タイトル上

PEANUTSの教え となりの猫 WWⅡ

PEANUTSの教え

PEANUTSで、スヌーピーの犬小屋の隣に、隣の家の猫が住んでいます。猫の名前は、WWⅡといいます。

となりの猫は、PEANUTSの原作の中で、一度も姿を見せません。

となりの猫は、スヌーピーの思うことが気に入らないと、スヌーピーの犬小屋を派手に破壊します。

記事中

① PEANUTSの教え となりの猫 WWⅡ となりの猫とは

となりの猫の本当の名前、WWⅡとは、World War Ⅱ、第二次世界大戦(1939年~1945年)のことです。PEANUTSの作者の、チャールズ モンロー シュルツ氏は、第二次世界大戦に従軍していました。

となりの猫は、スヌーピーと仲の悪い、隣に住んでいる猫です。

ある日、スヌーピーは、待ちに待った夕食で、大喜びでいつものように全部たいらげました。

スヌーピーは、食べ終わった直後に、チャーリーブラウンから、ドッグフードを切らしてしまい、あれは隣から借りてきたキャットフードだったことを聞かされ、途端に気分が悪くなります。

スヌーピーは、「胃が痛い」「死にそうだ」といい、あの猫どもは、いつも生のネズミみたいなゲテモノを食べていることを思いめぐらし、 ヒックヒックしています。

スヌーピーは、まんまとチャーリーブラウンの冗談にひっかかりました。

チャーリーブラウンは、スヌーピーをからかっていただけで、あれはキャットフードではなく、ドッグフードだったと言いに来ました。

スヌーピーは、キョトンとします。

ほっとしましたね、スヌーピー。

② PEANUTSの教え となりの猫 WWⅡ スヌーピーは猫ぎらい  

スヌーピーが嫌いなものは、猫と草むらです。 

草むらは、物体ですが、猫は生き物なので、手ごわいです。

私には、疑問があります。

フリーダの飼い猫のファーロンとの場合、スヌーピーは猫語が分からないということで、ファーロンと何を話したらいいか分からない、ということです。

となりの猫の場合は、スヌーピーが思ったこと、つまり吹き出しの中の思ったことが、瞬時にとなりの猫に伝わってしまうのです。

何を思おうとスヌーピーの勝手なのに、思うととなりの猫に伝わってしまうので、スヌーピーは大変ですね。

うっかり、となりの猫に対して、敵対心を持つと、すぐに犬小屋を壊されるので、要注意です。

チャーリーブラウン、ウッドストック、時にライナス等キャラクター達には、スヌーピーの思っていることが伝わるといいますが、皆はいい仲間です。

それと同じように、となりの猫にも、スヌーピーの思っていることが、伝わるというのであれば、となりの猫もいい仲間なのでしょうか・・・?

③ PEANUTSの教え となりの猫 WWⅡ となりのマヌケ猫 

スヌーピーは、となりの猫のことを、「となりのマヌケ猫」ともいいます。

その、となりのマヌケ猫が、スヌーピーの犬小屋を破壊する時は、グサッ、バリン、ドカン、スパッ、ザクッ、シュッ、等、独特の音を立てます。

となりの猫は、スヌーピーの犬小屋を、跡形もなく壊すことはなく、最悪でもほんのわずかは、残すのです。

スヌーピーのいったことに対するとなりの猫の反応は、とても早いので、まるでいつもスヌーピーのことを、監視しているのかと思ってしまいます。

④ PEANUTSの教え となりの猫 WWⅡ ご意見いかが 

スヌーピーが、となりの猫に、兄スパイクがくる、彼は猫を食う、来たら一発お前の鼻に、みまってもらうと思い、「ご意見いかが」と心の中でいうと、すぐさま、となりの猫に、犬小屋の屋根の6分の1程が、グサッ、と破壊され、スヌーピーは吹っ飛びました。

さらに、スヌーピーが、となりの猫に、兄スパイクはコヨーテと暮らしてた、お前の鼻に一発みまってもらうと思い、「さあ、ご意見いかが?」と心の中でいうと、すぐさま、となりの猫に今度は、犬小屋の屋根の10分の7程まで、バリン、と破壊されました。

そして、スパイクとスヌーピーとで、となりの猫を威嚇したところ、ドカンという音とともに、となりの猫に、犬小屋全体の左端をわずかに残し、ほとんど破壊されてしまいました。

その時、スヌーピーは、となりの猫に文句をいいましたが、となりの猫からの四度目の攻撃はありませんでした。

スヌーピーは、絶えずとなりの猫に用心しながら、生活しなければなりませんね。

犬小屋を作るのは、チャーリーブラウンですから、チャーリーブラウンは大変です。

⑤ PEANUTSの教え となりの猫 WWⅡ ウッドストックのニャーオ

スヌーピーの犬小屋の上に、スヌーピーとウッドストックがいます。

ウッドストックが「ニャーオ」を9回いいました。

すると、犬小屋はとなりの猫に破壊され、バリン、という音をたて、左端を極わずか残し、棒切れのようになってしまいました。

スヌーピーとウッドストックは、吹っ飛びました。

スヌーピーは、残されたほんのわずかな屋根の上で寝ることになります。

ところが、何とスヌーピーはとなりの猫に、「でも、かんべんしてやるよ!なぜだか知りたいかい?」「ボクはそういう男だからさ、そういうこと!」といい、怒りません。

スヌーピーは、機嫌がいい日だったのでしょうか。

しかも、スヌーピーはとなりの猫に、「もう二度とボクにジョニ・ジェームスのレコード貸してくれなんて頼むなよ!」と、いっています。

二匹は、レコードを貸し借りする仲なのでしょうか・・・?

また、スヌーピーとウッドストックの会話の中で、猫という言葉をたまたま使ったところ、となりの猫が反応して、スヌーピーの犬小屋の屋根を、またしても破壊したことがあります。

となりの猫は、敏感なのです。

そして、となりの猫は、スヌーピーの犬小屋の屋根を、自分の足型や星形に、 派手にくり抜いたりもします。

となりの猫は、なかなか器用ですが、こんなところにその器用さを使わないでもらいたいものです。

⑥ PEANUTSの教え となりの猫 WWⅡ ペパーミントパティとスヌーピーの突撃 

スヌーピーが、 ペパーミントパティに 、犬の訓練所のエース訓練学校を案内し、ペパーミントパティは通い続け、卒業証書をもらいます。

あとから、ペパーミントパティは、そこが犬の訓練学校と知り、猛烈に怒って、スヌーピーの所へ来ました。

犬小屋の屋根の上に立ったペパーミントパティは、となりの猫を、猫の服を着たスヌーピーと思い込み、突撃しました。

チャーリーブラウンが、「あれは、隣のバカ猫の、第二次大戦だよ…かかわりあうなよ…くせものだよ!!」というのを、ペパーミントパティは、聞き入れません。

ペパーミントパティが不利と思ったスヌーピーは、助けに行き、 となりの猫を攻撃し、二人ともボロボロになって帰ってきました。

ペパーミントパティは、となりの猫が怒ったのは、ペパーミントパティがとなりの猫の服を無理やり脱がせようとしたからだ、となりの猫が怒るのも無理はないと言って笑い、助けに来てくれたスヌーピーに、笑顔で謝りました。

そして、ペパーミントパティがとなりの猫に、負けた感想を聞いたところ、となりの猫に、いきなりスパッと犬小屋を壊されました。

犬小屋の左端がわずかに残った、ひどい破壊力です。

さらに、スヌーピーがそれに対する苦情をいったところ、バリン、という音とともに、犬小屋は棒切れのようになってしまいました。

となりの猫が怒った時の攻撃の対象は、スヌーピー自体にではなく、必ずスヌーピーの犬小屋なのです。

これでは、新しい犬小屋を作るチャーリーブラウンは、その度、本当にたまったものではありませんね。

また、凄く寛大に解釈すれば、スヌーピーがとなりの猫に飛びつかれて怪我をすることはないので、その点ではよかったと思います。

⑦ PEANUTSの教え となりの猫 WWⅡ スヌーピーヘリコプターで突撃

ユードラがライナスの安心毛布を、となりの猫にやってしまい、ライナスは長い木の棒で取ろうとしましたが、木はとなりの猫につぶされました。

そこで、スヌーピーがヘリコプターになり、ウッドストックを抱きかかえ、しっぽにライナスをぶら下げて、となりの猫の所へ向かいます。

となりの猫の真上で、チャーリーブラウンに「晩ごはんだよ!」と言われ、スヌーピーヘリコプターは、その拍子に、となりの猫の所へ落ちました。

となりの猫を相手に、大喧嘩です。

スヌーピー、ライナスの順にボロボロになって戻ってきたところで、戦いは終わり、何とウッドストックが、にこにこして毛布をひきずってきたのです。

ウッドストックは、ボロボロになっていなくて、元のままです。

スヌーピーは、ウッドストックに理由を聞きましたが、理由の説明が詳しく長すぎるため、スヌーピーは最後まで聞きませんでした。

気を付けた方がいい事は、よほどのことがない限り、となりの猫の所へは、極力、突撃しないことです。

自分がボロボロにされ、ひどい目に合います。

スヌーピーヘリコプターは、思わぬ時に、役に立ちますね。

⑧ PEANUTSの教え となりの猫 WWⅡ まとめ

PEANUTSで、となりの猫は、一度も姿を見せません。

そのため、どんな猫だろうと想像します。

一人一人違った猫の想像になりますね。

私は、可愛くない怪物のような猫を想像します。

想像力をかきたてる、となりの猫です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました