょっとあなたをからかってみようと思うの…ちょっと引っかけてみるわ…」と言います。

ルーシーは、さらに、「言ってること、わかるわね?」と、チャーリーブラウンに念を押し、再度、今日は4月バカということを、強調します。

その上で、ルーシーがチャーリーブラウンに、表に赤毛の女の子がいて、チャーリーブラウンを抱きしめてキスしたがっている、ということを言います。

すると、チャーリーブラウンは簡単にルーシーに引っかかり、外へ行こうと走り出し、ルーシーに「四月ばか!」と大声で言われるのです。

チャーリーブラウンらしいですね。チャーリーブラウンはテレビを見ていたから、テレビに意識がいっていて、しっかりとルーシーの言うことを聞いていなかったのでしょうか。

それにしても、楽しいチャーリーブラウンです。

④ エイプリルフール大賞 第4位 ピエロスヌーピー 

1979年4月1日、ライナスが「来るぞ!来るぞ!」と、大喜びです。

ルーシーに、「誰が?イースタービーグル?」「誰?カボチャ大王?」と聞かれ、ライナスは、「4月バカさ!!」と、喜びます。

現れたのは、ピエロに扮したスヌーピーです。

もちろん、スヌーピーは、仲間を楽しませるために、ピエロの格好をしているのです。

スヌーピーは、皆の為に、一生懸命です。

チャーリーブラウンが、そばで見守っています。

⑤ エイプリルフール大賞 第5位 またしてもチャーリーブラウンです

1970年4月1日、チャーリーブラウンは、ルーシーに、またしても引っかかります。

ルーシーは、チャーリーブラウンに、メジャーリーグの打撃の神様と言われている、テッド・ウィリアムズが、チャーリーブラウンに会いに来たと言うのです。

チャーリーブラウンは、ルーシーの言うことを信じて、外へ出ました。

ルーシーは、「四月バカ!」と叫び、大笑いしています。

チャーリーブラウンは「ありえないことじゃ、なかったからね」と外で一人で言っています。

チャーリーブラウンは、自分は真面目に自分の野球チームの監督をしているので、きっと、テッド・ウィリアムズが会いに来てくれたのかもしれないと思ったのかもしれません。

チャーリーブラウンって、本当に可愛いですね。

⑤ エイプリルフール大賞 まとめ

PEANUTSで、エイプリルフールで引っかかりやすいのは、何と言ってもチャーリーブラウンです。

チャーリーブラウンは、良く解釈すれば、人を信じて疑わないということでしょうが、あまりにも単純に引っかかるので、もう少し人を疑り深くなった方がいいと私は思います。

大人になってから、人を信じてばかりでは、騙されてばかりで大変なことになります。人が良すぎるのは、良くありません。

今はそんな単純なチャーリーブラウンですが、チャーリーブラウンは、いろいろ考えるタイプの性格なので、大人になる頃にはしっかりいろいろ見抜けるようになっていることと思います。

私は、大人になってからの、賢いチャーリーブラウンに期待します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました