タイトル上

PEANUTSから学んだこと 【スパイクの日常】

PEANUTSから学んだこと

PEANUTSで、スパイクはスヌーピーの兄です。スパイクは、棒のように細い体と、ひげ帽子と、まぶたの重たそうな大きな目が特徴です。

スパイクはニードルズに住んでいます。 スパイクは、スヌーピーに手紙を書いたり、スヌーピーと行き来もしています。

スパイクはミッキーマウスから、黄色い靴をもらいました

そのような、スパイクの日常の様子を見てみます。

記事中

① スパイクの日常 久しぶりのスパイク

1975年8月4日、スヌーピーの所にスパイクからの手紙が届きます。砂漠の都市ニードルズへの途中、スヌーピーの所に立ち寄るという内容です。スパイクは1975年8月13日に、初登場します。

チャーリーブラウンは、スパイクのために新しいごはん皿とルートビア24缶を用意しました。

やって来たスパイクはあまりに痩せているため、ルーシーがスパイクのことをかわいそうと言い、いろいろ食べさせるために、ルーシーの家にスパイクを連れて行きます。

スパイクはライナスのベッドに寝かされ、テレビを見ながらルーシーにミルクセーキを何回も飲まされ世話をされ、スヌーピーよりもお腹が出た体型まで太りました。

そしてスパイクはニードルズへ帰って行きます。

1975年11月、スパイクはスヌーピーに手紙を書き、感謝祭をニードルズで一緒に過ごそうと言う内容です。スパイクが、コヨーテの可愛い子が、スヌーピーに会いたがっていると言うため、その言葉にのせられて、スヌーピーはごはん皿をお守りに帽子代わりに被って、ニードルズへ行きます。

しかしスヌーピーは、スヌーピーを迎えに来たスパイクとすれ違いになり、スヌーピーは砂漠に居られず帰ることにしました。

感謝祭の晩餐はスヌーピーの犬小屋でスパイクが食べ、スヌーピー感謝祭の晩餐を食べれませんでした。

1978年7月、再びスパイクはスヌーピーの所へ来ます。スパイクはコヨーテに叩き出され、ニードルズを離れたくないのに、引っ越してくるということです。スパイクは体調も良くなく、また痩せてしまったのです。

しかしチャーリーブラウンが近所の家々にスパイクを連れて歩き、飼ってもらえないか頼んでも、全部断られました。スパイクは痩せすぎていて、見た目が悪いためです。

スパイクはまたニードルズへ帰って行きました。

② スパイクの日常 ニードルズ

スパイクは、ニードルズに住んでいます。

ニードルズはアメリカ合衆国カリフォルニア州の都市で、モハーベ砂漠のコロラド川西岸にあります。

スパイクが住んでいる砂漠地帯は、夏は暑い時は40度以上にもなり、冬は寒く雪が降ることもあります。

冬はサボテンのジョー・カクタスに暖炉を炊いたこともあるほどです。

砂漠なので、昼夜の温度差も激しいのです。

また、スパイクによると砂漠では時には雨になり、突然洪水に襲われることもあるといいます。

そして散歩すれば美しい景色にはこと欠かないのだそうです。

スパイクは砂漠に住むには、ガラガラヘビに気を付ける必要があるといいます。

ジョー・カクタスとは、仲良くしているサボテンの名前です。

砂漠にはサボテンや大きな岩がたくさんあり、コヨーテ(オオカミに似た小型の動物)が暮らしています。

スパイクによると、砂漠で可愛い女の子のコヨーテに会うことがあるそうです。

スパイクは岩に話しかけることもありますが、岩からの応答や反応はありません。

スパイクが時々訪ねる、スヌーピーが住んでいる所は不明です。

スパイクが旅をする気になれば、歩いてでも行ける街に、スヌーピーは住んでいるの ですね。

③ スパイクの日常 タンブルウィード

砂漠にはタンブルウィードが発生します。

タンブルウィードとは、草が枯れてちぎれてまとまり、玉のようになって大きくなり、軽いので風が吹くと転がる乾燥地帯の回転草のことです。

「tumble」は英語で回転する、「weed」は英語で雑草という意味です。

スパイクは、パンケーキ等がタンブルウィードにくっつくと、持っていかれてしまうので、タンブルウィードが転がってきたら要注意です。

タンブルウィードがスパイクの体より大きい場合は、スパイクはタンブルウィード・ヒッチハイクでタンブルウィードの中に入って、転がされて移動したりもします。

便利でおもしろそうですが、危なくて目が回りそうですね。岩などにぶつかったら最悪で、スパイクははじき飛ばされます。

スパイクはタンブルウィードの中に入って、町へ出ることもあります。これには私は驚いてしまいました。そしてスパイクは町でローラースケートをするのです。

スパイクは自分の体より小さいタンブルウィードは扱いにくそうです。

タンブルウィードが小さいと、スパイクが中に入って一緒に転がることもできず、フットボールのように蹴ることもできず、スパイクが上に乗ろうとするとスパイクはひっくり返ってしまいます。

スパイクは、まだ小さめの若いタンブルウィードには、かなわないと言っています。

1997年12月、スパイクはタンブルウィードをクリスマスツリーにして、見事だったのですが、転がってどこかへ行ってしまいました。タンブルウィードとは、そういうものなのです。

1999年7月、スパイクはサボテンとは話せるけど、タンブルウィードは話を聞いてくれないなと言っています。

タンブルウィードは軽くて転がってしまうから、スパイクの話を聞いても中途半端になるので、あえて聞かないのかもしれませんね。その転がっていくことが、タンブルウィードの仕事なのでしょうね。

④ スパイクの日常 パパへの手紙

1980年6月、父の日、スパイクはパパに手紙を書きます

手紙には、スパイクは砂漠に住んでいて、コヨーテやサボテンの友達がたくさんいること、スヌーピーは丸頭の子と一緒にいい家庭で生活していること、自分は飼い犬には一度もなれないし自立していたい、10ドル送って欲しいということを書きました。

1981年6月、昨年と同様、父の日、スパイクはパパに手紙を書きます。

手紙には、ニードルズとブルヘッド・シティの間の砂漠にいる、不動産の仕事に就いたこと、パパに仕送りもできるようになったことを書きました。

(ブルヘッド・シティはアリゾナ州のコロラド川沿いにある都市です)

昨年のスパイクは、パパに10ドルの仕送りのお願いをして、今年はパパに仕送りもできると書いているので、一年で大きな進歩がありましたね。

パパにとって息子からの手紙は、何より嬉しい父の日のプレゼントです。スパイクは親孝行です。

その後もスパイクは、父の日にパパに手紙を書き続けています。スパイクは偉いですね。

1987年5月には、母の日にママに手紙を書いています。

また、スパイクはクリスマスには、サンタクロースに手紙を書きます。

⑤ スパイクの日常 フライングエースに登場

1981年4月、スヌーピーがタイプライターで文字を打つ、フライングエースの物語の中に、スパイクは歩兵として登場します。

スヌーピーは第一次世界大戦の撃墜王で、兄スパイクはフランスで歩兵になっている物語です。

スヌーピーはフランスでスパイクを見つけ出しました。二人でパリの近くで休暇を取るためスヌーピーがスパイクを町へ連れ出したところ、スパイクは最初に出会った女の子とどこかへ消えてしまいます。

スヌーピーはフランスの赤十字に、話し相手が居るかもしれないと思い訪ねたところ、何と妹のベルがいたのです。スヌーピーがベルが出したドーナツを全部食べつくした時、スパイクが現れます。

そしてスパイク、ベル、スヌーピーの三匹で揃って写真を撮り、パパとママへ送るというここまでがスヌーピーの書いた物語です。

物語ではあっても、そこにスパイクは存在しています。物語が永遠に残るように、その中でのスパイクの存在も永遠です。

1987年5月、第一次世界大戦の撃墜王が兄のスパイクを探し、スパイクは歩兵隊にいました。

スヌーピーとスパイクは二匹でルートビアを飲み、スパイクはしきりにうちへ帰りたがります。

そして戦争は終わり、スヌーピーは勝ったことをスパイクに伝えるのです。これもスヌーピーが書いた物語です。

スヌーピーは物語を読み直す度、スパイクが目の前に現れた気持ちになると思います。

1996年7月、第一次世界大戦の撃墜王が塹壕(ざんごう・戦争で敵の攻撃から身を守るために掘った溝)にいる兄弟を訪ねに無人地帯を横切って行きました。

スヌーピーは歩兵のスパイクを見つけます。

しかしスパイクはインフルエンザにかかり、スヌーピーに頼みママに手紙を書いてもらいます。

すると、フランスに居るスパイクのところに、ママはタピオカ・プティングを持って来てくれたのです。という内容の物語です。

スヌーピーはルーシーにバカげた話と言われてしまいますが、物語にスパイクが登場し、スパイクの姿がスヌーピーの頭に浮かぶのはいいことです。

物語を読む度に、そこにスパイクが居るので、物語の質は単純でも、スパイクに会えた気持ちになれるのです。

1998年7月、スヌーピーが書いた物語です。

第一次世界大戦の撃墜王が無人地帯を横切ります。

そして、スヌーピーは兄弟のスパイクを訪ねに行く…スパイクは塹壕(ざんごう)にいる、スヌーピーは町でスパイクとルートビアを飲んだ、スパイクは詩を書いていて、フランドルの野にケシの花咲く…と書いたところ、スパイクは花はヒマワリに変える、という物語です。

物語の中のスパイクは、いつになく疲れている様子で、目がいつもよりトロンとしています。

物語の中のスパイクでも、実際のスパイクの姿が思い浮かびます。物語の中に、いつもそこにはスパイクがいて、スパイクに会えますね。

⑥ スパイクの日常 ジョー・カクタスと過ごす

砂漠でスパイクのそばには、サボテンのジョー・カクタスがいます。

ジョー・カクタスとは、サボテンの名前です。カクタス、というのは、英語でサボテンという意味で、男という意味の、ジョー、を付けてジョー・カクタスとなります。

スパイクによると、ジョー・カクタスはサグアロサボテンだといいます。

(サグアロサボテンは高さが12mほどで200年ほどの寿命、色はピンクブラウン、今にも動き出しそうなユニークな姿をしています)

ジョー・カクタスは、家の代わりになりスパイクの身を守ってくれたり、クリスマスツリーの代わりになってくれたり、たくさんのパンケーキ等様々な物を体にくっつけて持っていてくれたり、スポーツで役に立ってくれたりします。

特にジョー・カクタスはスパイクの唯一の話し相手になってくれて、スパイクの話を聞いてくれるので、スパイクにとってはとても有難いのです。

スパイクが話かけると、ジョー・カクタスは枝を動かして反応することもあり、枝の動きでジョー・カクタスの思っていることが分かる時もあります。

スパイクにとっては、なくてはならない親友ジョー・カクタスです。

お互い様で、ジョー・カクタスもスパイクを、いい仲間と思っているはずです。

1984年1月、スパイクは名誉である地元サボテンクラブの会長・実行委員長になっています。会計、副会長もスパイクで、会員はスパイク一人で、仲間はサボテン達です。

そしてスパイクは、サボテンクラブの例会で、忙しくしています。いろいろな報告の例会夜のダンスパーティー運動会マシュマロ焼きなどで、スパイクもサボテン達も大忙しです。

また、スパイクはジョー・カクタスに協力してもらい砂漠ホッケー、フットボール、野球、バスケットボール、テニス、ゴルフ、サッカーなどスポーツをしたり、ジョー・カクタスに見守られながら音楽に合わせて踊ったり、絶えずジョー・カクタスのそばにいます。

スパイクはジョー・カクタスをモデルにして、絵を描くこともあります。

1994年9月、スパイクは誰にも話したことのない、自分が砂漠に住むことになった理由をジョー・カクタスにだけ話しています。

それは、スパイクが若い時、人間に言われるままにウサギを捕まえようと、ウサギに突進したところ、ウサギは道に飛び出し車にひかれてしまった、そのため、もう誰も傷つけたくなく砂漠に来た、というものです。

スパイクとジョー・カクタスは信頼し合っています。

1998年12月、スパイクはジョー・カクタスの了解を得て、今年のクリスマスカードは二人の名前で出すことにしました。

「メリークリスマス、スパイクとサボテン・ジョーより」というものです。スパイクとジョー・カクタスは本当に仲がいいのです。

1999年12月、スパイクはジョー・カクタスの体の一番上に登り、クリスマスの星飾ります。スパイクは「喜びを世界に」と言います。

スパイクはジョー・カクタスのたくさんのトゲで痛かったのですが、頑張って星を飾ったのです。

⑦ スパイクの日常 スヌーピーとの交流 

1982年8月、チャーリーブラウンの野球チームが、野球場として使っている空き地を取り上げられてしまい、野球ができないことになってしまいました。

そこでスパイクがお膳立てして、砂漠のコヨーテ達が空き地を買い、チャーリーブラウンの野球チームが空き地を使えるようにしたのです。

スパイクの不動産の仕事が、思わぬところで役に立ったのですね。私は驚きました。

スパイクのお陰で、チャーリーブラウンの野球チームは助かり、また元の場所で野球ができるようになったのです。

スパイクにとっては、手紙を書けるスヌーピーの存在がとても大切です。

スパイクは事ある度に、スヌーピーに手紙を書いています。些細な事でもスパイクはスヌーピーに手紙を書きます。

砂漠での話相手はサボテンのジョー・カクタスしかいないのです。

スパイクは孤独を好むと言われていますが、全くの一人ぼっちというわけではありません。

1983年2月、スパイクはスヌーピーに電報を打ちました。「救援乞う!コヨーテに包囲されている!長くはもちこたえられない!」という内容です。

スパイクは地面に体を半分うずめて、スヌーピーが助けに来るのを待っています。

スヌーピーは、ビーグルスカウトの四羽を連れて、スパイクの砂漠へ向けて出発しました。

遠いので、夜はキャンプをして野宿をし、朝また歩いて行くのです。

スヌーピー達は、数日かかって、やっとニードルズの入り口にたどり着きました。

スヌーピーは、そこからは自分の耳をプロペラ代わりにし、スヌーピーヘリコプターになります。パイロットはウッドストックです。

スヌーピーは、救援物資をスパイクに落とし、スヌーピーヘリコプターでスパイクを、スパイクの不動産事務所へ連れて行きました。

そこでスヌーピーは、スパイクに事情を聞きました。

スパイクは「砂漠の真ん中でコヨーテたちに、海を見晴らすマンションを売ろうとした」と言います。

しかし、スヌーピーがいうように「コヨーテたちに売りつけられるわけがない」のです。

そのため、スヌーピーがいうように「不動産取引のゴタゴタが起きたというわけ」です。

スパイクは「コヨーテは遠目がきくから、砂漠の真ん中でも、海を見晴らすマンションを買ってくれると思った」といいます。

スヌーピーは呆れて帰ることにしました。 スパイクの日常は、すっ飛んでいますね。 考えることが大胆過ぎます。

スパイクの仕事は不動産です。見かけによらないものですね。スヌーピーには呆れられてしまいましたが、コヨーテ達との取引も大変です。

1983年10月下旬、スパイクはジョー・カクタスを鉢植えにして、ジョー・カクタスを連れて、スヌーピーに会いに行きます。

スヌーピーの所へ着いた時はちょうどハロウィンの夜で、暗闇の中のカボチャ畑でジョー・カクタスを見たライナスに、ジョー・カクタスはカボチャ大王と勘違いされてしまいました。

ライナスにはジョー・カクタスの両枝が、カボチャ大王の上に挙げた腕に見えたのだと言います。

スパイクはスヌーピーに「よくこんなところに住んでいられるね?みんな頭がおかしいよ!」といいます。

そのあとスパイクはスヌーピーに近況を話し、ジョー・カクタスを連れて砂漠へ帰ります。

1988年6月、スパイクはスヌーピーに手紙を書きます。内容はスパイクがジョー・カクタスから聞いたもので、夏季オリンピックはニードルズで開催される、ということをスパイクは書きました。

チャーリーブラウンがオリンピックは9月で韓国でやると言っても、スヌーピーは兄スパイクを信じ、ごはん皿を帽子代わりにお守りとして頭に被って、一匹でニードルズのスパイクの所へ旅に出ます。

しかしオリンピックはニードルズでやると言う情報は、サボテンのジョー・カクタスからのものと知ったスヌーピーは、うちへ帰って行きました。

スパイクはスヌーピーに、サボテンの話なんか聞くべきじゃない、ということを言われたことにショックを受け、スパイクはジョー・カクタスに「きみはおれのただ一人の友だちだ…」というのです。

1989年1月、スパイクにスヌーピーから手紙が届きます。

内容は「手紙を書くように言われたのです、醜い犬コンテストに出る気はありますか」というものです。スパイクはもちろん、断りの手紙を書きました。

スパイクは自分のことを醜いとは思っていないためです。この誘いにはスパイクはいい気がするはずはありませんね。

1994年2月、スヌーピーは肺炎で病院に入院します。スパイクはスヌーピーのお見舞いに行きます。アンディとオラフもお見舞いに来ています。

スヌーピーが入院したことが何故わかったかについては、スパイクは「本能に従ってきただけさ…」といい、そういうことは犬の本能でわかるのだそうです。アンディとオラフも同様のことをいいます。

オラフが自分のことを太っているんじゃない、ふっくらしているんだ、ということに対し、スパイクは自分のことを痩せてるんじゃない、すっきりしているんだ、と表現します。

スヌーピーが目をさまし食事をするのを、スヌーピーを挟んで四ひきでベッドに乗り、見守ります。そしてスヌーピーが回復したのを見届けて三匹は帰って行きます。

兄弟三匹が駆けつけてくれて、スヌーピーは嬉しかったですね。スヌーピーの回復を早めたのは、お見舞いに来てくれた兄弟三匹とチャーリーブラウンのお陰だと思います。

⑧ スパイクの日常 ミッキーマウスから黄色い靴をもらった

1996年10月です。ジョー・カクタスはサボテンなので、その場から動くことができません。

そのため、やっと帰ってきたスパイクが、どこへでも行けることが、うらやましいのです。ジョー・カクタスはスパイクのことを「やっと来たぞ…ニコニコして…」と思います。

スパイクはジョー・カクタスに「ハリウッドへ行って、ミッキーマウスに会った」そして「砂漠で足に砂が熱いことを話したら、ミッキーマウスが黄色い靴をくれた」という話をします。

スパイクは足裏の肉球を、砂漠の砂の熱のやけどから守らなければなりません。犬にとって、肉球は敏感で大切なものです。

ミッキーマウスから靴をもらえて、それはスパイクは嬉しいですね。ミッキーマウスは優しいですね。

ミッキーマウスの靴ということで、スパイクは自慢になっちゃいますね。宝物ですね。 信じられない程の名場面です。

スパイクはお礼にその年の12月、ミッキーマウスにクリスマスカードを送ります。スパイクはミッキーマウスに「靴をほんとにありがとう。きみの友、スパイク」と書きました。

1997年11月、スパイクはスヌーピーに手紙を書きます。

内容は、スパイクはアンディとオラフがスパイクの所に来るのを待っていた、ミッキーマウスがアンディとオラフの為に置いていってくれた靴を、昨夜何者かに(コヨーテが怪しい)盗まれてしまった、というものです。

せっかくのミッキーマウスからの二足の靴がなくなり、スパイクはショックですね。スパイクがスヌーピーに手紙を書く気持ちが分かります。

その2日後、夜の砂漠でジョー・カクタスの横で、スパイクはミッキーマウスからもらった黄色い靴を履いて眠っています。

その近くを、スパイクを探して旅をしている兄弟のアンディとオラフが通りましたが、スパイクには気付きませんでした。

せっかく二匹がスパイクの近くを通ったのに、お互い会えなくて残念です。

⑨ スパイクの日常 動物診療所

1998年9月、スパイクは町角にいたところ、動物診療所の前に立っていました。

スパイクはいつの間にか病室のベッドに寝て点滴をしています。スパイクが目を覚ました時、目の前にナオミがいました。

ナオミのママはこの動物診療所の獣医だそうです。ナオミのママがスパイクを見て具合悪そうに見え、スパイクはナオミにベッドに連れてこられたのです。

ナオミが言うには、ナオミのママによると、スパイクはジステンパーにかかったのだそうです。スパイクはすぐによくなるそうです。(ジステンパーは犬のウイルス感染症です)

スパイクは動物診療所が居心地よく、気に入ってしまいました。

スパイクは入院して一週間で退院になり、ナオミがスパイクを抱っこして、砂漠のスパイクがいた場所に連れて来てくれました。

スパイクは無事、ジョー・カクタスの横に帰って来ました。

スパイクは具合悪い時、運良くナオミの所にいて救われて良かったですね。

⑩ スパイクの日常 まとめ

PEANUTSで、スパイクは砂漠で一匹で暮らしています。

砂漠では、スパイクはサボテンのジョー・カクタスや、コヨーテや、周囲のいろいろな物が仲間です。

私は、スパイクが不動産の仕事をしているとは驚きました。

そしてチャーリーブラウンの野球チームが使っている空き地が取り上げられた時、空き地をコヨーテ達に買い取ってもらい、またチャーリーブラウン達が野球をできるように空き地を取り戻した時のスパイクの活躍には、私は頭が下がります。

スパイクの不動産の仕事での活躍は素晴らしいですね。

日常スパイクは、スヌーピーとの交流を続けています。二匹はよく手紙のやり取りをしています。お互い実際に会いに行くこともあります。

私はスパイクが、決して全くの一人ぼっちではないことが、よく分かりました。スパイクは自分で工夫して、忙しく日々を過ごしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました