タイトル上

PEANUTSの探究 【サーファースヌーピー】

PEANUTSの探究

PEANUTSで、スヌーピーは、サーフィンに挑戦します。

普段はなかなか、サーフィンをする機会が無いスヌーピーです。

浜辺に来た時は、可愛い子がいるので、スヌーピーは、サーフィンでカッコイイところを見せようと夢中になります。

記事中

① サーファースヌーピー 離れ業は失敗に終わった

8月、犬小屋の上に居るスヌーピーの所へ、フリーダが来ますが、フリーダはスヌーピーが食べて寝るだけということが気に入りません。

フリーダにいやみを言われたスヌーピーは、「もっと行動するべきかも」と、自分としても思います。

思い立ったらすぐ行動に移すスヌーピーです。今は8月、スヌーピーの頭に浮かんだものは、サーフィンです。

スヌーピーは海水パンツを履き、向った所は、砂浜のある海!

ところが、ところが。

スヌーピーの目に映ったものは、波ではなく、ビキニ姿で美人のビーグルで、スヌーピーと一緒にスケートをした、スヌーピーの彼女なのです。

毎晩一緒にスケートしたということで、果たして彼女と言えるのかと思いますが、スヌーピーが言うには、スヌーピーの彼女ということです。

しかし、スヌーピーは、彼女のパパがスヌーピーを認めてくれなかったことで、自信をなくして、失恋すると思い込んでいます。

そのため、スヌーピーは、サーフボードを縦や横にして立てて、自分の身を隠し、家に帰ろうとします。

その時やはり、根が明るいスヌーピーの性格が前面に出ます。

スヌーピーは、カッコよく波乗りしている自分の姿を、ビキニビーグルに見せようと、波に向かっていざ出陣です。そして、張り切るスヌーピーです。

いい具合に波に乗って、大きな掛け声でサーフィンしているスヌーピーですが、ライナスとチャーリーブラウンは、スヌーピーが頭がおかしくなったと思い、二人で砂浜を走りスヌーピーの方へ駆け寄ります。

まもなくスヌーピーは、大きな波でひっくり返り、海水を飲んでしまいます。

スヌーピーは、普段サーフィンをやる機会が無いので、サーフィンをやり慣れていないのです。

それでもスヌーピーは、彼女にカッコイイところを見せたくて、サーフィンをやってのけるのは、やんちゃでスヌーピーらしいです。

スヌーピーは、チャーリーブラウンに担がれて砂浜に戻され、海水を吹き出します。

家に帰り、犬小屋に戻ったスヌーピーを待っていたものは、チャーリーブラウンからのお説教です。チャーリーブラウンは、さすがスヌーピーの飼い主、スヌーピーのことはお見通しです。

スヌーピーは、チャーリーブラウンから、女ビーグルにいいところを見せようとして、離れ業しようとして大きな波でひっくり返り、溺れ死にしそうになったことを、こんこんとお説教されます。

チャーリーブラウンはスヌーピーに、「知っておいて欲しいんだ…きみ自身のためなんだよ!」と言います。

チャーリーブラウンは、スヌーピーのことを思って言っているのです。

さらに、スヌーピーはチャーリーブラウンから、女ビーグルは波乗りしているスヌーピーに見向きもしないで、ゴールデンレッドリバーと砂浜を走ってたと言われ、とうとう「ワーン!」と泣き出してしまいます。

チャーリーブラウンは、スヌーピーに、むちゃなことはしないように、気を付けてもらいたいのですね。

チャーリーブラウンにとって、大切なスヌーピーなのです。

② サーファースヌーピー 大きな波は苦手だ~

スヌーピーは、夏になると、チャーリーブラウンに連れられて、湖や海にやって来ます。この日は、海に来ています。

スヌーピーは、新しい波乗り用パンツとサーフボードがお揃いの波の柄模様で、ご機嫌です。チャーリーブラウンが揃えて買ってくれたのですね。

砂浜に、「犬は浜辺には入れられません!」という看板がありますが、もう浜辺に居るスヌーピーは、引き返しません。

スヌーピーは、浜辺はカワイコちゃんでいっぱいだと言い、またまた、カッコよくサーフィンしている姿を見せたくなり、ノリノリの気分です。

何しろ、スヌーピーは、やんちゃ盛りなのです。

スヌーピーは、さっそくサーフィンを始め、なかなか波乗りが上手でカッコいいです。

ただ、やはり、スヌーピーは大きな波は苦手で、大きな波が来ると、ひっくり返ってしまいます。

でも、スヌーピーは、前回来た時よりも進歩があり、溺れそうにはなりません。

スヌーピーは、危機は免れられるのですが、サーフボードから海に放り出されたら、犬かきをしなければならないというのが、スヌーピーの運命なのです。

そこのところが、スヌーピーにとって、カッコがつかないところだと言います。

犬かきだって、カッコ悪くないと思いますが・・・。

③ サーファースヌーピー まとめ

PEANUTSで、キャラクター達の中で、スヌーピーだけが唯一、サーフィンをします。仲間達はまだ子供で危ないので、もっと大きくなるまでは、サーフィンをしないのだと思います。

スヌーピーは、犬とはいえ、サーフィンまでできるとは、それも、二本足で立ってやってのけるのですから、名犬スヌーピーとしか言いようがありません。

やんちゃ盛りなスヌーピーは、何にでも挑戦してみたいのですね。

仲間達が大きくなったら、スヌーピーが仲間達に、サーフィンを教えるのでしょうか。

私は、スヌーピー万歳!!という気持ちです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました