タイトル上

PEANUTSから学んだこと スヌーピーにとってのチャーリーブラウン

PEANUTSで、スヌーピーはチャーリーブラウンの飼い犬です。

チャーリーブラウンは、スヌーピーに毎日欠かさずごはんを与え、一緒に遊び、時には一緒に寝たりもします。

スヌーピーは、チャーリーブラウンに飼われて、毎日幸せな生活をおくっています。

記事中

① PEANUTSから学んだこと スヌーピーにとってのチャーリーブラウン 欠かさずごはんをくれる飼い主

飼い主がペットにする一番の仕事は、えさを与えることです。

チャーリーブラウンは、えさとは言わずごはんと言います。

この一言からも、チャーリーブラウンがスヌーピーを、自分たち人間と対等として思っていることがわかります。

言葉は心といいますが、私もそう思います。

ごはんというと、とても暖かみを感じます。

スヌーピーはチャーリーブラウンのことを、いつもごはんをくれる丸頭の子として認識しています。

ごはんなくして動物は生きられないのですから、チャーリーブラウンがスヌーピーの命をつないでいるのですね。

② PEANUTSから学んだこと スヌーピーにとってのチャーリーブラウン 一緒に遊んでくれる飼い主

スヌーピーはチャーリーブラウンの家の中に入り、チャーリーブラウンにじゃれついて遊びます。

一緒にテレビを見たり、そのままチャーリーブラウンの頭の上で眠ってしまったりします。

チャーリーブラウンの頭の上で眠ってしまうくらいですから、チャーリーブラウンに対して安心しきっているのですね。

チャーリーブラウンは、目を覚まさないスヌーピーを犬小屋まで連れていきますが、スヌーピーはいい具合に犬小屋の屋根の上にすべり込んでいきます。

スヌーピーは、眠っていてもチャーリーブラウンと息が合っているのですね。

スヌーピーは、青い空に赤い犬小屋がよく似合います。

③ PEANUTSから学んだこと スヌーピーにとってのチャーリーブラウン 一緒に寝てくれる飼い主

スヌーピーは犬小屋の中ではなく、犬小屋の屋根の上で寝ます。

閉所恐怖症のためです。

そのため、時には落ち着かず寝にくい時もあります。

そういう時は、チャーリーブラウンのところへ行くのです。

しかし、結局、屋根の上で寝ているいつもの癖で、チャーリーブラウンの頭の上にからだを横たえて上向きで寝たりします。

チャーリーブラウンを信用しているのですね。

チャーリーブラウンはため息ですが・・・。

④ PEANUTSから学んだこと スヌーピーにとってのチャーリーブラウン まとめ

PEANUTSで、スヌーピーはいろいろな才能のあるビーグル犬です。

そのため感性が豊かです。

人間の価値は優しさにあります。

チャーリーブラウンは、心の優しい飼い主です。

スヌーピーは、チャーリーブラウンに飼われて最高だ!!!と思っていると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました