タイトル上

PEANUTSから学んだこと スパイクの日常

PEANUTSで、スパイクはスヌーピーの兄です。

棒のように細いからだと、ひげと帽子と、まぶたの重たそうな大きな目が特徴です。

スパイクは、ニードルズに住んでいます。

スパイクは、スヌーピーに手紙を書いたり、行き来もしています。

スパイクはミッキーマウスから、黄色いくつをもらいました。

そのような、スパイクの日常の様子を見てみます。

記事中

① PEANUTSから学んだこと スパイクの日常 スヌーピーへ手紙を書く

スパイクは、アメリカ合衆国、カリフォルニア州の都市、ニードルズに住んでいます。

ニードルズは、砂漠地帯にあります。

砂漠には、サボテンのジョー・カクタスやコヨーテ(オオカミに似た小型の動物)がいます。

スパイクは、時々スヌーピーに手紙を書きます。

スヌーピーが住んでいるところは、不明です。

スパイクが手紙を書く距離で、旅をする気になれば歩いてでも行ける街に、スヌーピーは住んでいるのですね。

スパイクの住む砂漠は、暑い時は気温が40度以上にもなります。

しかも、砂漠だから、昼夜の温度差が激しいのです。

スパイクはサボテンに、朝、暖炉を炊いたこともあるのです?!

この時も、スパイクはさっそくスヌーピーに手紙を書きました。

サボテンは、スパイクの話相手になったり、家の代わりになって身を守ってくれたり、大切な存在です。

そして、スパイクにとっては、手紙を書けるスヌーピーの存在が大切です。

スパイクは事あるたびに、スヌーピーに手紙を書きます。

スパイクは孤独を好むと言われていますが、全くの一人ぼっちというわけではありません。

言い方を換えれば、スパイクは自然が好きということかもしれません。

② PEANUTSから学んだこと スパイクの日常 スヌーピーが助けに来た

ある日、スパイクからスヌーピーに手紙が届き「コヨーテに包囲されているから救援を乞う。」という内容です。

スヌーピーは、ビーグルスカウトの四羽を連れて、スパイクのところへ出発しました。

遠いので、夜はキャンプをして野宿をし、朝また歩いて行くのです。

スヌーピー達は、数日かかって、やっとニードルズの入り口にたどり着きました。

スヌーピーは、そこからは自分の耳をプロペラ代わりにし、自分がヘリコプターになります。

スヌーピーは、救援物資をスパイクに落とし、自前ヘリコプターで スパイクをスパイクの不動産事務所へ連れて行きました。

そこで、スヌーピーはスパイクに事情を聞きました。

スパイクは「砂漠の真ん中で、コヨーテたちに、海を見晴らすマンションを売ろうとした。」のだそうです。

しかし、「コヨーテたちに売りつけられるわけがない。」のです。

それで、「不動産取引のゴタゴタが起きたというわけ。」です。

スパイクは、「コヨーテは遠目がきくから、砂漠の真ん中でも、海を見晴らすマンションを買ってくれると思った」とのことです。

スヌーピーは、呆れて帰ることにしました。

スパイクの日常って、すっとんでいますね。

考えることが大胆過ぎます。

スパイクの仕事は不動産です。

見かけによらないものですね。

私は、スパイクが仕事をしているとは知らず、びっくりしました。

私は、スパイクは、砂漠で身の回りのことをして生活をするだけで、いっぱいいっぱいだと思っていました。

スパイクは、いろいろ工夫して過ごしていて、無駄に時間を過ごしているのではないことがわかりました。

③ PEANUTSから学んだこと スパイクの日常 ジョー・カクタス

スパイクのそばには、サボテンのジョー・カクタスがいます。

ジョー・カクタスとは、サボテンの名前です。

ジョー・カクタスは、クリスマスツリーの代わりになってくれたり、たくさんのパンケーキを、からだにくっつけて持っていてくれたり、他にもいろいろ役に立ってくれます。

そして、スパイクが話かけると反応するので、孤独を紛らわせてくれます。

スパイクにとっては、なくてはならないジョー・カクタスです。

お互いさまで、ジョー・カクタスもスパイクを、いい仲間と思っているはずです。

④ PEANUTSから学んだこと スパイクの日常 ミッキーマウスから黄色い靴をもらった

ジョー・カクタスはサボテンなので、その場から動くことができません。

そのため、やっと帰ってきたスパイクが、どこへでも行けることが、うらやましいのです。

スパイクは、「ハリウッドへ行って、ミッキーマウスに会った。」そして、「砂漠で足に砂が熱いことを話したら、ミッキーマウスが黄色い靴をくれた。」という話をしました。

それは、スパイクは、うれしいですね。

自慢になっちゃいますね。

信じられない程の、名場面です。

⑤ PEANUTSから学んだこと スパイクの日常 まとめ

PEANUTSで、スパイクは砂漠で一人で暮らしています。

そこでは、サボテンのジョー・カクタスや、コヨーテや、周囲のいろいろな物が仲間です。

私は、スパイクが不動産の仕事をしているとは驚きました。

日常、スパイクは、スヌーピーとの交流も続いています。

私は、スパイクは決して全くの一人ぼっちではないことが、よくわかりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました