チャーリーブラウン ヒーローの兆し 人格の土台

PEANUTS主人公

PEANUTSで主人公チャーリーブラウンは仲間達を支えていますが、チャーリーブラウンは優等生ではなく、スポーツや勉強で目立つわけではありません。

それとは別に際立つ存在感は、相手の良さを引き立てるチャーリーブラウンの性格によるもので、チャーリーブラウンは大物のヒーローになると思います。

① チャーリーブラウン ヒーローの兆し 人格の土台

幼少期パティがチャーリーブラウンにリンカーンのようになりたくないかと聞きます。

チャーリーブラウンは少し考えてから「ぼくはただのチャーリーブラウンでいるだけで、大変なんだ!」と答えます。

チャーリーブラウンはリンカーンはリンカーン、チャーリーブラウンはチャーリーブラウンというように自分を持っているのだと思います。

またチャーリーブラウンは物事についてよく考えますが、チャーリーブラウンは自分の中に居る自分を相手によく考えるのだと思います。

人に流されない、それでいて協調性があるチャーリーブラウンの性格が主人公としてふさわしいのだと思います。

幼少期からチャーリーブラウンの人格の土台は作られています。

ピクニックに行こうとチャーリーブラウンがシャーミーとパティに声を掛けると、シャーミーやパティは持って行く食べ物を真っ先に言います。

パティがチャーリーブラウンに何を持って行くか聞いたところ、チャーリーブラウンの答えは「ぼく!」ということです。

的外れの返答に聞こえますがチャーリーブラウンにしてみたら、自分自身をしっかり連れて行くんだという気持ちだと思います。

チャーリーブラウンはチャーリーブラウンという自分をしっかり作り上げていこうとしているのですね。

またチャーリーブラウンは外で壁に書かれた「チャーリーブラウンは、パティが好き」という落書きを見て「チャーリーブラウンは全世界が好き」と書き直します。

きっとチャーリーブラウンはそういう自分になりたいと思っているのですね。

そして新たな四つの落書きが外の木の壁に見られます。

「ライナスはバイオレットが好き」

「シャーミーはパティが好き」

「ルーシーはシュローダーが好き

「チャーリーブラウンはチャーリーブラウンが好き」

四番目の「CHARLIE BROWN LOVES CHARLIE BROWN」という落書きはチャーリーブラウン自身によって書かれたものでしょうか。

何故か一番重みを感じます。

しばらくしてルーシーがどうして自分が幸せかというと、自分のことが好きだから、それが理由ということを言っています。

ルーシーも自分のことは自分が一番よく分かるのでしょうね。

チャーリーブラウンはルーシーの言うように、世界中の誰よりも自分のことを好きになるようにするのだそうです。自分を大切にすることは基本です。

自分を大切に思えると同じように人のことも大切に思えてくるのだと思います。

② チャーリーブラウン ヒーローの兆し 理想の自分

そしてまだ幼いチャーリーブラウンは今日が何月何日かいつでも分かるようにしていると言い「人生で小さなことをちゃんとやれば、大きいことは自ずからうまくいくんだ…」と言っています。

これはチャーリーブラウンが日々考え自分で導き出した考えでチャーリーブラウンの理想だと思います。

とはいってもまだ幼いチャーリーブラウンです。そのように考え着くところが凄いことだと思います。

バイオレットに大きくなったら何になりたいと聞かれたチャーリーブラウンは「完全無欠(欠点が無く、完璧なこと)になりたい」と答えます。

理想が高いに越したことはありませんがこればかりは無理だと思います。

早いうちにこの考えは改めた方がチャーリーブラウンの身のためだと思います。

幼いチャーリーブラウンが完全無欠という言葉を知っていることには驚きです。

しばらくしてチャーリーブラウンはルーシーに「完全無欠?やれやれ、誰だってなれないよ!」と言っています。

短い間に成長したチャーリーブラウンです。

チャーリーブラウンはルーシーに「安心…それこそみんなが求めてるものだ!」 「誰もが安心感を持つべきだよ…」と言い、安心を奪われたら残るは不安だと強く言います。

ルーシーは逆らわずにチャーリーブラウンを肯定します。

チャーリーブラウンは周りの人に安心を与える大きな存在です。

チャーリーブラウンは自分ではそんな風には思ってないと思いますが・・・。

またチャーリーブラウンは自分の力ではどうにもならないことに対しては「世の中って、そんなもんさ…」と言い受け流す術も知っています。

③ チャーリーブラウン ヒーローの兆し パパにとっての自分

バイオレットがパパが新車を買ったと言い、チャーリーブラウンのパパは新車を持っていないことに対して優越感を持ちます。

チャーリーブラウンは自分のパパはそんなことは気にしてないと思うと言った後「パパにはぼくがある!」とはっきり言います。

チャーリーブラウンは誇らしげで一回り大きく見えます。

チャーリーブラウンはパパにとっての自分の存在が大切なものであるということを自覚しているのです。

④ チャーリーブラウン ヒーローの兆し バイオレットに向けて

バイオレットはパティと仲良くなるとチャーリーブラウンへの意地悪がだんだんエスカレートしていき、しまいには極時期に達していきます。

チャーリーブラウンはバイオレットに「なつかしのうすのろチャーリーブラウン」と言われ、バイオレットとパティの近くに居ると追い払われたりします。

チャーリーブラウンはバイオレットとパティに追い払われない時は「のろま」「何をやってもだめね!」と言われ、バイオレットとパティからのひどい言葉は度重なっていきます。

しかしチャーリーブラウンは仕方なく我慢するしかありません。

そんな中バイオレットが「気を悪くさせてごめんね、チャーリーブラウン」「私が言ったのと同じ悪口をあなたも私に言ったら、それであいこよ」と言います。

それに対しチャーリーブラウンは「ダメだ、それはできっこない…ボクにはできない…どう考えたって…」「なんて悪口言われたか、忘れちゃったんだ」と言い、バイオレットの再三にわたる意地悪の仕返しをしたりしないのです。

その後もしばらくバイオレットのチャーリーブラウンへの意地悪は続き、とうとうチャーリーブラウンはバイオレットに「自分はいつも正しいと思っているんだろ?!」「でも、ちがうよ!いいかい?ちがうんだよ!!」と真剣に言います。

するとバイオレットはくるりと向きを変えて行ってしまいます。

そして他の日にチャーリーブラウンはバイオレットに「ボク、ひとつの理論を持っているんだ、キミがボクをきらいなのは、ボクにやきもちやいているからなんだ!」と言います。

バイオレットは「あなたにヤキモチ!!!」「ハハハハハ」と大声で笑い行ってしまいますが、この時からバイオレットのチャーリーブラウンへの意地悪は影を潜めていくのです。

チャーリーブラウンがバイオレットにはっきりと自分の考えを言った結果なのです。

チャーリーブラウンとしてもバイオレットに意地悪をやりたい放題やらせるのも、バイオレットのためにもならないと思ったのでしょうか。

チャーリーブラウンのストレスももう潮時が来ていたのですね。

その後バイオレットはだんだん成長しチャーリーブラウンとの友達関係は普通に続いていきます。

チャーリーブラウンはバイオレットとパティに意地悪されていじけているだけでなく成長してバイオレットをいい方向へ諭していくのですから、チャーリーブラウンの包容力は相当大きなものだと思います。

⑤ チャーリーブラウン ヒーローの兆し サリーの宿題

サリーは宿題が大嫌いでチャーリーブラウンに宿題を自分の代わりにやってもらおうと、すりすりとチャーリーブラウンの所に来ます。

最初サリーはチャーリーブラウンに宿題の出された問題をチャーリーブラウンに答えを聞き、その後サリーはチャーリーブラウンに書いてよと言い宿題の紙を何気なく差し出します。

けれどもそこでチャーリーブラウンがサリーの言いなりになってはサリーのためになりません。

チャーリーブラウンはサリーの宿題の手助けをすることもありますが「きみの宿題をやってやるわけにはいかないよ…」と言い断ります。

サリーはチャーリーブラウンに宿題を手伝ってはもらえない雰囲気をすぐ感じ取った時はあっさり引き下がります。

チャーリーブラウンはサリーのためを思ってあえて手伝わないのです。

妹サリー思いのチャーリーブラウンです。

チャーリーブラウンがサリーの宿題を手伝ったところ答えが全部間違っていたため、チャーリーブラウンが先生に呼び出されて面倒な事になったこともあります。

⑥ チャーリーブラウン ヒーローの兆し 大切なスヌーピー

仲間達には一年を通じて節目の行事があります。

新年に始まりバレンタインデー、イースター、ハロウィン、クリスマス、そして誕生日等です。

チャーリーブラウンは人間の仲間と同じ感覚でスヌーピーを仲間に入れます。

そのため他の仲間達もスヌーピーを仲間として接します。

遊ぶ時、スポーツの時、他のことを何かする時、スヌーピーもしっかり人数に数えられ人間以上に目立つことも多々あります。

スヌーピーの兄スパイクが父の日にパパへの手紙にスヌーピーのことを、丸頭の子と一緒にいい家で生活していると書いています。

スパイクから見てもチャーリーブラウンのことは疑うことなく人間的な人間に見えるのだと思います。

チャーリーブラウンは行事の時は毎日のドッグフードをアレンジしたり、スヌーピーの誕生日にはケーキを出したりスヌーピーの世話をしています。

スヌーピーを喜ばせるチャーリーブラウンは幸せそうです。

チャーリーブラウンに飼われているスヌーピーはもちろんとても幸せ最高だと思います。

⑦ チャーリーブラウン ヒーローの兆し まだ見ぬラブレター

バレンタインデーになるとチャーリーブラウンはバレンタインカードが郵送で来るのを今か今かと待っています。

スヌーピーには何枚ものバレンタインカードが来るのにチャーリーブラウンにはまだ一枚も来ません。

しかしチャーリーブラウンはバレンタインでない時でも、まだ見ぬ恋の相手からのラブレターが来た時のために郵便受けの中に入り郵便受けの中を奇麗にし、郵便受けの上に乗り汚れや埃を落とすのです。

手紙を書いてくれる相手への思いやりでいっぱいの何て優しいチャーリーブラウンの行動でしょう。

「もし一通でももらったら、どうすればいいのかわからないよ…」と言うチャーリーブラウンはいずれいつの日か来るラブレターに夢を託しているのです。

⑧ チャーリーブラウン ヒーローの兆し 自問自答

チャーリーブラウンは眠れない夜に自問自答します。

チャーリーブラウンは「人生って選択式テストですか、それともマルバツ式テストですか?」と問うと、もう一人の自分は「言いたくないがね、人生は1000語の記述式なんだ」と答えます。

チャーリーブラウンは自分にそう言い聞かせて、人生は簡単に割り切れるものではないことを納得しようとしているのです。

⑨ チャーリーブラウン ヒーローの兆し ありがとうグローブ

十月になると野球シーズンが終わり、チャーリーブラウンにとっては寂しい時です。

「さて、わが忠実なるグローブよ、きみを来年までしまうときが来た…」とチャーリーブラウはグローブに話しかけます。

チャーリーブラウンは半年間活躍してくれたグローブにありがとうの気持ちで思わず話しかけたのだと思います。

生きものに対して優しいチャーリーブラウンは、生きてはいない物体である自分の身の回りの物に対しても大切なものという気持ちで接しています。

チャーリーブラウンはサリーに「生きてもいないものに語りかける人は、みんな頭がおかしいのよ…」と言われますが、チャーリーブラウンにとってはグローブは生きているものと同じなのだと思います。

命ある全てのものに優しいチャーリーブラウン、グローブは生きているものではありませんが、グローブが寿命を全うするまでは命あるものと同じように大切な存在です。

グローブに語りかけるチャーリーブラウンの優しい人間性がにじみ出ています。

⑩ チャーリーブラウン ヒーローの兆し まとめ

PEANUTSで「おなじみのいいやつ、チャーリーブラウン」と仲間達から言われるチャーリーブラウンはいつも決して偉ぶることなく、大きな包容力で皆に安心を与える偉大なキャラクターだと思います。

私はチャーリーブラウンに対して、優しい、諦めない、考える、一見悲観的だけれど実は前向き、夢がある、という特徴が思い浮かびます。

PEANUTSの主人公チャーリーブラウンは、この世のヒーロー(英雄)になるキャラクターだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました